森 水絵森 水絵

肝機能の値対策で人気のレバリズム-Lと白井田七(しらいでんしち)の違いを比較します。

レバリズム-Lと白井田七の選び方のコツは何でしょうか?

昨今は熱中症の話題でもちきりですね。

そうでなくとも夏バテや夏風邪と、体調不良かと悩んでいる人も多いと思います。

しかしその原因は、夏の高気温だけなのでしょうか?

肝機能の低下や更年期など、もともとある悩みが夏特有のトラブルとして表に出てきた可能性もあるんです。

自覚していなかった人も、なかなか解決しないと思っているなら、改めて目を向けてみましょう。

無論、それらの悩みも含めて、さっさと対処してしまえば解決ではあります。

ですがなかなかできないのも事実。

薬や通院などの方法を除けば、大半がバランスのとれた栄養に適度な運動など、生活習慣の見直しを促すものばかり。

残業続きの仕事や、お子さんが生まれたばかりで寝るまもなく育児をしている人は、対処する暇もないでしょう。

健康診断などで注意を促され、自覚がある人でもそれは同じです。

もしどうにかしたいと悩んでいるなら、サプリに頼ってみるのも1つの手。

サプリなら基本的に、1日に必要な分を飲むだけで済みますから、忙しい人でも継続しやすく、効果も期待できるんです。

実際に利用されている方も多く、特に今回のような体内のトラブルに対しては、レバリズム-Lと白井田七の2つが人気。

ただこの2つは厳密には成分や伴う効果に違いがあるので、利用する前にどちらが適しているかを見極めなくてはいけません。

どちらがどんな人に向いているのかを、さっそく見てみましょう。

レバリズム-Lの口コミは、いかが?

レバリズムーL
まずはレバリズム-Lの評判や口コミ、感想から見てみましょう。

疲れにくくなり、お酒を飲んだ日の翌朝も目覚めが快適になった、

・食事など、普段の生活では難しい成分が得られるので気に入っている。

二日酔いに悩むことが減り、翌日が平日で出勤でも平気に。

・肝臓の機能が好調になったのか、食欲もわくようになった。

・以前に比べて体を動かしやすいし、積極的に動きたいと思えるようになった。

公式サイトより引用
詳しくは→レバリズム
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

レバリズム-Lの口コミでやはり目立つのは、アルコールに関する意見ですね。

お酒好きな方にとっては、平日でも晩酌はしたいもの。

しかし二日酔いや、それほどでなくても気分が落ち込むなど翌朝に響くデメリットもあります。

レバリズム-Lはそんな悩みケアとしてもおすすめなんですね。

またレバリズム-Lの口コミで肝臓のケアによって健康に近づいたことで、食欲や運動もしやすくなってという声もありました。

食事では得にくい栄養も多い、レバリズム-Lならではの効果と言えます。

白井田七(しらいでんしち)の口コミは、いかが?


一方白井田七の口コミ評判や感想はどうでしょうか。

栄養がしっかり得られるので、多少好物を優先しても良いのは嬉しい。

・外食など、食事を適当に済ませてしまう自分のメンテナンス役になってもらっている。

・以前は気持ちがあっても行動に移すほどのパワーがなかったけれど、白井田七を飲み始めてから行動しやすくなった。

・ほかの滋養強壮剤のような、刺激の強い素材が入っていないので飲みやすい

・健康診断で様々な項目に注意を促されるようになっていたが、白井田七のおかげで調子が良くなっている。

公式サイトより引用

詳しくは→白井田七公式サイト


【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

白井田七も調子が良い、元気になれると言った口コミが目立ちますね。

また白井田七は素材がシンプルゆえ、滋養強壮に良いとされるほかのサプリや薬に比べて飲みやすいという意見もありました。

口コミの比較でわかることは?

両者の意見を比べてみると、白井田七とレバリズム-Lに共通しているのは行動しやすくなるという点です。

不調はもちろん、年齢などの理由で以前のようなパワーやスピードが無いと感じているなら、どちらもおすすめかもしれませんね。

違いとしては、白井田七は肝臓のトラブルに限っていない点でしょう。

もちろん肝臓にも良いと評価も高いです。
白井田七(しらいでんしち)は肝臓にも効果?肝機能サプリなの?

健康診断の口コミでは、肝臓だけが注意というわけではないので、ほかの部位に悩みを抱えている方にも白井田七は、おすすめ。

例えば血糖値の悩み、更年期の悩み、貧血や高血圧、ダイエットなど幅広く対策できるのが白井田七です。

白井田七は食欲が減ったというよりも、甘味や外食中心のように、食事が偏っている人が利用しているイメージですね。

糖対策にも白井田七は、人気です。
白井田七(しらいでんしち)が糖尿病ケアに良いと評判なのは本当?

一方レバリズム-Lは、不調の原因がお酒、あるいは食欲が減った人に向いています。

肝臓に負担がかかる生活をしているかもという自覚がある人は、レバリズム-Lがいいです。
レバリズム-Lの口コミ効果やコスパを評価!肝臓の値が気になる人に人気は本当?

全成分(原材料)の比較でわかることは?

口コミでもいくつか向いている例を挙げてみましたが、改めて成分の違いを見てみましょう。

まずレバリズム-Lはメインとしてしじみエキス、牡蠣エキス、スクワレンがあります。

いずれも肝臓ケアを目的として含まれており、しじみであれば肝臓の解毒をサポートするオルニチンを始め、アミノ酸が豊富。

必須アミノ酸を全種類含んでいるのも魅力です。

牡蠣の場合はタウリンによって、解毒を助けるだけでなく中性脂肪を排出してくれます。

最後のスクワレンは、肝臓に酸素を運搬するのが役目。

また免疫や新陳代謝の力を高めてくれます。

そのほか、シスチンやビタミンB2、ビタミンEなどを含んでおり、いずれも肝臓の負担を取り除いて、普段通りに活動させやすくしてくれる成分です。

一方白井田七は、素材で言えば田七人参のみ。

ほかは繋ぎとして、有機玄米が入っているだけなんです。

田七人参は、それだけでビタミンやミネラル、アミノ酸などを含んでいる食材。

サポニンやフラボノイドなど、体のエネルギー代謝やめぐりを助けてくれます。

成分を比較してみると、普段の生活でも欠かせないビタミンやミネラルなら、白井田七で補うのがおすすめ。

一方タウリンやオルニチンなど、ダイレクトで肝臓をケアしてくれる成分は、さすがの田七人参にもないようす。

ある程度普段の食生活で栄養をカバーできるなら、レバリズム-Lで肝臓をピンポイントに対策する方が良いでしょう。

レバリズム-Lと白井田七は、併用できる?その時の飲み方は?

レバリズム-Lも白井田七も、どちらも薬でなくサプリ。

成分同士が良くない作用を引き起こすこともないので、両方気になるならどちらも試して併用してみるのもおすすめです。

どちらもサプリである以上、続けやすいタイミングで行えばよいのですが、可能なら効果を発揮しやすいタイミングで飲んでみましょう。

例えばレバリズム-Lなら就寝直前、白井田七は空腹時です。

しかしレバリズム-Lは空腹時に飲むと胃に負担をかける可能性があるので、夕食は軽くでも良いからとりましょう。

白井田七は満腹時でもOKですが、お腹がすいているタイミングは栄養を欲しているタイミングでもあります。

飲んだ後で食事をするのは問題ないため、白井田七は食前と覚えておきましょう。

一方アミノ酸、特に必須アミノ酸はどちらからも得られるので、無駄なく効果を発揮してもらう意味で、時間差を作るのもおすすめ。

レバリズム-Lが就寝前ということを踏まえ、白井田七を朝食あるいは昼食前に飲むというスタイルです。

問題なければ、いずれかのタイミングで続けましょう。

ただどちらもアレルギーであれば、飲むことはできません。

レバリズム-Lと白井田七の併用が可能だからといって、一方にアレルギーの原因そなる素材が含まれているようなら、もう片方のみを利用しましょう。

肝臓の数値が気になる人に良いのはどちら?

両者のうち、肝臓のケアならやはりレバリズム-Lです。

含有成分のほとんどが肝臓のケアをサポートしてくれるものですから、肝機能の能力を普段通りに戻してくれると言い換えられます。

白井田七の場合は肝機能に直接働きかけてくれるというより、全身の健康を高める一環として肝臓も、というニュアンスですね。

血糖値が気になる人に良いサプリは、どちら?

続いて血糖値ですが、こちらは白井田七だけでなくレバリズム-Lもおすすめ。

どちらも血糖値を直接下げる働きはないのですが、全身のめぐりケアを行ってくれる白井田七はもちろん、レバリズム-Lで肝臓をサポートするのも、血糖値に良いんです。

特にレバリズム-Lの場合、牡蠣のタウリンによって肝臓内の中性脂肪を取り除く効果が魅力。

レバリズム-Lで脂肪肝になるリスクを下げてくれるので、インスリンへの抵抗も低くなり、血糖値も安定しやすくなります。

血糖値で中性脂肪と聞くと、太っている人が該当しやすいイメージですが、脂肪肝など内蔵に蓄積している場合は、外見は関係なし。

むしろ見た目で判断しづらい分、気づかないうちに当てはまっている人もいるので、痩せているけど血糖値で注意されたら、レバリズム-Lで肝臓のケアを行いましょう。

太っていて食べ過ぎなどで糖対策やダイエットもしたい人は、白井田七の方をどうぞ。

更年期対策に良いのは、どちら?

そして更年期対策なら白井田七

栄養バランスを整えてくれることもそうですが、サポニンやフラボノイドと言った、ポリフェノール成分での抗酸化が役立ってくれます。

抗酸化は文字通り酸化を防ぐ効果であり、体内の錆つき=老化を抑えることを意味します。

またサポニンには自律神経の乱れをケアしてくれる効果も持っており、体を若々しく維持してくれるだけでなく、原因不明のイライラのような、精神的なトラブルにもおすすめ。

更年期でのイライラ、どんよりなど悩んだら白井田七をどうぞ。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ効果やコスパを評価!更年期対策にも良い噂は本当?

妊娠中・授乳中・子供でも飲めるのは、どちら?

レバリズム-Lと白井田七はいずれも、妊娠中や授乳中のお母さんや幼いお子さんであっても飲むことが可能です。

普段より不足しがちな栄養補給用サプリとして、レバリズム-Lと白井田七を使うのもあり。

もし不安があるようならば、事前にかかりつけ医に相談しておけば、いざという時も対策しやすいです。

どちらも、始めは1日1粒からなど、少なめに利用して様子を見るのも1つの方法。

ただお子さんの年齢によっては錠剤がきちんと飲み込めない、なんてこともあるので、水を多めに用意してあげたり、固形の薬やサプリ用のゼリーで飲みやすくしてあげると良いでしょう。

価格や返金保証から見た違いは?

レバリズム-Lと白井田七のどちらかを選ぶ場合、コストも気になるところですよね。

いずれもメーカーがショッピングサイトを展開しているのですが、定価だけで比べるとレバリズム-Lの方が安いです。

白井田七は目安量として1ヶ月に2袋まで可能なので、2袋ペースで続ける人と比較すると、単品でも送料無料であるレバリズム-Lがよりお得に感じるかもしれません。

またいずれも定期コースが用意されており、送料無料及び定価からの割引があります。

こちらも金額を比べると、レバリズム-Lの方がお得。

レバリズム-Lは初回に限って980円で試せる特典があるからです。

しかもレバリズム-Lの2回目以降の定期コース用価格が、白井田七における初回特別価格よりも安くなっています。

提示されている金額は同じように見えますが、消費税の換算がレバリズム-Lは込み、白井田七は抜きで表示されているため、実際は白井田七の方が高いんですね。

それでいて白井田七は2回目以降少し高くなってしまうことを考えると、レバリズム-Lはかなりコスパが良いと言えます。

ただし白井田七であれば、15日以内の返金保証が用意されているのも特徴。

初回分に限ってではありますが、もし白井田七が合わないと思ったら、メーカーへ申請することで代金を返してもらえるんです。

レバリズム-Lは返金しない代わりに、大幅なコストダウンを実施していると言えるかもしれませんね。

ちなみにどちらも定期に関して、継続期間の条件はありません。

2回目を続けずに辞めることも可能なので、その点では、レバリズム-Lと白井田七どちらも試しやすいと言えます。

解約申請は、レバリズム-Lと白井田七どちらも次回発送の10日前までなので、忘れないようにしてください。

選び方のコツは?

レバリズム-Lと白井田七、どちらがどんな人に適しているのかをまとめると、まずレバリズム-Lは肝臓に悩みを抱えている人。

また血糖値について悩んでいるものの、脂肪肝のような内蔵に蓄積する脂肪へ不安がある人にレバリズム-Lは向いています。

一方コスパも良いので、白井田七とどちらも合いそうだけど値段も重視したい、そんな人にもレバリズム-Lは、おすすめです。

反対に白井田七は、肝臓に限定せず全身のだるさに悩んでいる人に向いています。

更年期や、肝臓以外の内蔵、肌の老化のような、抗酸化で対処しやすいトラブルにも白井田七は、良いでしょう。

加えてレバリズム-L以上に余計なものが入っていないので、天然の添加物であっても気にする、敏感な人にも白井田七は適しています。

そしてレバリズム-Lと白井田七は一緒に利用することも可能。

アミノ酸以外は、一方にしか含まれない成分も多いので、いずれも必要な悩みを抱えていたり、より多くの栄養をカバーしておきたい人におすすめです。

健康上の悩みがあるなら不規則な生活は改めるべきですが、時に送らざるを得ない状況もあります。

そんな時はレバリズム-Lや白井田七でサポートし、少しでもプラスの状況に持っていきましょう。

心身ともに快適な日々を取り戻してくださいね。

白井田七もレバリズム-Lも公式サイトで格安でコスパがよくなるキャンペーン中です。

気になる方を確認してみてくださいね。

肝臓だけでなく更年期や糖対策、生活習慣に関する悩みが深い人は、白井田七をどうぞ。

詳しくは→白井田七公式サイト

 

肝機能の値が特に気になる人や少しでも安い方がいい人は、レバリズム-Lをどうぞ。
詳しくは公式サイト→レバリズム