レバリズムーL

森

レバリズム-Lの口コミ効果やコスパを評価します。

肝臓の値が気になる人にレバリズム-Lが人気の噂は本当でしょうか?

夏といえばビアガーデン!冬はクリスマスに忘年会に新年会という人も多いことでしょう。

1年中、いろんな場面でお酒を飲む機会も増えてきます。

しかしたくさん飲んでしまえば、気になるのが翌日の二日酔いや肝臓への負担

健康診断が迫っていたり、通院している方にとっては戦々恐々かもしれませんね。

肝臓の値への対策は誰しもが考えることですが、なかなか実行しにくいのもまた事実。

なぜならベストは禁酒なのですから。

少なくともお酒の量を減らすなど、普段より控えるのが良いのは言うまでもありません。

でも、この美味しい時期に?

周囲が楽しく飲んで騒いでいるのに自分だけ?

そう考えてしまうと、辞めることは余計に難しいでしょう。

もし、お酒をやめずにケアもできる方法があれば、活用したいですよね。

もちろんその方法だけに頼るのではなく、できる範囲で抑えることも大切ですが、禁酒を延々と続けるだけよりは魅力的。

その方法とは、レバリズム-Lというサプリを飲むことです。
詳しくは→レバリズム

レバリズム-Lはサプリなので、1日の目安量を飲み続けるだけという手軽さもありますね。

果たしてレバリズム-Lとはどんなサプリで、なぜ肝臓の値対策に良いのか、その秘密を探ってみました。


レバリズム-Lとは?一番の特徴や効果は何?


レバリズム-Lは、肝臓の値対策のためのサプリです。

レバリズム-Lの素材は国内産にこだわり、しじみや牡蠣、サメから得られるスクワレンなどを配合。

成分重視を謳っているのもレバリズム-Lが人気の理由です。

肝臓というとアルコールに関わる悩みというイメージですが、肝臓はアルコール以外の毒素も解毒してくれますし、エネルギー代謝、脂肪の分解に役立つ胆汁の生成など、お酒を飲まない人にも欠かせない器官。

ゆえにお酒の付き合いに悩んでいる方だけでなく、健康自体を目的としてレバリズム-Lを利用することもできます。

レバリズム-Lの口コミや噂に嘘はない?

実際にレバリズム-Lを利用している方の中にも、アルコール以外の目的を持っている人は多いです。

ここではそのレバリズム-Lの口コミの一部を見てみましょう。

・レバリズム-Lを飲んだ翌日は、前日のアルコールがスッキリ抜けてくれるので快適に過ごせる。

・家事など、ちょっとした動作でもつぐ疲れやすくなっていたが、レバリズム-Lを飲み始めてから動きやすくなった。

・食事の量が減り、そのせいか毎朝だるさを抱えていたが、最近は食欲も元に戻ってよく食べられるようになった。

・体が丈夫になったのか、多少であれば、不規則な生活になってしまっても元気で活動できるのが嬉しい。

・お酒が好きなのに健康のために控えなくてはならない、そんなストレスから解放してもらえた。

レバリズム-Lの公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→レバリズム

【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

アルコールの悩みは、目下のところ、辞めるのが1番の肝臓ケアです。

しかし大好きな人や、付き合いなどで飲まなくてはいけない場合もありますね。

レバリズム-Lはそんな辞められない悩みのサポートにも良いようです。

加えて二日酔いや朝のだるさなど、モヤモヤしてしまう毎日の対処としてもレバリズム-Lはおすすめ。

ちなみに口コミの年齢層は40代の方が中心でしたが、健康目的という側面もあってか、80代の方もレバリズム-Lを利用しています。

肝臓の数値が気になる人に人気なのはなぜ?

肝臓に関しては、健康診断などで機能の数値を注意されたことがある人もいるでしょう。

レバリズム-Lはそんな人の肝臓の値対策サプリとしても人気です。

理由は上でも少し触れた、牡蠣やしじみと言った素材。

まず牡蠣は、岡山県産のものを採用しており、中でもタウリンという成分が肝臓に良いと言われます。
牡蠣

タウリンは肝臓が持つ解毒の力を高めてくれ、アルコールはもとより有害とされるミネラルの分解・除去をサポート。

加えて肝臓内の中性脂肪の除去も行ってくれます。

海のミルクと呼ばれ、牡蠣自体に栄養が豊富であることも魅力ですね。

一方しじみは、静岡県産のものを採用。
しじみ

アミノ酸の1種であるオルニチンを含んでおり、タウリンと同様解毒作用を助けてくれます。

特にアンモニアの分解にはおすすめの成分で、含有量はほかの食材と比べてみても随一です。

またしじみには、オルニチン以外にもアミノ酸が豊富に含まれており、必須アミノ酸は9種類全部が揃っています。

いずれも体内での生成ができず、加えて1つ不足しただけで、残りの効果も下がってしまうとされる必須アミノ酸。

きちんと摂れていないと感じている人にも、レバリズム-Lはおすすめのサプリと言えますね。

レバリズム-Lの全成分や材料から見た!牡蠣としじみ以外に含まれるのは?

レバリズム-Lに含まれているのは、貝2種類だけではありません。

例えばスクワレン

主にアイザメから得られる成分で、レバリズム-Lでは千葉県産のものが使われています。

酸素と結合する性質を活かし、肝臓に酸素を運搬するのが役目。

それによって新陳代謝や免疫力のアップが見込めます。

スクワレン自体は体内に存在する成分ですが、加齢などで失われがちであるため、適宜外からの補給が必要。

ビタミンやミネラルのように普段意識しやすい成分ではありませんから、摂取している方も少ないでしょう。

普段得られない成分を補給できる点からも、レバリズム-Lで良い効果が感じられるのが伝わってきますね。

加えてレバリズム-Lには、シスチンやビタミンB2及びEも配合。

シスチンは解毒効果のサポート、ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変換、ビタミンEは肝臓の活動を助ける力を持っています。

一方シスチンなら美白など、美容面でも活躍しているのがこれら成分の特徴。

普段のスキンケアでは最近対処が追いつかなくなっている、そんな人にもおすすめです。

以下に全成分も記載します。
レバリズム-Lの全成分(原材料):
L-シスチン 80mg、ビタミンB 0.8mg、ビタミンE 8.0mg、牡蠣エキス末 10mg、シジミエキス末 10mg、スクワレン 10mg、サフラワー油 151.2mg、ミツロウ 18.0mg、グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→レバリズム
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

副作用や相互作用の心配は?

国産かつ天然の成分ということで、レバリズム-Lには特別副作用は確認されていません。

しじみに至っては育つ際に関わる水まで、天然の湧水を使っている徹底ぶり。

水の中の成分を自身の内側に含んでしまうのがしじみの特徴なので、水からこだわっているんですね。

また製造に関しても国内で行い、第三者機関で130の項目チェックを実施。

レバリズム-Lでは、クリアした製品のみが販売されているのも特徴です。

ゆえに薬を飲んでいる方でもレバリズム-Lは利用できます。

もし心配な方は、事前にかかりつけ医に相談し、相互作用を引き起こす成分が含まれていないか念のため確認しましょう。

ちなみにレバリズム-Lの成分が肝臓ケアになるもの以外では、サフラワー油やミツロウ、グリセリン脂肪酸エステルも入っている点に注意。

おそらくレバリズム-Lのカプセルと言いますか、錠剤の表面の素材及び、固める際に使われている素材でしょう。

レバリズム-Lには、特別危険な成分はありませんが、もし化学系・天然問わずアレルギー体質で添加物NGという方は避けた方が良いかもしれません。

効果的な飲み方や実感できる継続期間は?

レバリズム-Lは1日3粒を目安に飲みます。

サプリなので特に指定の時間、タイミングで飲む必要はありません。

自分が続けやすいと思う時にレバリズム-Lを飲みましょう。

強いて言えば、アルコール対策を考えるならお酒を飲む前にレバリズム-Lを飲んでおくと良いですね。

レバリズム-L自体も消化してもらわなくてはいけませんから、直前よりも少し前、平日なら会社で仕事終わりのタイミングがおすすめ。

ほかの食事の消化や健康のためにレバリズム-Lを飲むのであれば、3粒あるので食事の前後に1粒ずつ飲むのもありです。

ちなみにレバリズム-Lは薬ではないので、特定の期間続ければもう安心、ということはありません。

サプリという意味では、概ね3ヶ月前後で、効果を感じやすいですが、タウリンやオルニチンなど、ケアに役立つ成分は半永久的に体内に留まるわけではありません。

ゆえにレバリズム-Lの効果を感じたなら、継続することをおすすめします。

特にお酒を嗜んでいる人や日頃不規則になりがちな人は、レバリズム-L無しで肝臓への負担ケアを考えるならば、やはりその生活態度を見直さなくてはいけません。

レバリズム-Lは妊娠中・授乳中でも飲める?

妊娠中や授乳中の方でも、レバリズム-Lは飲むことができます。

もし不安ならば、出産・卒乳後にレバリズム-Lを始めるという手もあります。

不安もあるけど気になる、使うべきか判断が揺れているようなら、前もってかかりつけ医にレバリズム-Lを飲んでもいいか相談しておくと、より安心できるでしょう。

レバリズム-Lは妊活中にも良い?

レバリズム-Lは妊娠前、妊活をしている人にもおすすめです。

というのも、メイン素材であるしじみには葉酸が含まれているため。

葉酸は、妊活のために良い成分として、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

葉酸は細胞分裂に役立つ成分で、赤ちゃんが成長しやすいようにサポートしてくれます。

また貧血のケアにも役立つため、プレママへにも良い効果が期待できます。

レバリズム-Lはしじみエキスという形で入っているため、飲むことで葉酸の摂取も可能なんですね。

男女とも飲める?何歳からOK?

先ほどから妊娠や授乳など、女性視点での話になっていますが、レバリズム-Lはもちろん男性でもOK。

葉酸はプレパパにも良いと言われますから、男性の妊活用としてもレバリズム-Lはおすすめです。

また口コミで80代の方が飲んでいるように、年齢にもレバリズム-Lは制限はありません。

カプセルを飲むことが可能なお子さんもレバリズム-Lを飲むことができるので、必須アミノ酸など、なかなか得られない栄養を補給するのに役立てましょう。

ただ高齢の方や幼いお子さんの場合、水があってもカプセルが飲みにくい、喉に詰まらせてしまうことがあります。

多めの水で1粒ずつ飲んだり、錠剤を飲みやすくしてくれるゼリーなどを活用して、対処してあげてください。

ただ子供の場合は、大人が飲む半分以下の量がいいと思います。

レバリズム-Lを子供にはじめて飲ませる場合は、1/3量の1粒からが安心ですね。
(大人が1日3粒なので)

どんな体質でも飲める?アトピーでもOK?

一方体質に関しては、アレルギー、特に原材料に中にアレルゲンとなる成分がなければレバリズム-LはOKです。

もし診断したことがない素材がある、完全に無いと断言できないようなら、かかりつけ医にレバリズム-Lを飲んで良いかどうかの相談をしましょう。

レバリズム-Lの販売店情報!ドラッグストア(薬局)でも市販?

さて中身の魅力が分かったところで、いよいよレバリズム-Lの購入です。

レバリズム-Lは健康アイテムなので、可能なら直接製品を確認したいもの。

まずはドラッグストアなどの店舗でレバリズム-Lが販売されているかを見てみました。

結果は残念ながら、どこのドラッグストア(薬局)もレバリズム-Lは無し。

レバリズム-Lは通販で入手するしかなさそうです。

楽天・アマゾンでも買える?通販でのコスパや最安値はどこ?

一方通販ですが、インターネットサイトではメーカー公式のほか、楽天市場、Amazon、そしてYahoo!ショッピングでレバリズム-Lを確認できました。

まずレバリズム-Lの公式サイトですが、単品での販売のほか、定期購入が利用出来ます。

どちらも送料は無料。

レバリズム-Lの定期の場合、初回は税込980円で試ることができ、2回目以降も定価の33%オフになっています。

ただし送料無料はメール便などのポスト配達のみ。

レバリズム-Lを直接受け取る宅配便として利用したい場合は、送料が別途かかります。

ちなみにレバリズム-Lの公式サイトでの定期購入は、解約はいつでも可能

ただし次回発送日の10日前までに、メーカーへ電話連絡をすることが条件です。

場合によっては発送前であったなら9日前より後でも対応してくれたり、問い合わせフォームなどからの連絡でも応じてくれるケースがあるようですが、確実ではないようす。

基本的には、上記のルールを守ってくださいね。

一方楽天ほか各モールサイトですが、特にAmazonやYahoo!において、単品で定価より大幅にコストダウンしている店舗が目立ちます。

定期ではないため逐一注文しなくてはいけませんが、公式サイトにおける33%オフより安く、かつ送料無料であることも。

初回分に限っては公式サイトの割引が最安値です。
ただ2回目以降で比べるとYahoo!やAmazonの方が安いところもあるようです。

ただしぱっと見た限りでは、メーカーによる出店は確認できませんでした。

公式サイトによると、販売業者名は株式会社Bella Pelleとなっています。
そうでない店舗の場合、全てとは言い切れませんが、品質に劣化や偽物が届くリスクもあることは覚えておきましょう。

つまり安心できてコスパもよく最安値でレバリズム-Lを買えるのは公式サイトといえます。
詳しくは公式サイト→レバリズム

レバリズム-Lの魅力まとめ

レバリズム-Lは、タウリンやオルニチンなど、肝臓の値対策に役立つ成分が入ったサプリ。

アルコールなどの分解だけでなく、代謝や脂肪のエネルギーかと言った側面もある肝臓をケアするので、健康に気を使いたい人にもレバリズム-Lはおすすめです。

国内産で、主要な素材に関しては産地も明記しているなど、品質へのこだわりもあり、安心しやすいのもレバリズム-Lの魅力。

お酒を飲む機会が増えたら、レバリズム-Lでより元気な肝臓を維持し、乗り切りましょう。

詳しくは公式サイト→レバリズム