森 水絵森 水絵

アトピーなど敏感肌に人気のアレルナイトプラスと澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の違いを比較します。

アトピーに良いのはどちらでしょうか?効果的な選び方も見てみました。

アトピー肌は、敏感肌の中でも特に厄介。

刺激とは言えないほどの些細なものでも、肌がはっきり反応を示してしまうからです。

肌の側で過敏になっている状態ですから、刺激そのものをなくせば良いわけではありません。

加えて過敏になる原因も、アレルギーだったり毎日のストレスだったりと、簡単に対処することは難しいです。

ですが、もし現在アトピー肌で悩んでいるなら、以下の2つのアイテムでサプリのアレルナイトプラスか医薬品の澄肌漢方堂に頼ってみるのもおすすめ。

アトピーに悩んでいる人向けとは言っても、それぞれ特徴や利用厳禁な人の条件などがあります。

以降で紹介するポイントから、自分にはどちらか良いかを比べてみてください。

アレルナイトプラスは顆粒で飲みやすい乳酸菌サプリ

アレルナイトプラス

1つ目のアレルナイトプラスは、スティックタイプの顆粒の乳酸菌サプリです。

アレルナイトプラスは、中身が顆粒タイプになっていて水なしでも飲用が可能、1日あたり1本が目安です。

もちろんアレルナイトプラスの味が気になるようなら、飲む直前に水を含むなど対策をしても構いません。

アレルナイトプラスは、個包装ゆえに、目安量を計測せずとも使うことができるのは良いですね。

アレルナイトプラスの飲むタイミングは自由ですが、特に就寝前なら忘れにくく、寝ている間は体もリラックスしているため、各成分が効果を発揮しやすい状況になるなどのメリットがあります。

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)は錠剤サプリ

澄肌漢方堂
一方、澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)のアレルギー体質・皮ふ炎に効くお薬は、錠剤タイプの第2類医薬品。

飲みやすさでは顆粒タイプのアレルナイトプラスにやや劣るかもしれませんげ、顆粒タイプの方が飲みづらい、味を感じたくない場合には澄肌漢方堂の方がおすすめです。

澄肌漢方堂1回あたりの目安は3錠から5錠。

澄肌漢方堂は1日に2、3回の利用を推奨しています。

ちなみに澄肌漢方堂の錠剤は、表面を糖でコーティング

澄肌漢方堂は、錠剤そのものの味が苦手という人のも飲みやすい工夫がされていますよ。

皮膚に関する薬であるためか、アトピーなどの炎症、肌の変化だけでなく、シミなどの色素沈着も抑えてくれるのが特徴。

美容面での悩みがある人にも澄肌漢方堂は、おすすめです。

アレルナイトプラスの原材料(全成分)チェック!

アレルナイトプラスは、メイン成分にビオチンを含んでいます。

含有量も1日に必要な分の100%と高く、アレルナイトプラスはビオチンの栄養機能食品にもなっているほど。

ビオチンは皮膚や粘膜のサポートを行うことから、同じく皮膚や粘膜の生成・サポートに役立つビタミンB群も一緒に配合。

B1やB2などに加え、葉酸やパントテン酸、ナイアシンなどB群に属する7種類の成分が加えられています。

加えてラクトバチルス乳酸菌を始めとした、植物由来の乳酸菌もアレルナイトプラスには入っています。

酒粕を原料とし、現代人の繊細な腸内環境に良いと学会などでも取り上げられたことがあるんです。

さらに腸内環境や肌の変化はストレスが原因であることも大きいとして、GABAなど6種類の健やか成分をプラスしているのがアレルナイトプラスです。

アレルナイトプラスは、心身をリラックスさせ、肌への影響を抑えてくれます。

またアレルナイトプラスは、アレルギー特定原料の不使用も魅力です。

えびや小麦、卵など、27種類の原料は使っておらず、アレルギーに悩んでいる方でもアレルナイトプラスは使える可能性があります。

ただしあくまでアレルギーがあることで知られる素材のみ不使用であり、全ての天然素材を避けているわけではありません。

自分にとってのアレルギーとなる素材が含まれているかどうかは、購入前に必ず全成分を確認しましょう。

取り除かれている方でも、不安が残るようなら無理に始めない、かかりつけ医に相談するなどの対策を講じてください。

<アレルナイトプラスの全成分(原材料)>
マルチトール、エリスリトール、植物性乳酸菌(植物性乳酸菌(殺菌)、デキストリン)、ギャバ、ラフマ葉抽出物、アメリカンジンセンエキス、クワンソウエキス、バレリアナ根抽出物、パラチノース、デキストリン、グリシン、クエン酸、香料、ビタミンB2、パントテン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB1、ビオチン、ビタミンB12、葉酸、微粒二酸化ケイ素
〜〜〜
アレルギー体質の人は、大丈夫かチェックしてみてください。

公式サイトより引用
詳しくは→アレルナイトプラス公式サイト
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

澄肌漢方堂(すはだかんぽうどう)の全成分は、生薬中心

澄肌漢方堂は、素材の種類数の多さが特徴。

まず12種類の生薬として、ヨクイニンやオウゴン、ケイヒ、トウキなどをプラス。

加えてビタミンが5種類、さらにアミノ酸とカルシウムが含まれています。

ビタミンはアレルナイトプラスにも含まれているB2やB6、パントテン酸のほか、Cやニコチン酸アミドを配合。

また無添加でもあり、防腐剤やタール系色素など、必要な素材以外は何も加えなていないのがポイントです。

製造工場では、コンピュータによる異物混入チェックも実施しており、錠剤1粒単位の安全を確かめています。

<澄肌漢方堂の全成分(原材料)>
10錠中
成分:分量 キキョウ:200mg センキュウ:200mg ダイオウ:250mg オウゴン:200mg トウキ:150mg ボタンピ:200mg ヨクイニン:300mg ケイヒ:150mg ケイガイ:150mg レンギョウ:150mg サンキライ:200mg ニンドウ:150mg ニコチン酸アミド:100mg リボフラビン:5mg ピリドキシン塩酸塩:20mg アスコルビン酸:200mg DL-メチオニン:80mg パントテン酸カルシウム:25mg 乳酸カルシウム水和物:340mg
添加物 マクロゴール,ゼラチン,タルク,銅クロロフィリンナトリウム,アラビアゴム,白糖,セラック

====
以上です。
アレルギー体質の人は、全成分をチェックしてみてください。

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→澄肌漢方堂
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

アレルナイトプラス利用上の注意

アレルナイトプラスは成分がたっぷり配合されているため、10歳以上の方が対象です

9歳以下のお子さんにはNGなので、お子さんがアトピーに悩んでいる場合は年齢によっては使えないこともあります。

またアトピーに限らず、何らかの薬を飲んでいる方でもアレルナイトプラスの併用は可能です。

ただし不安がある、あるいはアレルナイトプラスと併用し始めてからの体調が気になるようなら、無理をせずにかかりつけ医に相談しましょう。

ちなみに妊娠中や授乳中など、過敏な時期も、アレルナイトプラスの利用自体は可能です。

ただ万一のこともあるので、やはり予めかかりつけ医に相談し、許可を得てからはじめることをおすすめします。

赤ちゃんへの影響を懸念してのストップであれば、出産・卒乳を経てから始めることはできますから、まずは赤ちゃんのことを優先してあげてください。

澄肌漢方堂は6歳以上から可能だけど飲み合わせ注意

お子さん向けのサプリを求めているのなら、澄肌漢方堂の方が向いています。

澄肌漢方堂の場合は、対象年齢が6歳から。

全年齢ではないものの、澄肌漢方堂は、アレルナイトプラスに比べて4歳分、幼いお子さんでも飲むことができます。

ただいきなり1回5錠、1日3回の最大数ではじめるのではなく、最初は1日1回、1錠にするなど少量から慣らしていきましょう。

澄肌漢方堂の量はあくまで目安。

澄肌漢方堂を使い続ける中で、体調が心配になった時にも適宜減らすか、休止することも大事です。

またアレルナイトプラスは薬との併用が可能でしたが、澄肌漢方堂の場合は飲み合わせに注意すべき素材があります。

便秘薬を中心に、茵ちん蒿湯や桂枝加芍薬大黄湯など。

流石に全ての漢方や薬を把握するのは困難なのか、公式サイトでも一例という形でのみ紹介されています。

もし現在何らかの薬、漢方などを利用している場合は、購入前にメーカーに確認してみましょう。

便秘薬の場合は、ドラッグストアなどで販売されている市販品も対象です。

さらに薬を飲んでいなくても、何らかの病気治療のために通院している方、妊娠中もしくは可能性がある方、体、特に胃腸が弱い方などは澄肌漢方堂を利用できません。

ちなみに授乳中の場合は、飲んだ後で授乳を避けるなら可能としています。

かなり難しい条件ですので、赤ちゃんが卒乳するまで澄肌漢方堂を使わない方が無難でしょう。

そして薬ということもあって、澄肌漢方堂は希に副作用が出ることもあります。

内容は皮膚のかゆみや吐き気など。

妊娠中など上記の状況で無理をして使った、という場合でなくても、起こる可能性は0ではありません。

原材料のチェックや説明書きなどを前もって確認し、それでも起こった場合はかかりつけ医や澄肌漢方堂の薬剤師に相談しましょう。

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→澄肌漢方堂
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

アレルナイトプラスがアトピーに良い理由は?

上記を踏まえ、改めてどちらの素材がアトピーの方に適しているのかを考えてみましょう。

まずアレルナイトプラスは、アレルギー特定原材料27種類を取り除いているのがポイント。

アトピーはアレルギーが原因で起こる人も少なくないため、いくらケア製品といえど、原材料にアレルギーの原因になりうる素材が含まれていては使えません。

成分の項でも触れたように、アレルナイトプラスは必ずしも、アレルギーに悩んでいる方全てに対応しているわけではないです。

しかし多くの方が悩んでいる素材はしっかり取り除くことで、ほかのケア製品に比べて使いやすくなっています。

また製造においては、GMP認定工場で行われているのも魅力的です。

GMP認定により、製品の品質や衛生環境など、厳しい条件をクリアしている工場であることが証明されています。

製造過程でアトピーに影響を与えてしまうような事態が起こることはほぼないでしょう。

さらにアレルナイトプラスに含まれる成分は、ピンポイントでアトピーに対処してくれるものではありません。

これが魅力なの?と疑問に感じるかもしれませんが、乳酸菌やビオチン、ビタミンB群によって体の調子を整えることは、結果としてアトピーや敏感に反応してしまう状態を起こりにくくしてくれます。

澄肌漢方堂がアトピーにも使いやすい理由は?

一方澄肌漢方堂の方でも、製造工場はGMP認定。

製造に当たっては残留農薬検査など、6つの品質チェックを実施、出荷されるまでの製品の品質を一定に勤めてくれます。

また第2類医薬品として、アレルギー体質など皮膚に関する16種類ほどの効果が認められているのも特徴。

澄肌漢方堂の効能効果

ニキビ,吹出物,シミ,ソバカス,色素異状沈着,ジン麻疹,湿疹,皮ふ炎,痒疹,アセモ, 皮ふ掻痒症,口唇炎,口唇キ裂,アレルギー体質,シモヤケ,アカギレ等の治療と予防

公式サイトより引用

こうやってみると、澄肌漢方堂の効能効果は、たくさんありますね。

ニキビ、吹出物,シミ,ソバカス,色素異状沈着など、美容や美白にも澄肌漢方堂は良さそうです。

最近ではなく、30年以上も前から認定を受けている、実績の長さも魅力的です。

澄肌漢方堂は、アトピーなど肌の過敏さだけでなく、伴うかゆみや炎症などにも対処してくれます。

澄肌漢方堂は、加えて薬ということもあり、メーカーでは薬剤師が常駐しているのもポイント。

澄肌漢方堂の使用前後で困ったことがあれば、遠慮なく相談しましょう。

アレルナイトプラスは定期購入で約33%オフ

アレルナイトプラスを購入するなら、メーカーの公式サイトから定期購入を選ぶとコスパを抑えられます。

まずアレルナイトプラスの値段は、定価のおそよ33%オフ。

初回だけでなく、以降もずっと同じ価格で続けられます。

加えて送料や手数料も不要です。

ただし条件として、定期購入を選ぶなら最低でも3回は継続しなければいけません。

そこまで長く続けられるか不安という方は、定価でも都度購入の方がおすすめ。

ちなみに3回継続した場合は、定価の約2回分より少し低い金額。

ゆえに1回分だけで様子を見たい場合のみ、定価の方がお得なんです。

ちなみにアレルナイトプラスは単品コースでも、送料は無料で申し込むことができますよ。
詳しくは→アレルナイトプラス公式サイト

澄肌漢方堂は返金保証つき

澄肌漢方堂もまた、公式サイトにて定期購入をすることでお得に利用できます。

初回の割引価格はアレルナイトプラスと同額ですが、もともと定価が高いことと、2回目以降は割引率が下がるため、総合的なコスパではアレルナイトプラスの方が良いです。

90日定期コースで、継続縛りの期間は同じですから、値段重視の方はアレルナイトプラスの方が良いかもしれません。

しかし澄肌漢方堂の場合、購入特典として美容皮膚を専門とする薬学博士監修の症状別・脱ステロイドマニュアルという冊子がセット。

澄肌漢方堂を飲む以外の方法でも、アトピーに対処していくことが可能です。

加えてピルケースもプレゼントされるため、外出先や移動中にも飲むことができます。

さらに購入から90日以内の条件付きで、返金保証制度を利用することも可能。

対象となるのは初回分の商品代金のみですが、合わなかった場合の負担が少し減るのはありがたいですね。

申請する際は、対応期間内にメーカーへ電話。

澄肌漢方堂では、その後明細やパッケージなどを返送すれば、代金を返してもらえます。

また澄肌漢方堂は、医薬品であるためか、医療費控除の対象でもあり、実際の収支はもう少し抑えられるかもしれません。

アレルナイトプラスと澄肌漢方堂の違いまとめ

アレルナイトプラスは、アレルギーが起こりやすい原材料を取り除いており、また体の調子を整えることでアトピーの影響をでにくくしてくれるサプリです。

アレルナイトプラスは、澄肌漢方堂に比べてコスパも良いので、とりあえず何らかの対策を講じたいという方にはおすすめ。

専門家の許可があることが望ましいですが、薬を飲んでいる方や妊娠中・授乳中の方でも使うことは可能です。

しかし澄肌漢方堂は、サプリではなく立派な医薬品。

30年も変わることなく、効果が認められてるため、より可能性の高いケアを行いたいなら見逃せません。

アレルナイトプラスに比べてコスパが高く、飲み合わせなど制限が多いものの、対象が6歳からと幅広く使えるのも魅力ですね。

◆選び方としては・・・
澄肌漢方堂のNG条件に当てはまる、あるいは近い将来可能性があるならアレルナイトプラス。
コスパがよくて乳酸菌でお腹の調子も整えたい人にもアレルナイトプラスは向いています。
詳しくは→アレルナイトプラス公式サイト

 

6歳以上でしっかりアトピーに対処しておきたいなら澄肌漢方堂にすると良いでしょう。
ニキビや色素沈着など美容面でも対策したい人にも澄肌漢方堂は向いています。
詳しくは→澄肌漢方堂

ちょっとのことですぐ反応してしまう肌とはもうさよなら、細かいことを気にせずストレスのない生活を取り戻しましょう。