毛穴の黒ずみと開きで悩んでいた知人の主婦の話です。

夜中の寝ているうちに毛穴もキレイになると人気のケアナノパックが気になって試すことにしたそうです。

果たして彼女は毛穴ケアがケアナノパックで、できたでしょうか?
結論を先に書くと毛穴の黒ずみなど毛穴の悩みが消えています!
詳しくは→お得なケアナノパック公式サイト

彼女がどういう流れでケアナノパックで毛穴ケアができるようになったのかを以下に書きますね。

長文になるので時間がない場合は、ブックマークなどして後からゆっくりご覧ください。

顔にゴマ粒みたいに見える黒ずみ!!

そもそも、きっかけは、息子の一言からはじまりました。

ママの顔にゴマ粒が付いてる~

幼稚園に通う息子から指摘されたのはちょうどお昼どき。

ごま塩のおにぎりを食べていたので、くっつけてしまったんだと思いました。

息子が取ってくれるというので任せていたら、なかなか取れないと言います。

仕方なく鏡を見ながら取ろうとしたら、ゴマなんて1粒も見当たりません。

息子によくよく聞いてみたら、なんと指摘していたのは私の毛穴に見える黒ずみだったんです。

ゴマよりは小さいですが、母親の顔に変なものが付いているという点では、息子からすると同じだったようす。

1度言われてしまうと気になるもので、顔全体を見てみると、頬や鼻などあちこちにあることを知ってしまいました。

しかも色こそ黒くなっていないものの、全体的に毛穴も広がっている感じ。

開きっぱなしの毛穴は放置すると潰れて繋がっているように見え、シワやたるみのきっかけになるなんて言いますよね。

まだ30代なのに、シワなんてできたらショックに過ぎます。

今からできることがないか模索していたところ、「ケアナノパック(CARE NANO PACK)」という、文字通り毛穴のパックを見つけました。

夜に使うだけで毛穴がスッキリできるとか。

一体どんな効果がそうさせてくれるんでしょうか?

「ケアナノパック」は顔全体をパック可能

ケアナノパックは、特に毛穴トラブルに対処してくれる美容パックです。

パックといってもよくあるシート状ではなく、チューブに入ったクリームタイプ。

適量をチューブから取り出して塗るため、手順は通常のスキンケアと変わりません。

余すところなく塗れるためシートで覆えない部位ができる、反対にシートが余ってしまうといった、シートにありがちな問題もなく使えます。

毎晩6時間以上行うパック

通常は数分から数十分という短い時間で行う美容パック。

しかしケアナノパックの場合は、就寝時間がそのままパックの貼り付け時間となります。

シートだと、美容成分が肌に移ったあとまで貼り続けていると、今度は肌の水分を吸収してしまうデメリットがありますよね。

クリームタイプゆえ、その心配がないのもケアナノパックの特徴です。

また夜間に集中して行うことにもメリットがあります。

まず夜は完全にオフの時間。

外出することがないため、外から肌トラブルの原因となるダメージを受ける心配がありません。

ダメージの代表である紫外線に関しては、夜ならほとんど浴びないのもポイント。

加えて夜はターンオーバーの時間でもあります。

肌そのものが問題に対処しようとするタイミングなので、美容成分などを与えれば、より良いケアが期待できるんです。

寝る以外にすることがありませんから、成分をしっかり肌になじませることもできますよ。

3種類のヒアルロン酸で潤い補給

ケアナノパックには、ヒアルロン酸だけで3種類も含まれています。

「ヒアルロン酸に種類なんてあるの?」とは、私も気になったのですが、成分の違いというより形状が異なるようです。

1つ目は一般にヒアルロン酸と呼ばれるものと同じですが、後の2つはスーパーヒアルロン酸と3Dヒアルロン酸と言います。

スーパーヒアルロン酸は、分子の大きさが小さいという特徴を持っています。

そのため肌の表面に留まらず、奥に浸透してくれるんです。

一方3Dヒアルロン酸は、分子の構成が立体的になっています。

こちらも肌の奥まで浸透してくれるほか、保湿の長持ちにも貢献してくれます。

ただこれを考えると、「普通のヒアルロン酸は不要なのでは?」と思いますよね?

ですが、分子量が大きいヒアルロン酸でも、肌表面の潤いをもたらしてくれます。

加えて肌表面の保湿は、肌のバリア機能にも繋がっていますから、奥だけカバーすれば完璧とは言えないんです。

分子が大きいからダメなのではなく、両方の形状を備えることで、肌ケアをより高めています。

植物エキスで肌の引き締め

余計な汚れを吸収せず、蓄積した水分は逃がさず。

そんな状態を目指すには、毛穴の引き締めも重要です。

ケアナノパックでは、アーチチョークの葉とシャクヤクの根、そしてホップの花の3種類の植物から得たエキスで行っています。

アーチチョークの葉っぱにはシナロピクリンという成分が含まれています。

シナロピクリンは、毛穴問題を引き起こすNF-κBという物質が活発化するのを防ぐ役割を持っており、根本的なケアに役立ちます。

2つ目のシャクヤクの根っこは、まさに引き締め

収れんの効果があり、漢方としても親しまれているようです。

ほかにも冷え性や生理不順など、女性特有の悩みケアができるそう。

漢方として入手するのもありかもしれませんね。

最後のホップの花は、ハーブに使われることもあります。

毬花と呼ばれる、マツの花のように雄しべと雌しべが集まって丸くなった形が特徴的です。

肌に関しては鎮静や抗菌、抗炎症などの効果が期待できるほか、シャクヤクと同じく女性問題ケアも。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンを活性化させたり、更年期の症状に対処します。

これらの成分を、寝ている間じっくり与えることで、翌朝以降の毛穴に良い影響を与えてくれるんですね。

まだまだ存在するケアナノパックの成分

ケアナノパックにはなんと40種類以上もの成分が入っています。

上記に加えて、同じく肌に良いセラミドやプラセンタ、ビタミン

植物もドクダミやイワベンケイの根、さらに和漢植物から採れた油をエキスにして含んでいます。

また香り成分として、アロマでお馴染みベルガモットも追加

塗布する時はもちろんのこと、寝ている間もアロマの香りでリラックスすることができます。

普段快眠ができていないという方にもおすすめですね。
詳しくは→お得なケアナノパック公式サイト

直前の洗顔は泡立ちをしっかり

ケアナノパックを使う際は、直前の行動にも気を配りましょう。

例えば洗顔

ケアナノパックの成分を肌に浸透させやすくするには、肌に余計な汚れなどが残っていないことが大事。

ですがしっかり洗おうと思って、必要以上に力を入れてしまっては、かえって肌を傷つけてしまいます。

そこでポイントとなるのが泡

たっぷりの泡を作って、顔を包み込むように洗うのがコツです。

手で泡立てると時間もかかりますし、洗顔フォームや石鹸をたくさん費やしてしまいますから、泡立てネットを使うのがおすすめ。

最後は水やお湯でしっかりと洗い流して終了です。

ケアは化粧水だけでOK

ちなみにケアナノパックを使う時は、直前のケアは化粧水だけで構いません。

オールインワンに近く、クリームはもとより乳液は不要です。

2ステップで済んでしまう手軽さも、ケアナノパックが持つ魅力と言えるでしょう。

例外は美容液で、毛穴以外の肌トラブルも対処中である場合は、ケアナノパックの前に使うことができます。

ただもし今、オールインワンジェルを使っている場合は、化粧水代わりにするのはおすすめできないとのこと。

ジェルで肌を覆ってしまうと、奥までケアナノパックの美容成分が届かない可能性があるためです。

朝はオールインワンジェルのままでも構いませんが、夜はケアナノパック用に、化粧水を用意しておきましょう。

もちろん乳液やクリームを使っている場合も、朝はそのまま使えますから無駄にせず済みます。

ロゴサイズ分を取り出して塗布

チューブは1ヶ月分で、1回分の目安はパッケージに記されたメーカーロゴから判断できます。

パッケージの下部に円形のロゴが記されているのですが、この大きさは直径1.5cm。

1回分の目安もちょうど同じサイズなんです。

取り出す際はロゴのある面を見ながら行いましょう。

ちなみに厚さは5mmなので、1回ぐるっと円を描けばOK

何重にも重ねる必要はありません。

もし足りないなと思ったら加えても構いませんが、その前に鏡をチェックして、ムラがないか確かめましょう。

パックなのでつい厚塗りしたくなりますが、伸びが良いので目安量を均一に広げるように使ってください。

多いから毛穴ケアもスピードアップなんてことはありません。

翌朝は洗顔料で落とすだけ

翌朝になったらケアナノパックを落としましょう。

といっても、朝洗顔をしているならそこで落とすことになるので、こちらも手間がかかりません。

ただ水だけ、お湯だけで洗っているなら、ケアナノパックを使った翌朝だけは、洗顔料を使ってください。

水だけだときちんと落ないことがあるそうです。

また効果の良しあしに関しては、洗い落とした直後の肌の様子をチェックしましょう。

ケアナノパックを塗ったままの状態では、クリームにカバーされているので実際どうなのかわかりにくいこともあるようです。

始めるのが不安なかたはいつでも解約のお試しコースから

ケアナノパックを購入するなら、メーカーのショッピング公式サイトから行いましょう。

そもそもほかのサイトや薬局などでは販売していないのです。

1つ注文するのもありなのですが、毛穴ケアは継続して行うもの。

使っているアイテムが無くなっても、自動で届けてくれる定期購入を利用すると便利です。

今までケアナノパックを使ったことがなく、自分に合うか不安が残る場合は、お試しコースを選択しましょう。

定期購入のコースは全部で3つあるのですが、お試しコースは唯一初回での解約が可能です。

また配達回数が決まっているコースは返金保証の対象外にもなっています。

定期の中では唯一返金保証も受けられるコースがお試しコースです。

そして10%と低いものの、定価から割引された金額で続けられるのもメリット。

解約の連絡を入れるのが面倒という人でもなければ、1回限りの注文よりもお得なことばかりです。

残りの2コースは割引率が高い

ちなみに残り2コースは、継続が条件になっているものの、割引率が高いです。

基本コースは15%、年間コースは20%となっています。

またいずれも3ヶ月に1回、3本をまとめて発送するので、送料が3分の1に抑えられるのも魅力。

ケアナノパックの場合送料は一律で発生するため、回数を減らすことで費用も抑えられるんです。

ただし基本コースは3回の受け取り、年間コースは1年の受け取り継続が求められます。

基本コースは3ヶ月に1回の発送のため、3回は9ヶ月分と思ってください。

そのため、効果がないと残りの分の費用が無駄になってしまいます。

損失を少なくする意味でも、まずはお試しコースから始めましょう。
詳しくは→お得なケアナノパック公式サイト

返金保証は未使用不可

メーカーでは返金の条件に、製品が使用済みであることを表しています。

効果がないならないで、それを実感した上でやめて欲しいということでしょう。

また1日だけ使うなど、短期間の使用も不可。

最低でも15日は継続して、様子を見て欲しいそうです。

効果が出るまでには個人差がありますが、少なくとも15日続ければ効果が出る人には出る、ということなのかもしれません。

ただ返金の申請を行うにも期限が設けられており、製品が届いてから25日と決まっています。

つまり15日から25日の間なんですね。

この間に最低限、メーカーへ返金保証を受けるという連絡だけ入れてください。

返金はメーカーのホームページにある専用フォームから行えます。

電話連絡と違い、相手の都合を問わず、自分の好きな時間に行えるのが良いですね。

ちなみに返金保証は初回分、かつ1製品分のみです。

1度に2つ3つまとめて注文した場合でも、返金されるのは1つ分と覚えておきましょう。

ママのお肌すべすべ!

私は普段化粧水、乳液、クリームというステップで使っていたのですが、ケアナノパックを入れたことで朝はそのまま、夜は乳液とクリームを使わなくなりました。

手順が減ったことを楽だと思いつつも、最初はたくさん塗らなくて良いのかと不安もありましたね。

毛穴トラブルはなかなか変化が出ませんでしたが、潤い成分があったためか、まず肌の質が良くなった印象。

冬でもカサカサすることがなく、自分で触っていても気持ち良いです。

肝心の毛穴も、その後3ヶ月ほどして黒ずみが目立たなくなっていきました。

開きも減り、影のせいで黒く見える心配もなくなりましたね。

最近では息子が、幼稚園に迎えに行くたびに触ってきます。

ママのお肌すべすべ!」と言ってもらえるのが、ちょっとした自慢です。

まとめ

毛穴の1つ1つを引き締めたり、入り込んだ汚れなどを取り除くのは不可能です。

そのため肌全体をケアする必要があるのですが、シートパックだと形状が決まっているし、貼る手間もかかります。

もし毛穴トラブルをどうにかしたいのであれば、クリームタイプのケアナノパックを取り入れてみてください。

シートのように形が決まっていないので、顔全体をしっかり覆ってくれます。

そのまま寝てしまっても良い、朝は洗顔で落とすだけなど、シートにはないメリットもいっぱい。

ケアナノパックで、黒いぶつぶつが目立つお肌にさよならしましょう!
詳しくは→お得なケアナノパック公式サイト