リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチの違いを比較してみました

どちらも目元や口元へのマイクロニードルのヒアルロン酸パッチですね。

メリット、デメリット、全成分の違いや価格などから選び方を探ってみましたよ。

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチの違い比較と選び方は?

今、世間では、マイクロニードル技術を用いた美容パッチシートが注目されていますよね。

マイクロニードルは、医療業界でも使用されている実績のある手法で、美容クリニックや皮膚科でも使われていたりします。

そんなマイクロニードル付きの美容パッチシートですが、最近では色々なメーカーから発売されるようになってきました。

その中でも特に人気なのが、今回ご紹介するリンクルスポットマスクとヒアロディープパッチです。

さて、この2つ、結局どちらがオススメなのでしょうか。

オススメといっても、価格、配合成分、シート構造などによってメリット、デメリットなどがあると思います。

そこで今回は、この2つのパッチシートの違いを比較してみましたのでご紹介しましょう。

リンクルスポットマスクのメリットとデメリットは?

メリットデメリット

まずはリンクルスポットマスクのメリットとデメリットについてみてみましょう。

リンクルスポットマスクのメリット

・マイクロニードルの本数が1300本、ニードルの長さは0.25ミリなので、しっかり角質層まで浸透させることが可能

・ヒアロディープパッチより初回の価格が安い

森 水絵森 水絵

ニードルの本数が多く長さが長いことと、初回価格が安いのがリンクルスポットマスクの大きなメリットですね。

リンクルスポットマスクのデメリット

・ヒアロディープパッチより美容成分が少ない

・返金保証制度がない

森 水絵森 水絵

返金保証無しと美容成分が少ないのが、リンクルスポットマスクのデメリットです。

メリットとデメリットのまとめ

リンクルスポットマスクは、シンプルな成分配合なので、物足りないかなと思われるかもしれません。

でも、角質層までお肌に必要な保湿成分をしっかり届けることができそうなのは、ニードルの本数や長さを考えるとリンクルスポットマスクです。

だから、リンクルスポットマスクが潤い重視の人にはより効果的と感じました。
リンクルスポットマスクの口コミ!目元や口元の小じわケアに良い?

ヒアロディープパッチのメリットとデメリットは何?

メリットデメリット

次にヒアロディープパッチのメリットとデメリットについてもチェックしました。

ヒアロディープパッチのメリット

・リンクルスポットマスクよりも美容成分が多く配合されている

・アミノ酸やプラセンタが配合されているのでエイジングケアと美白ケアが可能

・返金保証制度があるので気軽に試しやすい

森 水絵森 水絵

美容成分が豊富なのとシワやたるみ対策だけでなく、くすみやクマなどの美白ケアもできる事、返金保証付きが、ヒアロディープパッチの大きなメリットですね。

ヒアロディープパッチのデメリット

・ヒアロディープパッチのマイクロニードルの本数は750本、ニードルの長さは0.2ミリ。

森 水絵森 水絵

ヒアロディープパッチは、リンクルスポットマスクに比べるとマイクロニードル本数が少なめで長さも短いのがデメリットですね。

メリットとデメリットのまとめ

ヒアロディープパッチは、美容成分が豊富な事、美白ケアまでできる事、返金保証付きで、安心して試せるのが良いですね。

デメリットもリンクルスポットマスクと比べると本数も少なめで長さも短いのですが、その他の類似商品より多くて長いので標準だと感じます。

森 水絵森 水絵

私は美白も兼ねたいのでヒアロディープパッチを使っています。
たるみだけでなく目元のクマ対策にも人気です。
ヒアロディープパッチは目の下たるみケアにも優れているの?

なお、個人差はありますが、リンクルスポットマスクは、マイクロニードルの本数が1300本、ニードルの長さは0.25ミリなので、角質層まで浸透しやすいのはリンクルスポットマスクの可能性が高いと言えます。

リンクルスポットマスクは乾燥による小ジワやたるみのケアがしっかり実感できそうですね。
リンクルスポットマスクの口コミ!目元や口元の小じわケアに良い?

全成分を徹底比較チェック!

全成分

どちらが良いか比較するならやっぱり成分や価格ですよね。

ここではリンクルスポットマスクとヒアロディープパッチ、それぞれに使われている全成分をご紹介し、比較してみたいと思います。

<リンクルスポットマスクの全成分>

加水分解ヒアルロン酸/加水分解コラーゲン/ポリペプチド&3種のペプチド/ハナスゲ根エキス

以上です。

続いて、ヒアロディープパッチの全成分をご紹介します。

<ヒアロディープパッチの全成分>

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

以上がヒアロディープパッチの全成分です。

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチ両者を比較すると、ヒアルロン酸、ペプチドなどが入っているところが共通点で、これが潤いを与えてくれる役割をしています。

ただ、配合されている成分を見ると、明らかにヒアロディープパッチの方が多種類です。

プラセンタエキスなどエイジングサインにお悩みの方にもオススメの成分が配合されているところがヒアロディープパッチの特徴でメリットです。

だから、トータルでエイジングケアをしたい方にヒアロディープパッチは向いていますね。

一方、リンクルスポットマスクは、弾力やハリを与えてくれるコラーゲン、ふっくら弾力とハリを与えてくれるハスナゲエキスが配合されていますよね。

だから、どちらかというと乾燥による小ジワ、たるみケアとなります。

乾燥が気になる方にリンクルスポットマスクは特に効果的です。

目尻のしわ対策に良いのは、どちら?

どちら?

目尻のシワ対策には、どちらも甲乙つけがたいくらいオススメです。

深めのシワが何本もあり気になっているならリンクルスポットマスクの方がニードルの本数が多いので効果的です。

年齢的にまだ30代、40代前半の人や50代でも深いシワが少なくて乾燥が原因の目尻のシワでしたらヒアロディープパッチがオススメです。

目元のクマ対策に良いのは、どちら?

目元のクマ対策にオススメなのは、ヒアロディープパッチです。

美白の王様、プラセンタエキスが配合されているパッチシートですので、目元のクマ対策にピッタリですよ。

プラセンタエキスはリンクルスポットマスクには入っていません。

美白しながらシワ対策、たるみ対策をしたいなら、ヒアロディープパッチがベストな選択です。
ヒアロディープパッチは目元のクマに効果!は本当か嘘か?

ほうれい線や口元のたるみケアに良いのは、どちら?

ほうれい線や口元のたるみケアにおすすめなのは、ヒアロディープパッチです。

もちろん、リンクルスポットマスクでも効果がないわけではありませんが、

どちらかというとリンクルスポットマスクよりもヒアロディープパッチの方が細身でカーブがあるので、ほうれい線や口元にもフィットしやすいからです。

また、ヒアロディープパッチの公式サイトにもほうれい線にパッチを貼っている写真が出ていますのでオススメの使い方だと言えるでしょう。

詳しくは→お得なヒアロディープパッチ公式サイト

ゴルゴラインやマリオネットラインに良いのは、どちら?

ゴルゴラインやマリオネットラインにおススメなのはどちらでしょうか。

シワの深さにもよりますが、概ね、表面積が大きいのがゴルゴラインのたるみやシワですので、こちらはリンクルスポットマスクがおすすめです。

マイクロニードルの本数が多くニードルの長さもヒアロディープパッチより長いです。

だからお顔の中でも肉厚な頬に近いゴルゴラインには、リンクルスポットマスクは適していると考えられます。
詳しくは→【最新マイクロニードル技術】乾燥による小じわに集中ケア!リンクルスポットマスク

一方、マリオネットラインは、リンクルスポットマスク、ヒアロディープパッチ、どちらをお使いいただいても大丈夫です。

口コミではヒアロディープパッチをマリオネットラインに使用されている方が多くみられましたが、お好みで選ばれると良いですよ。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質でも使えるのは、どちら?

敏感肌でも?

リンクルスポットマスクもヒアロディープパッチも、特にアレルギーが出そうな成分は入っていないので多くの方が問題なくお使いいただけます。

ただ、絶対にアレルギーが出ないとはここでは言えません。

だから、過去に化粧品でかぶれた経験のある方、アレルギーをお持ちの方は先ほどご紹介した全成分のチェックしていただき、問題のある成分が入っていないかご確認の上、ご使用くださいね。

また、慎重な方でしたら、腕や足など目立たない部分にパッチテストをされて問題がないことを確認してからお顔に貼るようにしてくださると安心かと思います。

妊娠中・授乳中・生理中も使えるのは、どちら?

妊娠中授乳中でも?

リンクルスポットマスクもヒアロディープパッチも妊娠中、授乳中、生理中の方でもお使いいただけます。

ただ、これらの時期は、女性ホルモンのバランスが乱れる時期なので、お肌が敏感になっている場合があり、新しい化粧品を使うとヒリヒリを感じる方もおられます。

したがって、できれば生理中の場合は生理後に使用開始されるのがオススメです。

妊娠中、授乳中の方は、育児が落ち着いてから使用されても良いです。

妊娠中、授乳中の時期にどうしても使いたい場合は、腕や足などでパッチテストをされてから使用されるのが安心ですね。

パッチテストをすると、1回分損した気持ちになってしまいますが、お肌が荒れてしまってからでは後悔しても遅いので、化粧品でお肌が荒れたことのある方や敏感肌の方は、パッチテストをしてみてくださいね。

使い方の違いと使いやすいのは、どちら?

使い方

リンクルスポットマスクもヒアロディープパッチもマイクロニードルを使用した同じタイプの美容パッチシートなので、基本的に使い方は同じです。

寝る前に貼り、翌朝剥がします。

洗顔後に化粧水や乳液でお肌を整え、シートの透明フィルムを剥がし、狙った部位に貼るだけです。

この際にニードルがある中央部分に手が触れないように注意してシートをはがすのがポイントです。

あとは、空気が入らないように優しく丁寧に指で密着させていきます。

どちらもそんなに使いやすさに違いはありません。

ただヒアロディープパッチよりも、リンクルスポットマスクの方が面積は大きいので貼りやすいかもしれません。

価格・解約・返金保証から見た違いは?

返金

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチは、成分の違いも大切ですが、価格や肌に合わなかった時の返品可否、解約のしやすさなども大切ですので比較してみましょう。

リンクルスポットマスクの価格・解約・返金保証

リンクルスポットマスクの定価は5480円ですが、初回限定価格で2740円(税抜)、定期コースでこの価格です。

リンクルスポットマスクは、送料無料で2回目以降も定価の10%オフの4932円(税抜き)で継続購入が可能です。

また、リンクルスポットマスクは、まとめ買いするほどお得になるコースもあります。

あと、今だけのようですが、初回限定価格からさらに500円オフで購入可能なキャンペーンを実施中です。

そして定期コースというとずっと継続しないといけないような気がしますが、最低購入回数に縛りがないので、いつでも休止&解約ができます。

ただし、次回発送の何日前ならストップできるかなどが記載がありませんので、やめたい場合は早めに解約の電話をしましょう。

また、今のところ、返金保証制度がありませんのでご注意ください。

このリンクルスポットマスクのお得なキャンペーンの定期コースは公式サイト限定です。
だからリンクルスポットマスクを購入するなら公式サイトがコスパもよくお得です。
詳しくは→【最新マイクロニードル技術】乾燥による小じわに集中ケア!リンクルスポットマスク

ヒアロディープパッチの価格・解約・返金保証

ヒアロディープパッチの通常定価は、4422円(税抜)ですが公式サイトで購入すれば、初回限定で3980円です。(お試し1ヶ月分)

定期コース2回目以降も同じ価格(定価の10%オフ)でずっと購入を継続できます。

また、お肌に合わない場合は、全額返金保証制度もあるので安心です。

15日以上使用してから返品返金を決められるので肌に合わないかどうかじっくり試せるのがポイントです。

お試しコースなら、いつでも解約も可能です。

もちろん、使ってすぐに肌に合わなかった場合は15日以内に返品しても構いませんので安心してくださいね。

詳しくは→お得なヒアロディープパッチ公式サイト

比較してみると・・

返金保証制度があるのと、最初の価格は少し高くても継続で安くなるのでヒアロディープパッチの方が魅力的です。

ただお肌にトラブルがあまりないタイプの方でしたら、最初の価格が安くて試しやすいリンクルスポットマスクも良いかもと思いました。

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチ選び方のコツとまとめ

まとめ

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチの比較や選び方のコツなどをご紹介してきました。

色々な成分が入っていてマイクロニードルでトータルビューティーケアがしたいならヒアロディープパッチに軍配が上がりますね。

初回のコストをできるだけ抑えつつ美容クリニックでも使われているマイクロニードルを手軽に試したいという方にはリンクルスポットマスクがオススメです。

森 水絵森 水絵

個人的には、成分面でヒアロディープパッチの方が美容成分は豊富なので使用しています。

実際にシワも薄くなって目元も口元もふっくらしてきていますよ。

どちらも魅力的で、かなり迷う人も多そうですね。

ヒアロディープパッチは返金保証制度がありますからお肌が弱い方にはとても助かります。

リンクルスポットマスクは、グローバル特許を取得していて安心なのも初心者には嬉しいですよね。

友人にも、どちらを選びたいかを聞いてみました。

すると、以下のような回答でしたよ。

春 まりん春 まりん

私なら、数ヶ月〜半年くらいリンクルスポットマスクで様子を見てみて、物足りないようなら、ヒアロディープパッチに変えてみようかなと思います。

このように私と友人とで最初の選び方が異なりました。

リンクルスポットマスクとヒアロディープパッチ、自分の悩みに応じて選ぶと良いです。

最後に簡単な選び方を書きます。
シワがそれほど深くなく、美白やエイジングケアも兼ねたい人、敏感肌なので返金保証も欲しい人は、ヒアロディープパッチからどうぞ。

詳しくは→お得なヒアロディープパッチ公式サイト

深いシワが気になる人や潤いがしっかり中まで浸透して欲しい人、初回が安い方が試しやすい人は、リンクルスポットマスクからどうぞ。
詳しくは→【最新マイクロニードル技術】乾燥による小じわに集中ケア!リンクルスポットマスク