EnglishCentral(イングリッシュセントラル)の100%コミット英会話の口コミ評価を私の体験を通じて実感したことを書きたいと思います。

英語の学習ってどうすれば良いのでしょうか?

仕事で海外へ出張することになった私。

期間は3ヶ月ほどなのですが、現地では英会話が必須です。

日本人の方もいるにはいるのですが、少人数。

その人たちにも仕事があるわけで、私の仕事中、常に翻訳を頼むわけにもいきません。

学生時代から英語が苦手であり、今の会社に入社した時もあまり英語が必要とされない部署だからと安心していましたが、キャリアのステップアップのためには必要とのこと。

出張までには期間があったので、近所にある英会話スクールに通ってみたのですが、さっぱり頭に入ってきません。

身振り手振りで話すのにも限界があるし、ほかのスクールも似たような感じで、一体どうすればよいのでしょうか?

そんな時、先輩からEnglishCentral(イングリッシュセントラル)というオンラインスクールを勧められたんです。

先輩も数年前に、英語が不慣れな中海外へ行ったと言いますが、今の先輩しか知らない私はとても驚きました。

というのも、先輩は今ではネイティブ発音もできるほど英語がペラペラ。

海外から取引先の企業の方が訪れた際は、自分の部署でない時も通訳として活躍しているほどです。

聞けば、そんな今があるのはEnglishCentralのおかげだとか。

そこまで上達できるのなら、私にもできるかも?

早速先輩に教えられた、EnglishCentralのサイトを開いてみました。

「EnglishCentral(イングリッシュセントラル)」は7つのレベル別

イングリッシュセントラル7レベル

EnglishCentralは初級、中級、上級の3段階に分けられており、さらにその中でも2~3のレベルが存在します。

例えば初級でもレベル1と2という違いがあるんですね。

内容も段階によって異なり、初級では基本的な単語を覚えたり、英語で自己紹介ができる程度。

中級になると一方的なスピーチではなく会話が可能となり、旅行や仕事などで、必要最低限のやりとりができるようになります。

さらにステップアップして上級になれば、スラングのようなくだけた言い回しや、ネイティブスピーカーの発音など、より高度な技術が身につくようです。

このレベルは学習の中で、講師より診断してもらいます。

発音はもとより、聴き取る力や文法が間違っていないか、流暢に話せているか、コミュニケーションとして成り立っているかなど、様々な観点で詳しいチェックが可能。

自分の苦手な分野が何かを理解しやすいです。

講師からおすすめのプラン提案などもあるので、今後の勉強方針を決めるのにも役立ちますよ。

最初の診断前は下準備OK

先輩によると、EnglishCentral(イングリッシュセントラル)で最初の診断を受ける前は、ある程度こちらで準備をしても良いそうです。

ぶっつけ本番じゃなくてもよいのはありがたいですね。

ちなみに最初は、講師からの質問もありますが、こちらで英語で挨拶と自己紹介をする機会があるそう。

熟練度を見る目的もあるので、無理に辞書や文法の本で調べる必要はありませんが、何を話すかぐらいは考えておくと、当日スムーズです。

質問も趣味や家族に関することなどが多いので、予習のつもりでどんな質問がくるか考えておくのも良いそうですよ。

また診断の日時は、当日の1時間前までならば変更することも可能。

急な予定が入った場合でも対応してくれるのはありがたいですね。

スカイプで講師と1対1

EnglishCentral(イングリッシュセントラル)の主な勉強スタイルは英会話と動画視聴。

まず英会話は専属の講師と20分、スカイプを使ってマンツーマンで行います。

時間は朝でも昼でも、もちろん夜でもOK。

内容も自分で決められるので、好きなテーマで話すことができます。

その際発音が解らなかったり、違っていれば、講師から指導を受けて改善していくという流れです。

終わったら診断をもらって、英会話でできなかったところを復習しましょう。

ちなみに講師も複数人いる中から選べます。

コミュニケーションが苦手な人でも親しみやすい先生に師事することで、英会話がのみこみやすくなるんです。

英会話に繋げる動画視聴も

 

一方動画は、公開されているものから自分で自由に閲覧して構いません。

EnglishCentral(イングリッシュセントラル)では毎週新しい動画が追加されますし、全体で1万以上もの本数があるため、たくさん見ても飽きることがないのは良いですね。

実は動画を使っている英語のオンライン学習や塾は少なく、EnglishCentralが実績を上げている理由の1つだそう。

他社の場合はリーディングが主な学習方法なのですが、EnglishCentralではほかにも単語学習や音声認識システムを用いたスピーキングなど、様々なスタイルを取り入れています。

また動画視聴は英会話とは違って相手がいないので、それこそいつでも好きな時間に視聴することができます。

動画で見聞きしたものを英会話で使ってみるというのが、EnglishCentral(イングリッシュセントラル)の基本的なやりかたのようですね。

動画は英会話専用じゃない?

そして配信されている動画は、英語圏で放送されたニュースなど、別に作られたもののようです。

英語のレッスンというと、リスニングテープやビデオなどは専用のものを作っているイメージがありますが、EnglishCentralの場合は、日常に存在するものを使って学びます。

そのため、自然の会話はこのように発音するというのが理解しやすいです。

数の多さだけでなく、普通の英会話を耳になじませるには、確かに別の目的で放送されたものの方が良いかもしれませんね。

また動画には字幕がついており、文字をクリックすることで単語の意味の確認が可能です。

ただ漫然と動画を観るのではなく、あくまで英語の勉強もできるのがポイント。

さらに視聴後は、動画の穴埋め問題が用意されています。

もし解答できない単語があったら、再度動画をチェックしてみましょう。

動画はスローでの再生も可能なので、しっかり発音を聴くこともできますよ。

加えて動画には発音チェック機能も。

音声認識システムが取り入れられているため、正しい発音なのかをコンピュータに採点してもらえます。

ネイティブの発音に近づけるための練習としておすすめです。

パソコンだけでなくスマホでも学習できる

スマホ

動画とスカイプの機能を有していれば、パソコンだけでなくスマホからも利用できるのがEnglishCentral(イングリッシュセントラル)の魅力です。

専用のアプリがあるので、ダウンロードして使いましょう。

ちなみに動作環境はAndroidで4.1以上、iOSは8.0以降で、iPadやiPod touchなど、タブレットや動画視聴可能な機器で使うこともできます。

もちろんパソコンでスマホの状況チェックをすることもできますから、自宅ではパソコン、外出先ではスマホなど、使い分けも可能です。

アプリ自体の利用は無料ですし、パソコンを持ち歩くよりも楽に勉強が進められますよ。

まずは無料体験から

EnglishCentralはメールアドレスとユーザー名、パスワードの設定を行うことで、無料会員になって無料体験ができます

本名などの個人情報を入力する手間が省けるので、EnglishCentralがどんなものかを知りたい場合におすすめ。

ちなみにSNSのFaceBookにアカウントを持っていれば、連携することでログインにFBの情報を使うことも可能です。

無料会員の場合、動画を観るだけなら無制限ですが、穴埋め問題で学んだり、音声認識システムによって正しい発音を確認するのは2本までが対象。

また英会話はレッスン1回分となっています。

無料会員でやり方を理解したら、ほかの会員に切り替えましょう。

EnglishCentralの有料会員は全部で4種類。

プレミアム、リッチ、Wリッチ、そしてプラチナです。

いずれも動画が学習含めて無制限で行える点が共通していますが、英会話に違いがあります。

例えばプレミアムなら600ポイント(動画5本分)で1レッスンというように、ポイント制です。

リッチになると1日1回、Wリッチなら1日2回、そしてプラチナは無制限となっています。

値段はプレミアムがもっとも安く、以降徐々に高くなってプラチナが最高額。

レッスン回数は翌日繰越などはないため、申し込み後、英会話を毎日必ず行えるかが焦点となるでしょう。

会員費用が損にならないよう、自分の生活スタイルとプランをよく比べて考えてください。

継続期間が長ければ割引も

またEnglishCentralでは、各会員制度の中に自動更新プランが用意されています。

通常の1ヶ月に加え、3ヶ月と1年のプランですね。

これらはその期間中解約しないことを約束する代わりに、期間が長いほど会員費の割引が良くなっています。

例えばプレミアムの場合、3ヶ月なら17%オフ、1年なら40%オフです。

そして支払いも期間ごとにまとめて払うことも可能。

会費は通常1ヶ月ごとの値段が提示されていますが、3ヶ月や1年の更新プランを選んだ場合、申し込み時に3ヶ月分や1年分で払えます。

毎月手続きに煩わされないという利点もあるので、予め続けることが決まっているなら、継続契約をした方がお得です。

ただ自動更新プランの場合、期間が終われば次の期間へと自動的に移行します。

つまり3ヶ月プランであれば、4ヶ月目になったらまた次の3ヶ月継続となるわけです。

もし辞めることが決まったら、次回プランの支払い予定日から2日前までに、問い合わせフォームから連絡を入れてください。

1日前などギリギリになってしまうと、次の継続が決定となってしまうので、長い期間や一括払いにした場合は、特に注意しましょう。

英語力の上達がなかったら返金

EnglishCentralには返金保証もついています。

基準となるのは、利用者の英語力が上がったかどうか。

利用開始から3ヶ月後にテストを行い、開始直後に行った診断結果と比べて判断します。

診断ではなく、第三者機関のスピーキングテストの比較でも申請は可能とのこと。

その場合は3ヶ月後の結果だけでなく、EnglishCentral開始時にその時点でのテスト結果をメールで送付する必要があるので注意しましょう。

ただしEnglishCentralを全く行っていないのに返金保証を適応することはできません。

上達しなかったと言っても、そもそも学んでいないなら上がるわけがないですよね。

例えばプレミアム会員であれば、毎週20本の動画を観ている、英会話レッスンは毎週2回以上受講していることが条件です。

1日ごとの本数は決まっていないので、動画なら平日は2本ずつ、土日で5本ずつという形でも構いません。

継続することが上達にもつながりますから、自分のペース配分を考えるのも大事です。

一方3ヶ月は自動更新プランによって割引も適用される期間です。

有料に切り替える際は1ヶ月を3回ではなく、3ヶ月の契約をしておくと上達した場合の費用も抑えられますよ。

また返金ではなく、次の3ヶ月を無料で受講する特典を得ることも可能です。

もしEnglishCentral自体には、まだ期待できると思ったら、返金ではなく継続するのもありですね。

繰り返すと慣れてくる

私の最初の診断ではレベル2の初心者でした。

ただ講師の先生が私のレベルに合わせてくれたので、最初の会話は緊張しつつも楽しく出来たのがよかったですね。

動画も、見ているだけだとやはりネイティブですから何を言っているのかさっぱりだったのですが、字幕やスロー再生で意味を理解しつつ追っていくと、耳が慣れてくる感じ。

別の動画で同じ言葉が出てきた時に、「これはこういうことを言っている」と理解できたときは嬉しかったです。

その後の英会話でも、先生に褒めてもらえました。

スマホアプリも使っているので、通勤時に動画を観聴きしたり、休憩時に発音練習もできて便利です。

なにより焦らずに、自分のペースで続けられるのが気に入りました。

そして3ヶ月後の診断では、なんとレベル4に上がりました。

上級には至りませんでしたが、ビジネス会話はばっちりと先生に言ってもらえて、自信に繋がりましたね。

実際出張先でも会話が通じないということはなく、無事に期間を終えて帰ってくることができたんです。

今は先輩の助手のような形で、たまに通訳担当としても呼ばれることが増えたので、EnglishCentralを続けて先輩のような上級者になるのが目標です。

まとめ

英語は専用の教材も良いですが、やっぱり実際に使われている会話を理解するのが良いと改めて思いました。

教材だとテンプレートというか、応用が難しいんですよね。

私もそうだったのですが、英語が苦手な人は、テンプレートの発音や文法のみになってしまうので、現場で苦労するのかなと。

その点EnglishCentralは自然な会話の詰まった動画があります。

また自分が好きな分野から始められること、解らない点を繰り返し復習できるなど、型に囚われない学習ができてストレスもないんです。

自分が進めやすい環境を構築できるEnglishCentralで、英会話スキルを手に入れちゃいましょう。

まずは↓本当に自分に合うのか、無料体験してみてください。
>>100%コミット英会話【englishcentral】<<