森 水絵森 水絵

水溶性ビタミンC誘導体で顔のテカリが消えて毛穴も綺麗になるって本当でしょうか?

水溶性ビタミンC誘導体が含まれる基礎化粧品は、いろいろですね。

その中でも毛穴ケアや顔のテカリにも良い美容液について詳しく調べてみました。

夏になると汗で余計に目立つ顔のテカリ

かと言って冬は冬で、汗をかいているわけでもないのに顔がテカってしまい、やはり注目を集めてしまいます。

汗のように拭き取っておしまい、とは行かず、メイクをしてもテカリが抑えられないなんてこともありますよね。

しかしそれは、普段使っているスキンケアの追加、あるいは見直しで対処できるかもしれません。

今持っているアイテムの成分を確認し、ビタミンC誘導体、特に水溶性のタイプが入っていないかチェックです。

もし入っていないなら、入っているアイテムを追加するか、今使っているものを変えることで、テカリが目だなくなる可能性があります。

加えて水溶性のビタミンC誘導体には、毛穴トラブルにもおすすめ。

黒ずみや古い角質などで悪目立ちしているなら、一緒にケアしてみましょう。

今回は水溶性ビタミンC誘導体の魅力と、含むスキンケアをチェックです。

様々な種類があるビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、体内で吸収された後でビタミンCの形をとる成分。

最初からビタミンCではないため、弱点をカバーしたり、吸収率が悪くなるといってデメリットが回避しやすいんです。

そんなビタミンC誘導体には、水溶性のほか、親油性、両親和性など様々な種類が存在。

水溶性は水になじみやすく、化粧水や美容液などに混ぜやすいのが特徴です。

一方親油性はオイル系アイテムへの馴染みやすさや、脂肪、つまり肌への浸透しやすさを謳っているものが多く、両親和性は双方の特性を備えています。

また水溶性ビタミンC誘導体の中でもさらに、ビタミンCエチルやL-アスコルビン酸など、物質として複数の種類が存在しますが、これは誘導体に複数の種類があるため。

体内でビタミンCに戻った時に、違いは生じません。

水溶性ビタミンC誘導体は効き目も早い?

水溶性ビタミンC誘導体は、ほかのタイプに比べると吸収しやすいのも特徴です。

親油性や両親和性の方が、肌なじみは良いとはいえ、水溶性だから浸透に時間がかかるというわけではありません。

化粧水など、スキンケアの最初に使うアイテムに含まれやすいのも理由でしょう。

ビタミンCの働きでもあるメラニンを還元してくれたり、皮脂のトラブルを調整してくれるのが主な役目です。

今回のトラブルのうち、テカリは皮脂の過剰分泌に起因するところが大きいので、水溶性ビタミンC誘導体なら対策としてはばっちりですね。

また毛穴の場合も、たくさん出た皮脂が毛穴に詰まるトラブルや、本来よりも毛穴が開いてしまうケース、それに伴う黒ずみであれば対処が可能です。

同じく皮脂トラブルの1つである、ニキビ予防にも水溶性ビタミンC誘導体はおすすめ。

ビタミンC誘導体にはターンオーバーをサポートする効果もあるため、既にニキビが出来てしまっている場合、ニキビは消えたけど跡になってしまっている場合でも、対処になることがあります。

そして誘導体の種類によっても効果には違いあり。

例えば上で触れたビタミンCエチルならメラニンを抑えるだけでなく即時型の色素沈着に対してもケアしてくれます。

一方リン酸アスコビルナトリウムという誘導体であれば、シワやくすみケアにおすすめ。

エイジングケアを目的とする化粧品に含まれやすいです。

効果よりも浸透しやすさを重視するなら、ビタミンC誘導体APPSを選ぶのもあり。

通常の誘導体に比べ、100倍以上の浸透力を持つとされています。

ただ親油性や両親和性と比べた際、濃度が高いと乾燥肌になる可能性や紫外線に弱いなどのデメリットも。

含んでいる化粧品、あるいは一緒に使うアイテムに保湿効果を求めたり、夏場は日焼け止めなどUVケアを徹底すると言った対策が求められます。

敏感肌など、もともと肌質が弱い方に対しても刺激になることがあるため、どうしても利用したい場合はまずパッチテストで試し、問題がないことを確認しましょう。

高濃度、つまり使いすぎで肌が反応してしまうケースもあるので、1回の使用量が規定を超えていないか確認したり、規定量より減らして様子を見るのもおすすめです。

ビタミンC誘導体入りアイテムをより良く使うには?

ビタミンC誘導体それだけでも、ただビタミンCを取り入れるよりはおすすめですが、ほかの成分を併せて得ることで、より効果が期待できることもあります。

例えばビタミンE誘導体

ビタミンエース(ACE)と言われるように、ビタミンAとC、Eは一緒に摂ると互いを補い合って効果が高まるなんて言われますよね。

誘導体の場合もそれは同じで、ビタミンE誘導体と一緒に得ることで、主にエイジングケアとして役立ちます。

ビタミンEは抗酸化が主な役目なのですが、力を発揮すると、自身が酸化してしまうのが難点。

しかしビタミンCがともにあることで、酸化を防ぐことが可能に。

引き続き、抗酸化を発揮できるようになるんです。

またビタミンCが持っている、コラーゲンを増やす力を持っているほかの成分もおすすめ。

一緒に取り入れれば、コラーゲンを増やす力がさらに高まるので、コラーゲンでの保湿やハリと言った効果も期待しやすくなるんです。

ビタミンCも抗酸化は可能ですから、似た効果を持った成分を取り入れることで、相乗効果を発揮する仕組みなのかもしれません。

化粧水タイプが多い水溶性ビタミンC誘導体にはコットンパックを

化粧水やローションなど、さらっとした液体が多い水溶性ビタミンC誘導体。

たくさん付けると肌に吸収される前に流れ落ちていってしまうのは、クリームなどと比べると不便ですね。

そこで活用したいのが、コットンに化粧水などを浸したパック。

コットンに含んでいる以上、化粧水が流れ落ちてしまう心配がなく、長時間ビタミンC誘導体のケアをしてもらえます。

肌悩みが深刻な場合や、数日ごとのスペシャルケアとして活用しましょう。

ソワンならコットンパックも可能

ソワン
では水溶性のビタミンC誘導体を含むアイテムの中ではどれがおすすめか、という話しになるでしょう。

効果、利便性の上で特に評判なのが、ソワンという名前の美容液です。
詳しくは→ソワン公式サイト

ソワンは肌のキメや毛穴トラブルに良いと言われており、国内産や無添加など安全面でも配慮されています。

通常は必要分を肌に直接塗布しますが、2日に1回のペースでコットンパックを使ったスペシャルケアができるのもソワンの魅力。

ソワンは、水溶性ビタミンC誘導体の効果をより感じやすくしてくれます。

方法は、まずコットンとソワン、また精製水を用意。

ミネラルウォーターや水道水が不可というわけではないのですが、肌ケアを考えると余計なものが入っていない精製水がベスト。

特に肌が弱い方は、水の不純物で影響がでることもあるので、ドラッグストアなどで精製水を買いましょう。

コットンに精製水とソワンを塗布してパックするのですが、最初は精製水を、コットンにたっぷり、滴り落ちそうになるぐらいまで染みこませてください。

次にソワンを塗布しますが、コットンは厚手なので、2枚に剥がしてからがおすすめ。

1枚あたりソワンを5プッシュほどですが、ケアを徹底したいならもう少し増やしてもOKです。

2枚のコットンを重ね合わせて揉み込み、ソワンがパック全体に行き渡ったと思ったら気になる場所へ貼り付けましょう。

ソワンのコットンパックの1回あたりの装着時間は、長くても4分程度。

それ以上続けているとコットン自体が乾き、逆に肌の水分を吸収してしまうので、せっかくのパックがあだになってしまいます。

まだコットンが湿っているようでも、時間が来たら外すようにしてください。

コットンを絞ってソワンや精製水が出てくるようなら、出てきた液体を腕や足に使ってあげれば無駄にならずに済みます。

後述しますが、ソワンでは購入次第でコットンもセットにしてくれるので、精製水だけ用意すればすぐにパック可能です。

ソワンを使っている人たちの口コミ

実際にソワンでケアを行っている人たちの評判を、改めて確認してみました。

・ソワンを利用し始めてから、メイク直しの頻度が減った。

毛穴の引き締めや黒ずみケアなど、見た目にもわかる変化が楽しめるので、続けやすい。

・ソワンのおかげで朝のメイクに時間をかけずに済むため、生活にゆとりができた。

毛穴というより肌全体の感触が良くなったように感じ、そのせいか普段使っているスキンケアもなじみやすい。

肌荒れはないものの、1年ほど続けても成果が出ず、続けるべきか様子見をしている。

公式サイトより引用
詳しくは→ソワン公式サイト

【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

ソワンは、やはり良い意見が多いようす。

ソワンは毛穴などのトラブルに対処する力より、その結果メイクやスキンケアが楽になったとする評価が目立ちました。

ただ一方で、個人差もあるのか、なかなか成果が出にくいという人も。

もともと悩みが深刻なのか、混合肌など肌質にも原因があるのかもしれませんが、100%特定の期間で効果が出るわけではないようです。

そんなケースでも、新たなトラブルを引き起こさないのは救いですね。

ちなみにソワンで効果を感じやすい期間としては短い方で2週間、長い方で3ヶ月前後に集中している様子。

ソワンを試してみるならば、とりあえず3ヶ月は続けてから、効果の有無を判断した方が良いでしょう。

ソワンを短期間で辞めて、実はあと数日続ければ良い変化が出た、なんてもったいないです。

こちら人気のソワンの口コミ記事もどうぞ。
ソワンの口コミ効果体験談!本当に毛穴の黒ずみ・開き・たるみに良い?

水溶性ビタミンC以外に含まれている成分

アーチチョーク

ソワンには、まずアーチチョークエキスが入っています。

ポイントとなるのが、エキスの中に含まれるシナロピクリンという成分。

毛穴の広がりや肌のたるみには、NFーΚbという物質が関わっているのですが、シナロピクリンはNFーΚbをサポートすることで、肌が持っている再生する力がきちんと働くようにしてくれます。

ゆえに肌そのものの引き締めや、キメ細やかさを求めている人にもソワンはおすすめ。

またソワンでの皮脂ケアとしては、ビタミンC誘導体だけでなく、プラセンタエキスでも行います。

プラセンタもまた、肌の再生など、代謝やターンオーバーと言ったサイクルを助けてくれる成分。

皮脂の分泌も、今まで過剰だったのであれば抑えてくれるなど、調整を行います。

ソワンでのテカリケアはもちろん、毛穴を目立たせない、皮脂だけでなく古い角質と言った余分な物質の対処もプラセンタの担当です。

ちなみにソワンの無添加においては、合成香料及びタール色素、シリコン、鉱物油、そしてエタノールを取り除いて作られています。

これらの成分で肌荒れの経験がある人でもソワンは安心ですね。

ただソワンの成分に関しては、アレルギーの方は事前に必ず問題がないことを確認しましょう。

公式サイトより引用
詳しくは→ソワン公式サイト

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

ソワンを扱っているのは通販のみ

しかしソワンの場合、市販のスキンケアと違って薬局やドラッグストアでの取り扱いはありません。

また通販といっても、Amazonなどのモールサイトではソワンは販売されておらず、メーカーの公式サイトのみとなっています。

Amazonでは過去にソワンが販売されていたこともあったようですが、現在は在庫なし。

再販は未定なので、しばらく待っていれば出品される保証もありません。

さてソワンの公式サイトですが、単品購入のほか、4ヶ月及び6ヶ月の集中プランが用意されています。

該当期間続けることを条件に、ソワンの割引があるのが魅力。

4ヶ月集中プランであれば、初回は73%オフ。

2回目以降も33%オフで続きます。

一方6ヶ月の場合は初回割引こそ73%ですが、2回目以降は41%引きと4ヶ月版より高い割引率。

いずれも送料無料で、20日分のコットンが付いてきます。

さらにソワンの各集中プランの場合、初回分の金額に限り、返金保証あり

ソワンを継続しても効果がないようなら、損失を少し回収できますよ。

水溶性ビタミンC誘導体によるテカリや毛穴ケアまとめ

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの不安定さに対処した成分。

通常のビタミンCを付与した化粧品に比べて、効果を感じやすい魅力があります。

特に水溶性は肌なじみもよく、テカリや毛穴トラブルに関わる皮脂のケアが得意。

ソワンのように、水溶性ビタミンC誘導体を含んでいるアイテムを取り入れることで、悩みが解決できるかもしれません。

またソワンはアーチチョークによる肌の引き締めなど、それ自体が毛穴・テカリ対策になっているアイテム。

ソワンは無添加や刺激の少ない天然素材で構成されているので、妊娠中など敏感になりやすい時期でも続けやすいです。

悪目立ちする肌とはもうさよなら、羨ましがられる美肌をソワンで作っちゃいましょう。
詳しくは→ソワン公式サイト