森 水絵森 水絵

J-cell(ジェイセル)・シグナリフト・クロノセルの違いを比較します。

年齢肌に人気のヒト幹細胞コスメの選び方のコツも調査して評価しました。

疑問

ヒト幹細胞コスメってご存知ですか?

幹細胞という肌の根本を見直してくれる成分で、なおかつヒト由来という、馴染みやすさを備えたスキンケアです。

スキンケアが効きにくい、悩みの解消に時間がかかると言った、トラブルそのもの以外の悩みを抱える年齢肌の方におすすめとされています。

ただヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分と比べて稀少というべきか、ヒト幹細胞コスメは高額なものが多く、なかなか手を出しにくいとも。

確かに1度購入した以上は、失敗したくないものです。

そこで今回は、人気の3つのヒト幹細胞コスメのJ-cell(ジェイセル)・シグナリフト・クロノセルを比較。

高額でも良いぐらい効果が期待できそうな成分なのか、割引などでコスパを抑えることはできるのかと言ったポイントを見てみました。

ジェイセル(J-cell)のメリットとデメリット対策と特徴は?

ジェイセル

1つ目のジェイセルはヒト幹細胞培養液を配合したオールインワンジェル

洗顔後はジェイセル(J-cell)1つでケアが済ませられる、時短コスメとしてのメリットも持っています。

もちろん肌の様子が気になるようなら、続けてジェイセル(J-cell)後にいつものスキンケアを使ってもOKです。

またジェイセル(J-cell)利用直後の変化がわかりやすいのもメリットで、塗ってから60秒ほどで肌がスッキリ。

ただ全ての人に対して60秒きっかりとは限らず、また効果の持続性においても個人差があるのはジェイセル(J-cell)のデメリットとも言えますね。

このデメリット対策は使った直後の変化にせよ持続性にせよ、毎日きちんとジェイセル(J-cell)を続けることでしょう。

口コミでも高評価ですね、
J-cell(ジェイセル)の口コミ効果やコスパを評価!他の幹細胞コスメとの違いや噂は本当?

クロノセルのメリットとデメリット対策と特徴は?

クロノセル

2つ目のクロノセルは、土台美容液です。

洗顔直後に使うのはジェイセルと同じですが、クロノセルはその後普段のケアを行う必要があります。

セパレートケアなので手間というデメリットはあります。

しかし現在使っているスキンケアを無駄にしない、むしろ導入美容液として馴染みやすさが期待できるクロノセルのメリットは魅力的です。

ちなみにクロノセルに含まれているヒト幹細胞は1種類ではなく、全部で3種類。

1つのヒト幹細胞が効果を感じられないとしても、残りの2つでカバーできるメリットもクロノセルは持っています。

クロノセルは50代でも年齢肌に対する効果が期待できそうですね。
クロノセルは50代でも効果に嘘は?3種のヒト幹細胞培養液入り美容液で実感!

シグナリフトのメリットとデメリット対策と正確にはヒト幹細胞ではない?

シグナリフト

3つ目のシグナリフトもまた美容液。

ただクロノセルとは異なり、塗布後はクリームなど保湿系アイテムだけでOK。

スキンケアの手間という意味では、ジェイセルとクロノセルの中間のような存在です。

ちなみにシグナリフトは年齢肌ケアに役立つアイテムではありますが、厳密にはヒト幹細胞コスメではありません。

私たちが持つ脂肪幹細胞の減少をトラブルの原因としつつも、幹細胞自体を含むのではなく、シグナペプチドと呼ばれる独自成分でカバーしています。

ヒト幹細胞じゃないと嫌!という方にはシグナリフトのデメリットかもしれませんね。

ヒト幹細胞コスメが良い方は、クロノセルかジェイセルをどうぞ。

ヒト幹細胞コスメではなくてもいいよという方は、エイジングケアできると口コミでも人気のシグナリフトも良いかもですね。
シグナリフトの口コミ効果やコスパを評価!次世代エイジングケアの噂は何故?

ヒト幹細胞コスメとは?年齢肌に効果は本当?

そもそもヒト幹細胞コスメとは何かというと、再生医療にもとづくケア方法を用いた製品のことです。

それゆえ、成分としてヒト幹細胞が含まれないシグナリフトであっても、そう呼ばれることがあるんですね。

ちなみにヒト幹細胞というのは、肌のサイクルを根本から見直してくれる成分です。

延びきったターンオーバーを本来のスパンに近づけたり、肌にある細胞を活性化させる、また肌に欠かせないコラーゲンなどのタンパク質を増やすと言った役割を担っています。

幹細胞自体は植物やほかの動物にも存在しますが、ヒト由来は、より肌に馴染みやすいのも特徴。

年齢肌は、ただトラブルを抱えている状態であるだけでなく、加齢で自然と解消しにくい、スキンケアが効きにくい問題も含んでいます。

ヒト幹細胞コスメが年齢肌によいとされるのは、ターンオーバーの見直しで解消しにくさを緩和したり、肌の環境から整えることで個々のトラブルに対するスキンケアを馴染みやすくするからです。

全成分(原材料)素材から違い比較!

成分

それぞれが含む成分についても比べてみました。

ジェイセル(J-cell)の全成分と特徴

まずジェイセル(J-cell)は、ヒト幹細胞のほか、ハーブと海洋深層水にこだわって作られています。

ハーブはもちろん天然素材。

また海洋深層水は羊水に近いとされる久米島近海のものを採用し、どちらもミネラルなど成分が豊富。

ヒト幹細胞のサポート及び、整った肌への栄養として役立ちます。

ジェイセル(J-cell)も安心できる成分と言えます。

ジェイセル(J-cell)の全成分(原材料)を以下に書き出します。

<J-cell(ジェイセル)の全成分>
水・BG・グリセリン・ソルビトール・PEG-60水添ヒマシ油・ペンチレングリコール・ヒト脂肪細胞順化培養液エキス・水溶性プロテオグリカン・プエラリアミリフィカ根エキス・酢・リンゴ果実エキス・カミツレ花/葉エキス・ハチミツ・ベントナイト・ナットウガム・加水分解コラーゲン・グリチルリチン酸2K・ツルレイシ果実エキス・マグワ根皮エキス・オタネニンジン根エキス・サッカロミセスセレビシアエエキス・ローヤルゼリーエキス・アロエベラ葉エキス・クズ根エキス・クロレラエキス・オリーブ葉エキス・褐藻エキス・カンゾウ根エキス・PCA-Na・カラギーナン・キサンタンガム・ケイ酸(Li/Mg/Na)・アラントイン・イノシトール・アミノカプロン酸・コメヌカスフィンゴ糖脂質・水添レシチン・リゾレシチン・スクワラン・シリカ・シアノコバラミン・炭酸Ca・ノバラ油・ニオイテンジクアオイ花油・ヒノキ油・香料(フランキンセンス)・ノバラエキス・ローマカミツレ花油・マンダリンオレンジ果皮油・ラベンダー油・ニガリ・海塩・フェノキシエタノール
===
引用元:https://nenreihada.com/j-cell.html

上記がJ-cell(ジェイセル)の全成分(原材料)素材です。

アレルギー体質の人は、J-cell(ジェイセル)の成分が大丈夫かチェックしてみてくださいね。

クロノセルの全成分と特徴

続いてのクロノセルは、ヒト幹細胞だけでなくグロースファクターも3種類含んでいます。

ヒト幹細胞の培養液のうち、ヒト脂肪細胞順化培養液にもグロースファクターはたっぷり含まれているのですが、敢えてEGF、FGF、IGFの3種類を追加。

それぞれくすみケア、潤いサポート、ハリアップのメリットを持っています。

ヒト幹細胞が肌の見直しに良いのはグロースファクターを備えているからでもありますが、クロノセルは別にグロースファクターを追加することで、より効率をアップ。

また美肌菌(表皮ブドウ球菌)やアロエベラのような植物エキスなど、美容成分としての種類が豊富なのもクロノセルの特徴です。

クロノセルの全成分(原材料)素材を以下に書き出します。

<クロノセルの全成分(原材料)>
水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

引用元:https://syuhutati.com/kuronoseru.html

上記がクロノセルの全成分(原材料)素材です。

アレルギー体質の人は、クロノセルの成分が大丈夫かチェックしてみてくださいね。

シグナリフトの全成分と特徴

最後のシグナリフトは、まず先にも触れたシグナペプチドがコラーゲン及びセラミド、またグロースファクターのKGFをサポートする力を持っています。

シグナリフトの成分は、ヒト幹細胞の代わりというわけですね。

またグロースファクターの種類は1番多く、クロノセルと共通でEGFとIGF、さらにKGF、TGF、HGFを採用しました。

KGFは別途追加することで、シグナペプチドが働きやすくなるメリットも生まれています。

もちろんヒト幹細胞の役割を担う成分だけではありません。

シグナペプチドはKGF同様にサポートするコラーゲンやセラミド、またヒアルロン酸やビタミンC誘導体なども配合しています。

シグナリフトの全成分(原材料)素材を以下に書き出します。

「シグナリフト 全成分(原材料)」
水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、デカペプチド-4、カプロオイルテトラペプチド-3、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、カルボキシメチルヒアルロン酸、水溶性プロテオグリカン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒメコウジ葉エキス、水添ホスファチジルコリン、フィトステロールズ、セラミドNP、フラーレン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、グリセリン、キシリトール、デキストラン、マルトデキストリン、キサンタンガム、BG、PVP、カルボマー、水酸化K

引用元:https://nenreihada.com/signazen.html

上記がシグナリフトの全成分(原材料)素材です。

アレルギー体質の人は、シグナリフトの成分が大丈夫かチェックしてみてくださいね。

全成分違い比較のまとめ

ジェイセル、クロノセル、シグナリフトの全成分を比較してメインの成分も確認してみました。

ジェイセル、クロノセル、シグナリフト、いずれも安心できる成分でできていると感じました。

効果面でも、それぞれ特徴があって違いがありますね。

全成分から見るとヒト幹細胞だけでなくグロースファクターも3種類も含むクロノセルが年齢肌ケアに効果的という印象です。
詳しくは→お得なクロノセル公式サイト

日本人由来の幹細胞を使っているのはジェイセル(J-cell)?

成分を見るとジェイセル(J-cell)は、クロノセルにやや劣る印象ですが、馴染みやすさで言えば1番かもしれません。

というのも、ジェイセルが含むヒト幹細胞は日本人由来だからです。

ヒト由来の中でもさらに日本人に馴染みやすいため、効果も感じやすくなります。

ほかの成分よりもまず、馴染みやすい日本人のヒト幹細胞を重視している、そんな方にジェイセル(J-cell)は向いています。
J-cell(ジェイセル)の口コミ効果やコスパを評価!他の幹細胞コスメとの違いや噂は本当?

ヒト幹細胞を3種類使っているのがクロノセル?

一方クロノセルは、上でも書きましたがヒト幹細胞自体が3つも入っています。

内容は上で触れたグロースファクターの豊富なヒト脂肪細胞順化培養液。

肌の美しさをサポートする成分を作ってくれるヒト繊維芽細胞順化培養液。

そしてメンテナンスを中心とするヒト骨髄幹細胞順化培養液です。

個々に役割が違っているため、肌の見直しだけでなく現状のトラブルケア、またその後の美肌を求めるなど、多角的なサポートを必要とする方にクロノセルは適しています。

シワケア、ハリアップに即効性があるのはジェイセル(J-cell)は本当?

特徴のところでも少し触れましたが、ジェイセルは塗った60秒後に変化が期待できる製品です。

主にコラーゲンサポートによる弾力アップを目的としていることもあって、見た目にも違いを感じやすいのが魅力。

試験結果によれば、肌の弾力は以前の121%、水分量も141%もアップした例があるんです。

結果は医学雑誌でも掲載されるほどで、ジェイセルは医療機関や美容サロンなどでも使用されています。

だからシワケア、ハリアップに即効性があるのはジェイセル(J-cell)は本当です。

くすみ・黒ずみ対策にも良いのはクロノセル?

一方肌の悩みでくすみや黒ずみなど色の問題を抱えているなら、クロノセルがおすすめです。

クロノセルはハリつやを取り戻すことだけでなく、くすみや黒ずみのケアまで対象としたコスメ。

成分としても、ハイドロキノンやアロエベラによる透明感アップ、グリチルリチン酸2Kやカミツレでの毛穴ケアを含んでおり、悩みへとダイレクトに働きかけてくれます。

またクロノセルは土台美容液であるため、現在使っているくすみケア、黒ずみケアアイテムの成分が馴染みやすくなるというメリットも。

クロノセルに加えていつものアイテムによるW効果が期待できます。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質でも使えるのは、どれ?

安全面が気になるなら、クロノセルかシグナリフトがおすすめです。

クロノセルは品質管理を徹底した国内製造

またシリコンやパラベンなど7つの添加物を除いて作られています。

そのうち1つは旧指定成分となっているため、実質200以上の添加物を除外していると言って良いでしょう。

一方シグナリフトは、メーカーがそもそも再生医療機関。

さらに除外している添加物は8種類にも及びます。

合成防腐剤や界面活性剤などが気になる方に向いています。

ただジェイセルを含め、いずれの場合も事前にパッチテストをするのがおすすめです。

安全性が高いといっても、全ての人に対して影響がない製品はほぼありません。

不安があるようなら、必ず目立たない部分で試してから始めてください。

妊娠中・授乳中・生理中も使えるのは、どれ?

妊婦

妊娠中など過敏になりやすい時期のケアとして使うなら、ジェイセルかシグナリフトです。

クロノセルはハイドロキノンがやや強力な成分なので、体調を崩しやすい方など、不安がある場合にはおすすめしません。

またこちらの場合も、敏感肌の方どうよう、不安が有るなら使う前にパッチテストを行いましょう。

かかりつけ医に相談し、使っても良いと許可をもらってから始めるとより安心できます。

使い方の違いと使いやすいのは、どれ?

比べる

使いやすさで言えば、これ1つでケアが済むジェイセルが1番です。

ただ不安があるようなら普段のスキンケアとの併用も推奨しているため、完全にジェイセルのみでできるかは個人差があります。

その次は塗布後、保湿アイテムだけでよいシグナリフト、最後が土台美容液であるクロノセルです。

クロノセルは以降のアイテムの浸透を高めるのも役目ですから、単独では使いにくいと思ってください。

一方シグナリフトは、ダブル使いをおすすめしています。

1回塗っておしまいではなく、時間を空けてもう1回使ってから、クリームなどを塗る方法です。

より効果的ではありますが、普段使っているアイテム数次第では、ジェイセルやシグナリフトの方が便利かもしれません。

また下記のコスパも、2回分ずつ使っていくと考えると、ほかの2つより高くなる可能性があります。

価格・返金保証・コスパから見た違い比較は?

コスパ

定価で比較すると、最も安いのはジェイセルです。

ほかの2つは定価で1万円以上するので、1万円未満で収まるのは魅力的ですね。

ただいずれも定期購入による割引を導入しており、割引後の価格で比較した結果は少し違っています。

まずは初回の価格。

最も安いのはジェイセルのままですが、クロノセルとシグナリフトは同じ値段。

定価はクロノセルの方が高いため、クロノセルは割引率が高い製品と言えます。

2回目以降は割引率が下がることもあって、定価と同じくジェイセル、シグナリフト、クロノセルの順番で安いです。

送料はいずれも無料になっているので、考慮しなくて良いでしょう。

一方継続や解約の条件で見てみると、最も便利なのはシグナリフトです。

そもそもシグナリフトは継続条件がない上に、30日以内であれば返金保証も利用できます。

ジェイセルは3回、クロノセルは4回の継続が条件となっており、いずれも返金保証はありません。

該当期間を過ぎれば、解約だけでなくペース変更や一時的な休止を申請することはできるため、シグナリフト以外でも、余ってしまった・足りないなど場合は伝えると良いでしょう。

ちなみにシグナリフトであっても、次回発送日の7日前までに連絡を入れなければ、自動で継続となってしまうため、解約する場合は早めに申請してくださいね。

J-cell(ジェイセル)・クロノセル ・シグナリフトの比較と選び方のコツまとめ

まとめ

ヒト幹細胞コスメと一口に言っても、そもそもヒト幹細胞を含んでいるのか、その数や種類はいくつかなど、製品によって全く異なる結果でした。

またヒト幹細胞以外にも、普段のスキンケアで欠かせない成分を含んでいるなど、ヒト幹細胞がより働きやすい構成になっているのもポイント。

年齢肌といってもハリ不足が気になるのか、くすみが気になるのか、優先したいトラブルに見合ったケアができるアイテムを探しましょう。

コスパにおいては、定期購入によってある程度抑えることが可能です。

高額でも返金保証がある、1回で解約できるなどのメリットがあるので、どれであれば自分が買いやすいかを考えるのもおすすめ。

自分にぴったりのヒト幹細胞コスメを選んで、年齢肌に負けないフレッシュ美肌を取り戻しましょう。

最後に選び方を簡単に書きます。
日本人由来のヒト幹細胞で馴染みやすさを重視したい人は、ジェイセル(J-cell)をどうぞ。
シワケア、ハリアップに即効性を期待したい人もジェイセルが向きます。
コスパが良く時短ケアでオールインワンが良い人もジェイセルをどうぞ。
J-cell(ジェイセル)の口コミ効果やコスパを評価!他の幹細胞コスメとの違いや噂は本当?

 

ヒト幹細胞3種類で年齢肌ケアを徹底したい人は、クロノセルをどうぞ。
くすみ・黒ずみ対策など多角的なサポートも期待したい人も、クロノセルがぴったり!
詳しくは→お得なクロノセル公式サイト

 

ヒト幹細胞ではなくても良くて気軽に使いたい人はシグナリフトをどうぞ。
返金保証付きが良い人もシグナリフトをどうぞ。
詳しくは→お得なシグナリフト公式サイト