白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の違い比較!選び方のコツは?

空気の乾燥が気になる今の季節、肌の状態が悪くなり、あらゆる肌悩みに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

1年で最も肌の調子が悪くなると言われているこの時期だからこそ、正しいスキンケアを行いながら、少しでも肌のコンディションを良好に導きたいですよね。

そこで今日は、今の時期にぴったりの2つのスキンケアアイテムをご紹介していきたいと思います。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の特徴

まず1つ目は、和漢の力により肌状態を良好に導いてくれる白漢 しろ彩(はっかんしろさい)です。

有名雑誌にも多数掲載されていて、2017年のベストビューティーアワードに選ばれました。

ではそんな、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)の特徴について詳しくお話ししてきます。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)は、主に赤ら顔に悩まされている女性のために開発された商品です。

頬が赤くてチークがつけられない。

顔が赤いのが恥ずかしくて、人前に出るのが嫌だ。

赤ら顔にお困りの方は、常にこのような悩みを抱えています。

そもそも赤ら顔は、病院に行っても原因がわからなかったり、皮膚科で治療したとしてもすぐに元の状態に戻ってしまったりと、専門家でもはっきりと、このようにすれば良い!と言う方法がありません。

しかし、確実にわかっていることもあります。

それは、赤ら顔の原因は毛細血管の広がりである可能性が大きいと言うことです。

私たちの顔にはいくつもの毛細血管が存在し、頬、鼻、顎には特に多くの血管があります。

もしもあなたがこのようなタイプであった場合、

皮膚が薄い
敏感肌である
皮脂分泌が活発

このいずれかが当てはまるケースが多いのです。

ちょっとした刺激によって血管が炎症を起こしてしまうため、毛細血管が広がりやすくなってしまいます。

血管が開くと赤血球が多くなり、赤くなって見えるため、皮膚から赤みが透けて見えるようになります。

その結果、顔が赤く見えるのです。

そこで、原因のもとである毛細血管にアプローチする化粧水として、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)は誕生しました。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)は、作用と品質に対して実証試験を行っており、フランス地中海から抽出した美容成分である海洋性エキスが、広がった血管にアプローチすることがわかっています。

実証実験ではたったの28日間で46%もの赤みが減少していることがわかりました。

さらに、敏感肌の方を対象に皮膚の専門家が厳しく評価したところ、93%の方が安心して使うことができると高い評価を得ています。

つまり、敏感になった赤ら顔体質の方でも安心して使うことができ、さらに赤ら顔に対してしっかりと働きかける成分が含まれていると言うことです。

また、多層浸透型バリアテクノロジーを取り入れているため、乾燥している肌状態に驚きの浸透力を実現していることもわかっています。

口コミでも人気です。
赤ら顔をケア!和漢化粧水「白漢 しろ彩(はっかんしろさい)」の本音の口コミ

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の特徴

続いて2つ目のスキンケアアイテムが、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)になります。

ウルウの大きな特徴は、セラミドに着目したところです。

私たち人間の肌にはもともとセラミドが存在し、ハリと潤いを守る最重要保湿成分になっています。

セラミドの役割を簡単に説明すると、レンガのように並ぶ細胞同士を固めるセメントのような役割です。

若くて健康な肌には、このセラミドがたっぷりと含まれていますが、年齢とともにセラミドの量は急速に減少することがわかっているため、50代では20代の約半分にまで低下すると言われています。

セラミドが減少してしまうと、細胞と細胞の間がスカスカな状態になってしまい、私たちの肌に様々なトラブルを引き寄せてしまうのです。

そんな減少していくセラミドを、肌の内側からしっかりと補うことを目的としているのが、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)になります。

では、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)独自の4つのポイントをご覧ください。

まず1つ目のポイントは、セラミドをしっかりと肌の奥まで浸透させる特殊な技術を採用しているところです。

医療用に開発された浸透力の高い特殊なマイナスイオン水に、保湿成分であるセラミドをたっぷりと溶かしました。

これにより、マイナスイオンの吸引力で肌に負担をかけることなく、角質層の奥深くまでセラミドを浸透させることに成功しています。

そして2つ目は、5種類のセラミドを贅沢に配合しているところです。

実はセラミドにはいくつかの種類があります。

私たち人間の体内に備わっているセラミドとほぼ同じ構造のセラミドが、ヒト型セラミドになります。

そんなヒト型セラミドを採用し、肌に最も多く含まれるセラミド2を始め、加齢により減少するセラミド3、セラミド6II、セラミド1、セラミド5もたっぷりと配合しています。

3つ目のポイントは完全な無添加であるところです。

浸透力が高いため、肌に負担となる成分を一切排除し、美容成分100%の完全無添加化粧水になっています。

年齢をとることなく、赤ちゃんからご年配の方まで使える肌への優しさが特徴的です。

続いてウルウ4つ目のポイントは、1本で5役のオールインワンになっている点です。

化粧水、乳液、美容液、拭き取り化粧水、導入液

ウルウは、この5つの機能すべてを1つで賄うことができるため、敏感になっている肌に触れる回数を最小限に減らすことができます。

このような、今までの化粧水ではなかなか実現することができなかった一つ一つのポイントをしっかりと抑えているので、実際にウルウをためされた方の評価が非常に高い商品となっています。

肌の乾燥が気になる真冬の時期の守りのケアとして、最強のスキンケアアイテムとも言えるでしょう。

ウルウも口コミでも人気です。
ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の口コミと赤ら顔ケアは本当?

成分や安全性から見た違いは?

それでは続いて、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の成分や安全性を見ていきます。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)配合されている成分を見てみると、4つの和漢植物エキスが主成分として含まれていました。

ショウガ根茎エキス

甘草

茯苓

川芎

これらの成分は巡りを向上させ、保湿効果を高めてくれたり、刺激に強い肌に導いてくれる和漢になります。

さらに、美白効果に優れた高浸透型ビタミンC誘導体とセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合しています。

続いて、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)に含まれている成分を見てみると、セラミドにとてもこだわっていることがわかります。

全成分表示も確認してみましたが、

水、スクワラン、トレハロース、セラミド2、セラミド6II、セラミド3、セラミド5、セラミド1、ヒアルロン酸Na、タンブリッサトリコフィラ葉エキス、ホホバ種子油、ノバラ油、ダイズステロール、水添レシチン

このようになっていて、シンプルにセラミドの種類を豊富に取り入れることに徹底していることがわかります。

なお、2つの商品はどちらも敏感肌でも安心して取り入れることができるように開発が行われているので、肌に対しての安全性は非常に高いことが分かります。

世代別や男女別にみた適正の違いはある?

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は、どちらも幅広い年代の方が使用しているため、世代別や男女別に見た適正の違いは特にありません。

特に、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)に関しては、赤ら顔でお悩みの男性からも好評なようです。

価格や保証から見た違いは?

それでは、2つの商品の価格帯を確認してみましょう。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)は、公式サイトの通信販売を活用することにより最安値で購入できることがわかりました。

こちらの最安値のコースは定期購入となっており、7大特典が付いてきます。

「7大特典」

初回からずっと20%オフ

30日間の返金保証

初回からずっと送料無料

コンビニ手数料無料

注文忘れの心配が不要

お届け周期の変更が自由

混雑時でも優先的にお届け

30日間の返金保証に関しては、商品を使い切った場合でも適用されるので、肌に合わないと感じた方は商品代金を返金してもらうことができます。

続いて、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)です。

こちらも公式サイトでウェブ限定のキャンペーンが行われており、こちらを活用すると通常価格から20%オフの割引価格で購入できることがわかりました。

こちらのキャンペーンが適用となるのはお試しコースとなっていて、商品が30日ごとに届けられる定期コースです。

ウルウはいつでもキャンセルや解約を行うことができるので、とりあえず試してみたい方でも安心して取り入れることが可能です。

選び方のコツをまとめると・・

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)の、どちらを購入しようか迷った場合には、特徴から選ぶことをお勧めします。

選び方のコツを簡単にまとめると、

ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)→赤ら顔+保湿ケア

白漢 しろ彩→赤ら顔対策

このようになっています。

もちろんこれだけでなく、肌のバリア機能を高めてくれたり、エイジングケアも同時に行ってくれるなど、複数の役割を果たしています。

ただ、迷った際にはこのようにシンプルに考えたほうがわかりやすいかもしれません。

森 水絵森 水絵

個人的には、赤ら顔だけでなく乾燥しやすい肌なので、オールインワンで簡単お手入れのウルウを使ってみて、満足しています。

私自身、赤ら顔に悩まされてきた経験もあるので、赤ら顔を何とかしたいと思っている方の気持ちもよくわかります。

また、年齢を重ねるにつれて肌に潤いと弾力がなくなり、何とかしたいと思うようになってきたので、同じように悩まされている方の気持ちも分かります。

白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は、このように悩まされている方に最適なスキンケアアイテムとなっているので、まずは実際に試してみて下さい。

今まで使ってきた化粧品で良い変化を感じられなかった方も、きっと、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)とウルウ(ULUシェイクモイストミルク)は満足できると思いますよ

赤ら顔だけでなくセラミドたっぷりで保湿強化したい人は、ウルウ(ULUシェイクモイストミルク)をどうぞ
⇩⇩お得なウルウ公式サイトはこちら

 

赤ら顔がメインで気になる人は、白漢 しろ彩(はっかんしろさい)をどうぞ。
⇩⇩お得な白漢 しろ彩公式サイトはこちら
7645
赤ら顔をケアする専用化粧水「白漢 しろ彩」