森 水絵森 水絵

人気スキンケアブランドのアルケミーとライースリペアの違いを比較します。

年齢肌にも良い選び方のコツもチェックしました。

年齢肌ってなかなかに厄介ですよね。

シミやシワがある、ハリがないなど、個々の現象としてみれば年齢に問わずあることですが、なぜかスキンケアで解消できないことがあります。

また日によってスキンケアを馴染ませにくかったり、メイクのノリが悪く感じることも。

アイテムや成分を変えても、安定して良いと思えることが少ないです。

高価で質が良い成分の入った化粧品でもそれは同じなので、損失だけが増えていくことにイライラ。

それが肌にも影響してより悪くなる…そんな負の連鎖のような状況に陥ることもあるでよう。

ゆえに年齢肌だと感じたら、連鎖を断ち切るためにも肌の状態を根本から見直さなくてはいけません。

年齢肌の場合はターンオーバーが延びていたり、バリア機能が薄れて知らないうちに刺激に弱くなっている、なんてケースも考えられるんです。

まずは肌そのものの強さを取り戻し、個々の悩みに応じたスキンケア成分をしっかり受け入れられる環境を整えましょう。

もし可能なら、今使っているアイテムを全て、年齢肌向けのものに切り替えて様子をみるのがベストです。

特にアルケミーとライースリペアの2ブランドは、年齢肌向けの製品であるだけでなく、各ステップごとのアイテムをまとめたトライアルセットを提供しています。

少量であり、その分コスパも良いので、ちょっと試すにはうってつけ。

それぞれの製品がなぜ年齢肌に良いのか、個々のトラブルに対してはどうかなどを、今回探ってみました。

目次

アルケミーのメリットとデメリット対策と特徴は?

アルケミー

アルケミーはメイク落としに始まり、洗顔料、化粧水、美容液、クリーム2種類を扱うブランドです。

全て使えるトライアルセットが用意されており、ライン使いを求める方にアルケミーはおすすめ。

アルケミーの効果としては主に保湿を目的としており、乾燥始め肌悩みの多くに対処しやすいのがメリットと言えます。

潤いある肌は調子が整っている、バリア機能で刺激に強いなどのメリットも生まれるため、弾力不足や毛穴トラブルのケアにもなるんです。

またアルケミーはただ水分を増やすのではなく、油分とのバランスにも注目。

皮脂など肌にも油分はあり、水分だけを増やせば良いというわけではありません。

水と油の調整に役立つのもアルケミーの魅力です。

乾燥しがちな方はもちろん、脂性肌やインナードライの方にもアルケミーはおすすめです。

アルケミーのデメリットは、強いてあげればライン使い、つまりセパレートケアになることでしょうか?

オールインワンのような時短ケアではないため、忙しい時はアイテムを省略したり、じっくり馴染ませずにメイクへと移ることもあるでしょう。

その際スキンケアの効果が薄れる、感じにくくなる可能性があります。

落ち着いてゆっくりスキンケアする習慣になれば大丈夫です。

ライースリペアのメリットとデメリット対策と特徴は?

ライースリペア

ライースリペアは、化粧水と美容液、クリームのトライアルセットがあるブランドです。

アルケミーに比べて洗顔アイテムが無いのは、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

一方クリームが1種類のみなので、アルケミーのように昼夜で区別せず、迷うことがないのはメリットですね。

ライースリペアはエイジングケアに特化していますが、効果で見ればやはり保湿。

アルケミーが油分との調整を行ってくれるのに対し、ライースリペアは保水力を高めることを目的としています。

保水力とは、肌が水をどれだけ蓄えておけるかを示したもの。

たくさん水を与えても、肌がキープできる限界値が少ないままでは、与えたそばから蒸発してしまいます。

化粧水をたっぷり与えているのにすぐ乾く、保湿アイテムの効きが悪いと感じているならライースリペアがおすすめです。

全成分を徹底比較チェック!何が違う?

成分

アルケミーの成分では、独自に開発されたベガルがポイント。

アルケミーのベガルは、肌の調整と保湿の2つを担う成分です。

植物から作られた酵母発酵エキスで、ミネラルやアミノ酸など様々な成分を内に含んだ素材でもあります。

ゆえに肌のみずみずしさやツヤ、ハリなど、見た目にも分かりやすい変化が期待できます。

加えてベガルと相性の良い、ヒマワリエキスやセリン、アラニンと言った保湿成を6種類プラス。

アルケミーは複合成分ゆえに効果も多角的というのが特徴です。

一方ライースリペアは、名前の由来でもあるライスパワーNo.11がメイン成分。

米から作られた成分であり、ライースリペアの効果である保水力を担っています。

もとの米は全て国産米なのも特徴です。

ライスパワーの生成にあたっては、酵母や乳酸菌などが使われており、その点ではベガルに通じるところもありますね。

ただ効果としてはアルケミーとは反対に、ライースリペアは単独の成分で保水力特化のイメージが強いです。

口コミ比較!利用者の年代に違いはある?

既にアルケミー、ライースリペアを利用している人たちの意見を見てみました。

利用者の年代に違いはあるんでしょうか?

アルケミーの口コミ

まずはアルケミーの口コミからです。

公式サイトや@コスメから引用です。

良い口コミ!肌はしっとりと潤い

・軽くて心地よいテクスチャーです。

でも使うと肌はしっとりと潤いを感じさせてくれるのが良い。(20代女性)

森 水絵森 水絵

しっとり潤うけれど、使い心地は軽いのは、アルケミーの良いところですね。

良い口コミ!肌の触感ももっちり

・混合肌で複数のトラブルを抱えていました。

アルケミーを使い始めてから悩みが減っただけでなく、肌の触感ももっちりしてきた。(20代女性)

森 水絵森 水絵

肌がもっちりするのは、やはりアルケミーのメイン成分のベガルが良いのかもですね。

良い口コミ!弱い肌質の自分にもぴったり

・肌に馴染みやすいです。

もともと弱い肌質の自分にもぴったりで安心した。(20代女性)

敏感肌など肌が弱い人にも使いやすいのがアルケミーみたいですね!

森 水絵森 水絵

私も敏感肌で肌が弱いのでアルケミーは、試してみたいなと感じました。

良い口コミ!頬、目の下が綺麗になった!

・使用して三日ほど経つと、明らかな肌の変化に驚きました。

肌が陶器のようになって来ています。

特に頬、目の下が綺麗になりました。(38歳女性)

森 水絵森 水絵

3日で陶器肌で、頬や目の下まで綺麗になったのは、すごいですね。

アルケミーが肌に合っていたのでしょう。

悪い口コミ&良い口コミ!クレンジングは良かったが・・

・クレンジングと洗顔は良かったです。

特に、クレンジングでの洗い上がりはツルツルスベスベに。

しかし化粧水の香りが苦手だったのと、スキンケア後少し痒みで3日目くらいに湿疹がポツポツ出来てしまいました。

クレンジングのみリピート予定です。(33歳女性)

森 水絵森 水絵

確かにライン使いしようと思って試しても、一部のみすごく良かったら、それだけ使うのも良いかもですね。

香りに関しては、好みもあります。
痒みは、化粧水の成分で合わないものが合ったのでしょうね。

アルケミーの口コミ総合評価

アルケミーの口コミは20代から30代の若い方が多い傾向です。

しかし40代、50代の方の良い口コミも@コスメには多くありました。

良い口コミが多いですが、一部のみ良かったという声もありましたね。

香りに関しては、苦手なかたもいるようです。
アルケミーもトライアルセットで、自分に合うかどうか試せるのは良いと感じます。
詳しくは→お得なアルケミー公式サイト

ライースリペアの口コミ

続いてライースリペアの口コミです。

良い口コミ!ファンデーションのカラーを明るい方向に変更できた

・ファンデーションのカラーを明るい方向に変更することになって、驚きつつも嬉しい。(年代不明・女性)

ライースリペアで顔に透明感が出たのでしょうね!

明るいカラーになって気分もアップしそうですね、

良い口コミ!専門家の方に褒められるほどの肌に

・コスメ用品売り場の店員という、ある意味専門家の方に褒められるほどの肌に。(70代女性)

専門家に褒められるくらい肌が綺麗になったって、すごいです。

森 水絵森 水絵

年齢には関係なくライースリペアは、役立つようですね。

良い口コミ!潤いが1日中続く

・潤いが1日中続いている感じ。

冬など乾燥が気になる時期でも気にせず過ごせる。(40代女性)

潤いが持続するのは、ほんと嬉しいですよね。

森 水絵森 水絵

ライースリペアのメイン成分のライスパワーNo.11で保水力がアップしたのでしょう!

悪い口コミ!変化なし

とくに特記する点はなかったです。

リピートはありませんでした。(29歳女性)

ライースリペアの悪い口コミを探したのですが、見当たらず・・
この口コミは、変化なしなので悪い口コミとは言えないかもですが
良い口コミでもないですね。

トライアル期間では、変化がなかったのでしょうね。

ライースリペアの口コミ総合評価

ライースリペアは、40代以降の方が多いようですね。

透明感や潤い持続など、年齢肌の悩み対策にぴったりなイメージがライースリペアです。

森 水絵森 水絵

私もライースリペアトライアルセットを試したことがあるんですが、化粧水の保湿力というか保水力のおかげで、潤いが続いて肌荒れが綺麗になったので嬉しかったのを覚えています。

透明感や潤い持続を期待したい人は、ライースリペアトライアルセットを試してみてください。
詳しくは→お得なライースリペア公式サイト

アルケミーとライースリペアの口コミ比較まとめ

アルケミーとライースリペアの口コミはいずれも好評なものが多かったです。

ただ2製品は利用者の年代に大きな違いが見られました。

アルケミーは20代から30代の方が多いのに対し、

ライースリペアは40代以降に集中しています。

70代の方もいるなど、ライースリペアの利用者層は幅広いです。

ライースリペアはエイジングケアも謳っていますから、年齢肌が気になる方が利用しやすいのかもしれませんね。

ちなみにライースリペアのユーザーの方の中には、20代・30代からずっと続けているという意見も見られました。

必ずしもライースリペアは40代以降というわけではないようです。

シワケア、ハリアップなどの年齢肌にも良いのは、どちら?

効果別にも見てみましょう。

年齢肌という観点で見るとライースリペアの方が良さそうですが、ハリ不足やシワなど、肌の弾力に関わる悩みならアルケミーの方がおすすめです。

というのも、メイン成分であるベガルに含まれるアミノ酸が、ハリあるモチモチ肌に近づけてくれるため。

ライースリペアもハリアップなどの効果はありますが、メイン成分のライスパワーで見ると保水力を高めた結果、ハリも保てると考えられます。

その点ダイレクトでハリケア成分が与えられるアルケミーの方が、シワケア、ハリアップへの良い変化は期待できそうです。
アルケミーの発酵スキンケアの口コミと効果

シミ美白・くすみなどの年齢肌にも良いのは、どちら?

ではライースリペアはどんな悩みに向いているのかといえば、シミやくすみのような色素系です。

無論、ライスパワーはあくまでも保水力の向上が目的であって、直接シミを消したり肌を明るくするような効果はありません。

ただ色素沈着の場合、多くの原因は紫外線など外からの刺激です。

ゆえに肌の水分量を高めてバリアを高めるライースリペアは、予防を含めた対処に適しています。

またライースリペアは、全てのアイテムが角層まで到達。

化粧水に至っては、その先である基底層まで届くほどなじみが良いのもポイントです。

暗い色素として出てくるメラニンは、刺激を受けてすぐ肌表面に出るわけではありません。

ゆえに冬になってシミになったり、年月を経て急に目立つようになる、と言った現象が起こるんです。

馴染みの良いライースリペアであれば、外からだけでなく内側からもケアができる分、シミノ潜伏段階から対処することもできます。

口コミでも人気です。
ライースリペアトライアルセットの評価レビュー!口コミ効果で噂の「シワ・くすみ年齢肌ケア」は、本当?

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質でも使えるのは、どちら?

アルケミー、ライースリペアのどちらも、敏感肌や乾燥肌など肌質を問わず使うことは可能です。

ただアレルギーの方は、購入前にアイテムごとの原材料を公式サイトで確認しましょう。

アルケミー、ライースリペアのどちらもシリーズ全てが同一成分のみで構成されているわけではないので、個別に含んでいる成分は特に注意。

反応する成分が入っていない場合のみ利用できます。

よくわからない場合は、かかりつけ医にチェックしてもらうと安心です。

また敏感肌など弱い肌質で、なおかつ過去にスキンケアでトラブル経験がある場合は、パッチテストをおすすめします。

アルケミー、ライースリペアのどちらの場合も、二の腕などに塗布し、直後と1日後(可能なら2日後)の様子を見てください。

赤みやヒリつきなどがなければ、顔に使ってもOKです。

妊娠中・授乳中・生理中も使えるのは、どちら?

妊娠中

妊娠中や授乳中、また生理中など、普段より敏感になりやすい時期においても、アルケミー、ライースリペアどちらも使うことができます。

ただこちらも全ての人に問題なしとは言い切れないので、かかりつけ医に確認を取ったり、パッチテストで様子を見たほうが確実です。

もし使用NGだった場合は、出産や卒乳後、生理明けのタイミングで再び試してみましょう。

当該期間ゆえの刺激、NGだった場合は、それぞれの期間を終えればアルケミー、ライースリペアのどちらも使うことができる可能性も高いです。

使い方の違いと使いやすいのは、どちら?

比べる

アルケミーもライースリペアも、決められた順番にアイテムを塗布していくだけ。

アイテム数はアルケミーの方が多いです。

しかし洗顔アイテムまでセットになっていることを考えると、別途用意する手間が省ける分アルケミーは便利と言えますね。

ただクリームにおいては、日中はクリーム後にデイクリームを重ねるという使い方が基本のようです。

クリームが1アイテムのみのライースリペアの方が、朝のスキンケアにかかる時間は短縮できて有利でしょう。

現在洗顔料やクレンジングオイルは余裕が有る、朝は忙しいので時短したい方はライースリペアが良いですね。

ライン使いは洗顔から徹底したい、手間よりもしっかりさを重視という方はアルケミーが向いています。

価格やコスパから見た違いは?

コスパ

アルケミーとライースリペア、それぞれのトライアルセットを比較してみました。

価格で見ると、アルケミーの方が安いです。

使用目安がアルケミーは1週間、ライースリペアは10日分と違います。

しかし1日分あたりに換算してみるとアルケミーの方が低い結果になりました。

現品サイズで比べてみてもアルケミーの方が安いので、それがトライアルセットにも反映されたのでしょう。

またアイテム数もアルケミーが多いので、1アイテムあたりの値段という観点でもお得感です。

化粧水は日数が異なるのにいずれも20ml入っていますから、アルケミーは1日あたりに使える量が多いとも言えます。

送料はどちらも無料ですから、気にせず選んでよいでしょう。

ただライースリペアの場合、購入で次回以降使える割引クーポンが同梱されます。

継続を考えているなら、ライースリペアのトライアルセットを選び、現品サイズもお得に続けるのもアリですね。

またライースリペアは、メーカーである勇心酒造、また現品のみではありますが三越各店での市販もされています。

アルケミーもメーカー直営店MAISON LEXIAで販売されていますが、2019年現在3店舗ほどなので地域によっては通いにくいかもしれません。

森 水絵森 水絵

アルケミーとライースリペアは、どちらも公式サイトのネット通販でトライアルセットがお得に試せるので、気になる方を試してみるのが簡単でいいなと思いました。

アルケミーとライースリペアの違い比較と選び方のコツのまとめ

まとめ

アルケミーは20代30代の利用者が中心になっていますが、トラブルとしては肌のハリやシワなど、弾力に関するものを得意としています。

アイテム共通の成分であるベガルは、アミノ酸を始め様々な成分が入っていますから、ツヤやもっちり感など見た目を気にする方にもおすすめです。

一方ライースリペアは、高齢の方まで幅広い利用者がおり、シミやくすみなどの悩みに向いています。

共通成分のライスパワーNo.11は肌の保水力をサポートするのが得意で、スキンケアでは最深レベルと言える基底層まで馴染む点も魅力。

内側からのケアを考えたい人にもライースリペアはおすすめです。

またコスパの点では洗顔を含んだアルケミーが良いものの、スキンケアのアイテム数ではライースリペアが少なく、手軽に済ませることができます。

より自分が続けやすい、効果を感じやすいタイプを見極めて、年齢に負けないフレッシュな肌を手に入れちゃいましょう。

森 水絵森 水絵

なおアルケミーとライースリペアはトライアルセットでお試しできるので、どちらが自分に合うのか両方試すのもいいと思います。

最後に選び方のコツを簡単に書くと・・
シミ・くすみが気になっていて年齢肌対策をしたい人はライースリペアをどうぞ。
手軽にスキンケアを済ませたい人もライースリペアが良いです。
詳しくは→お得なライースリペア公式サイト

肌のシワが気になっていて、ハリアップでもっちり感を出したい人はアルケミーをどうぞ。
洗顔まで揃っていた方が便利と思う人も、アルケミーが良いです。
詳しくは→お得なアルケミー公式サイト