ぽっこりお腹

森 水絵森 水絵

胸下のぽっこりお腹の脂肪がすごいことになっている下腹部ダイエットの対策についてです。

今口コミで人気の加圧シャツ(加圧インナー)で胸から下へと出っ張ったお腹も引き締まるんでしょうか?

女性と男性で胸下のぽっこりお腹へのおすすめの加圧シャツ(加圧インナー)は違っていますよ。

胸から下のお腹のぽっこりって気になりますね。

下腹部だけならまだ内蔵の下垂という可能性も考えられますが、胸の直ぐ下から丸々と出っ張っているようでは、脂肪の可能性が高いでしょう。

女性の場合、妊婦さんに間違われこともあるかもしれません。

妊娠が本当なら嬉しいことですが、そうでない、ぽっこりお腹は自分にとってはもちろん、周囲にも気まずい思いをさせてしまいます。

ならばダイエットに励む…のは正しい選択と言えますが、膨れたお腹はなかなか戻ってくれないのも事実。

お腹のために運動をしたいと思っても、お腹のせいでたくさん運動できない、すぐに疲れてしまう、なんてこともありますよね。

かと言って食事制限をしてみても、必要な栄養だけを得るのは難しく、お腹はそのままで手足だけ細くなるのがオチ。

お腹を余計に目立たせてしまいます。

かと言って何もしないのでは結局変わりません。

もし、どうすれば良いか悩んでいるのなら、加圧シャツを着てみましょう。

名前のとおり体に圧力をかける服なのですが、着るだけで効果が出るとして今人気なんです。

加圧シャツ(加圧インナー)で運動をしなくてもダイエットできるなら便利ですよね。

もちろん加圧シャツを着ることでダイエットできるのにはちゃんと理由があります。

今回はその理由と男女別におすすめの加圧シャツを探ってみました。

加圧シャツ(加圧インナー)で無理なくダイエット

着ればダイエットになると評判の加圧シャツ(加圧インナー)

しかしゴムなどで強制的に締め付けて、着ている間だけ細く見せるわけではありません。

着ている間に体へ圧力をかけ、それを繰り返すことによって、将来的には加圧シャツを着用せずとも、引き締まったボディを手に入れることができるんです。

加圧シャツで引き締めるのはあくまで脂肪など余計なものだけ

内蔵に負担をかけることはないのも魅力です。

その秘密はスパンデックスという素材にありました。

スパンデックスはポリウレタンの一種で、強力な伸縮が可能。

加圧シャツと呼ばれる衣類に使われる素材の多くに含まれていますが、割合は全体の5%から20%しかないほど強いんです。

加圧シャツを選ぶ際は、スパンデックスの割合を比較しても良いでしょう。

加圧シャツが持つダイエット以外の効果とは?

また加圧シャツを着ることは体の代謝アップと言った効果も期待できるため、運動を行えばよりダイエットしやすくなります

運動は苦手な人が利用する方法というイメージもある加圧シャツですが、むしろ代謝のアップで疲れにくさもプラス。

ウォーキングやトレーニングマシーンなどでダイエットを目指す人も、普段より活動しやすく、エネルギー消費も大きくなりやすいんです。

さらに負担こそかけませんが、圧力がかかるのは内蔵に対しても同じ。

裏を返せば膨らみにくくなるため、食事量が普段より少なめでも満腹感を得ることがあります。

間食が多い方や、1度にたくさん食べてしまうなど、食事制限で痩せたい人にも加圧シャツは、おすすめです。

自分であれこれ我慢するのは苦痛ですが、そもそも一定量しか食べられないのであれば、ストレスも起こりにくくなります。

そしてコルセットのようにギュッと引き締める加圧シャツは、姿勢矯正のメリットも作っています。

猫背の人でも、簡単に体を曲げられない構造ですし、やがて筋力が付けば、筋肉自身がまっすぐの姿勢を保とうとしてくれます。

痩せてはいるけど姿勢が気になる、そんな人にも加圧シャツはおすすめです。

女性ならルミエール着るだけイージースリム

加圧シャツのうち、女性におすすめなのがルミエール着るだけイージースリムです。

正確にはルミエール着るだけイージースリムは、加圧シャツではなくブラトップ型の加圧インナー。

お腹周りはルミエール着るだけイージースリムの着圧によってくびれが期待でき、またゲルマニウムによる燃焼効果や、銀による消臭機能も備わっています。

着圧によって鍛えられるのは、お腹の側面にある腹斜筋

これは筋トレとしての腹筋運動では鍛えることが難しく、お腹がなかなか痩せられない原因でもあります。

毎日の生活でも機能する場面がないため、余計にケアが難しいんですね。

しかしルミエール着るだけイージースリムはインナーの構造を腹斜筋も鍛えられるように設計。

もちろんルミエール着るだけイージースリムは、正面の腹直筋も一緒に鍛えてくれます。

2箇所を1度にケアしてくれるのが、ルミエール着るだけイージースリムの魅力なんですね。

効果を出しやすいのは、ポリウレタンが全体の15%と、加圧シャツの中では高い割合で配合されているからでもあります。

残り85%はナイロンですが、見た目も着用前は、着られるのか不安なほど縮んでいるのがルミエール着るだけイージースリムの特徴。

その分ルミエール着るだけイージースリムを着た時に、しっかりと加圧してくれます。

ルミエール着るだけイージースリムもぽっこりお腹ケアだけじゃない

またルミエール着るだけイージースリムの構造では、ウエスト部分に特に圧力をかける仕組みになっているのもポイント。

ルミエール着るだけイージースリムでくびれができやすいのは、お腹周りを特に鍛えて細くしようとするからなんです。

もちろんルミエール着るだけイージースリムは、ほかの加圧シャツに共通するような姿勢矯正も可能

さらに女性に嬉しい効果として、バストをより際立たせる機能もルミエール着るだけイージースリムは持っています。

お腹をギュッと引き締めることで、バストがより大きく見えますし、背中やお腹など、胸以外の部分に溜まりやすい脂肪を、燃焼だけでなく胸へと流すようにもしてくれるんです。

個人差はあるかもしれませんが、ルミエール着るだけイージースリムはバストサイズの小ささで悩んでいる人にも、着用のメリットが生まれますね。

口コミでも人気ですね。
ルミエール着るだけイージースリムベストボディーインナーの効果に嘘はない?口コミ・素材・コスパの評価まとめ

夜も使いやすい取り外し可能パッド

ブラトップ型のルミエール着るだけイージースリムは、内部のパッドが取り外し可能になっています。

ゆえに昼はいつものブラジャーを着用し、ルミエール着るだけイージースリムはタンクトップ扱い、ブラでバストをしっかり固定できます。

夜はパッドをつけて、引き締めつつも寝苦しさを和らげることがルミエール着るだけイージースリムは可能なんです。

ちなみにサイズとカラーは2パターンずつ存在。

サイズはM-LとL-LL、カラーはです。

黒は内側が透けないので、ブラジャーを気にせずルミエール着るだけイージースリム自身をトップスとして着てもOK。

サイズに関しては、バストとウエストの2箇所から適したほうを選びますが、数値によってはどちらにも可というケースが出てきます。

その際はL-LLから始めるのがおすすめです。

ルミエール着るだけイージースリムのM-Lにしてしまうと、窮屈で着ると息苦しくなってしまい、無駄になってしまうことがあります。

ルミエール着るだけイージースリムは、多少大きいサイズでも引き締めは期待できますから、小さいサイズを追加するのは、慣れてからでも遅くはありません。

ルミエール着るだけイージースリムの正しい着用は下から

ブラトップ、タンクトップというと、普通の服と同じく上から被るように着用する方も多いでしょう。

しかしルミエール着るだけイージースリムの場合は下から

まず足を通し、腰から徐々に引っ張り上げてウエストまで持っていきます。

スパンデックスなどの繊維が傷つかないように、爪を立てずにゆっくり行ってください。

お尻部分が通りにくいこともあるので、不安な方はL-LLサイズから始めましょう。

またウエストや下腹部など、ルミエール着るだけイージースリムと位置を合わせるのも忘れずに。

バストも入れ、肩部分に腕を通したら完了ですが、最後に背中や脇下などにあるお肉を胸に持っていくようにするのがベスト。

前傾姿勢になると、重力も加わって胸にずらしやすくなるのでおすすめです。

1回着用したら洗濯のサイクルをこなせるまとめ買い推奨

また着用時の注意点として、ルミエール着るだけイージースリムは汗を吸い取ったまま放置してしまうと、生地が損傷しやすくなります。

インナーなので毎日換えるとは思いますが、疲れてそのまま寝てしまうことが多い、冬だから汗をかいてないと考える人は要注意です。

ただ換えるのは、交換できる分のルミエール着るだけイージースリムがあった場合の話。

ゆえに購入時は、予め複数枚を注文しておくことをおすすめします。

実は1度に複数購入すれば、ルミエール着るだけイージースリムの場合は割引してもらえるんです。

枚数が多いほど割引率も高くなり、最大は5枚。

またルミエール着るだけイージースリムは3枚以上からなら送料も無料になります。

男性にはsasuke(サスケ)

一方男性におすすめの加圧シャツがsasuke(サスケ)

sasuke(サスケ)は半袖Tシャツタイプで、カラーは白と黒の2種類が選べます。

sasuke(サスケ)の白は目立ちにくいインナーとしても、黒はTシャツとしてトップスに使っても良いですね。

sasuke(サスケ)は、体をいじめる、なんて言われるほど強力な加圧が特徴で、スパンデックスの配合率はなんと20%

10%未満でも加圧シャツとして機能している製品があることを考えると、sasuke(サスケ)が、体をいじめるほどというのも頷けますね。

さらにsasuke(サスケ)は、ただ着るだけでのシェイプアップはもちろん、筋トレなど運動のしやすさにも貢献。

ジムなどトレーニング・スポーツ用Tシャツとしてsasuke(サスケ)を使っている方もいます。

ルミエール着るだけイージースリムと同じく姿勢矯正もsasuke(サスケ)は可能です。

sasuke(サスケ)着用時の注意点

sasuke(サスケ)は初めて着用した時に苦しさを感じることも多いので、最初は長時間着続けようとせず、無理と感じたら脱ぐことを繰り返しましょう。

また現在病気やケガをしている方、過去に血行・血圧に関わる症状が出たことがある方は、念のためsasuke(サスケ)を着用してよいか、かかりつけ医に相談してください。

サイズもMとLの2パターンがありますが、sasuke(サスケ)は上記のようにとてもハードな加圧シャツ。

ML両方可能な方、Mでも大きい方であっても、最初はLでスタートし、余裕を感じられるようならMに切り替える方が良いかもしれません。

公式サイトでは身長と胸囲に合わせた目安だけでなく、体重も踏まえた早見表が提示されているので、選ぶ際の参考にしてください。

sasuke(サスケ)は女性も着用できる?

ブラトップで女性サイズのルミエール着るだけイージースリムは、男性の着用が難しい。

しかし逆なら…?と思った方はいるかもしれません。

実際のところ、sasuke(サスケ)は女性が着ることも理論上は可能です。

サイズも男性用でのMLなので、女性で普段Mを着ている方なら、Lサイズにはかなり余裕を感じられることも。

ゆえに気になるようならsasuke(サスケ)でダイエットするのもありですが、1つ気をつけて欲しい点があります。

それは、sasuke(サスケ)は、胸も締め付けているということ。

もともと男性用のsasuke(サスケ)は、胸の部分に膨らみを持たせる形状にはなっていません。

そのため女性がsasuke(サスケ)を着ると、バストサイズによってはサラシで押さえつけているように感じることもあるんです。

何より女性が着やすいようにと開発されたのがルミエール着るだけイージースリムです。

ですから女性はルミエール着るだけイージースリムを着用でのダイエットをおすすめします。

sasuke(サスケ)もまとめ買いでお得に

sasuke(サスケ)もまた、毎日着続けることで効果を発揮するアイテム。

ゆえに毎日洗濯する方でも、雨天時に乾かなかった場合など、予備として何枚か持っておきたいところです。

ルミエール着るだけイージースリムもそうですが、sasuke(サスケ)も1度に複数枚購入すると、割引が発生するので、利用しましょう。

最大の割引率は、sasuke(サスケ)は5枚以上

またsasuke(サスケ)3枚から送料無料になっている点も、ルミエール着るだけイージースリムと共通していますね。

加えてsasuke(サスケ)を注文する場合も、20歳未満の方は保護者の同意を得てから行ってください。

男性の胸から下のぽっこりお腹対策には、sasuke(サスケ)をどうぞ。
口コミでも人気です。
加圧シャツのsasuke(サスケ)に嘘はない? 口コミ・噂・材料・コスパを評価!

胸下のぽっこりお腹は加圧シャツで引き締まる?まとめ

加圧シャツは、スパンデックスと呼ばれる伸縮する繊維で、お腹を中心にボディを引き締めてくれます。

女性ならくびれ、男性はシックスパックを目指せ、メリハリボディを作れることが加圧シャツのポイント。

加圧シャツはただ着るだけでもOKなほど強力な締めつけであるため、最初のうちは無理をせず、大きめのサイズで始めたり、無理だと感じたら脱いで体をリラックスさせることも大事です。

ルミエール着るだけイージースリムやsasuke(サスケ)は、スパンデックスの配合率の高さはもとより、シンプルデザインでファッションに影響しにくいのも魅力。

購入時は洗濯の頻度に併せてまとめ買いをすることで、割引や送料無料などの特典が得られます。

ルミエール着るだけイージースリムやsasuke(サスケ)を着てお腹をスッキリさせ、引き締まった美ボディを手に入れてください。

女性で胸下のぽっこりお腹の脂肪がすごいから、どうにかしたい人は、ルミエール着るだけイージースリムをどうぞ。
詳しくは→お得な着るだけイージースリム公式サイト

 

男性で胸下のぽっこりお腹の脂肪がすごいから、どうにかしたい人は、sasuke(サスケ)をどうぞ。
詳しくは→お得なsasuke(サスケ)公式サイト