50代のシミとくすみがちな顔!スキンケアとメイクのコツは?

50代のシミとくすみがちな顔のスキンケアとメイクのコツについてリサーチしました。

50代になると、年齢肌や更年期などもあるせいか、様々な肌悩みを抱えやすいです。

とくにシミやくすみといった色素の問題は、すっぴんだけではなくメイクでも上手くカバーしきれないなどの悩みもありますね。

しかも50代の肌は、20代に比べてターンオーバーも長くなりがち。

しっかり悩み対策をしている方でも、悩みを解消できるまでにまた時間がかかってしまいます。

乾燥肌や敏感肌など、もともとの肌質も荒れやすいタイプであればなおさらです。

肌悩みを解消するまでの間、きちんとカバーするにはどんなメイクがよいのでしょう、また、少しでも早くケアする方法はないのでしょうか?

今回は、50代の肌におけるスキンケアやメイクの方法について探ってみました。

シミなどメイクにも一工夫必要な方や、ケアにおいて敏感肌など、肌質を考慮しなくてはいけない方でもできる方法を優先的にご紹介します。

50代は女性ホルモンが減って乾燥してシミとくすみがちな顔になりやすい

説明

50代で肌の乾燥が気になってシミとくすみがちな顔になりやすいのは、女性ホルモンが減ってしまうためです。

女性ホルモンは主に子宮で作られますが、閉経に向けて機能が緩やかになることで、女性ホルモンの分泌も少なくなってしまいます。

女性ホルモンを増やす工夫もしたいですね。

森 水絵森 水絵

美容サプリでもあり更年期対策にも良い高麗美人が女性ホルモン様作用もあり効果的だなと感じます。
高麗美人の口コミ噂に嘘は?副作用・飲み方・コスパを主婦が評価!

話を戻します。

以前は普通肌の方でも、常に潤いが足りない乾燥肌になったり、さらに肌荒れが進んで敏感肌になってしまうことも。

そこでまずは、潤い成分を中心としたスキンケアに切り替えましょう。

化粧水などの水分だけに頼るのではなく、美容成分として潤い・保湿関係が含まれているかチェックします。

成分ではヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどがおすすめ。

乾燥は、肌のバリア機能を低下させるため、シミやシワ、ハリのなさなど様々な肌トラブルのきっかけにもなってしまいます。

例えばシミであれば、紫外線予防や美白ケアを連想する方も多いでしょう。

しかし肌の潤い=保護機能を高めておかなければ、一時的にシミを薄くできても、再びできてしまう可能性は否めません。

紫外線対策は強すぎNG

注意点

もちろん、肌の潤いを徹底したからといって、紫外線対策を疎かにしていいということではありません。

毎日のケアの仕上げに日焼け止めを塗ったり、UV対策可能なメイクアイテムを使って新たなシミを防ぎましょう。

ただし、敏感肌や乾燥肌で刺激を受けやすくなっているのなら、日焼け止めなどに含まれるSPF及びPAの値には注意が必要です。

SPFは日焼けに繋がる紫外線B波、PAは肌そのものの荒れに関わる紫外線A波を防ぐことができ、数値が高い(PAは+の数が多い)ほど効果が高いとされます。

しかし効果の高さは、それだけ肌に負担をかけることと同義です。

特に敏感肌など刺激に弱い肌質の方は、ケア成分であっても負担を感じてしまいます。

50代敏感肌の方の目安としては、出回っている日焼け止めのうち、中間値であるSPF30及びPA+++ぐらいでOKです。

SPF30とPA+++でも負担を感じるなら、SPF20、PA++などさらに下げて様子を見ましょう。

そもそも日焼け止めは、こまめな塗り直しこそがベストの利用方法。

いたずらに数値の高さで選ぶのではなく、塗りやすさ・塗り直しやすさに重点を置いて選ぶのもおすすめです。

森 水絵森 水絵

日焼け止めは、色々ありますね。
この記事も参考にどうぞ。
敏感肌でも安心な日焼け止めの比較ランキングと選び方のコツ!

エイジングケアで不足しがちな成分を補おう

また年齢の観点から、エイジングケアを取り入れたスキンケアも大事です。

年齢肌や更年期による肌の荒れなど、50代であるからこそ生じやすい肌悩みもあります。

シミやくすみと個々の肌悩みに対応することも大事ですが、潤い同様に根本的な対処、ここでは年齢的なサインへのケアも必要です。

エイジングケアとしては、抗酸化が可能な成分のほか、肌に必要な成分をサポートする働きができるものがおすすめ。

例えばビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシンアミドなどが挙げられます。

ビタミンC誘導体は、肌の中でビタミンCに変わる物質で、不安定になりやすいビタミンCを損なうことなく肌に届けるのが特徴。

ビタミンC自体は、様々なケアに役立つ万能成分と言われていますが、エイジングケアにおいてはコラーゲンを生み出すサポートをしてくれます。

潤いのところで触れたように外からコラーゲンを与えるのも大事ですが、内側からしっかり作り出すことで、継続的な肌ケア・美肌の維持につなげることができます。

森 水絵森 水絵

ビタミンCが豊富で潤いアップで人気の美白オールインワンは、カナデルプレミアホワイトですね。
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

ビタミンC美容液で人気なのが、ナチュールシーです。
ビタミンC美容液ナチュールシーの口コミ効果!シミ・くすみ・シワなど年齢肌対策!

一方レチノールはビタミンAの一種

レチノールもビタミンC誘導体同様に、コラーゲン生成に役立つ成分です。

そしてナイアシンアミドは代謝、つまりターンオーバーをサポートします。

ナイアシンアミドにもコラーゲン生成の役割はありますが、加えてターンオーバーを本来のペースに近づけることが可能。

延びていたターンオーバーのサイクルが早まれば、その分ケアの変化を感じやすいです。

またシミやくすみに関るメラニンは、代謝によって徐々に皮膚の表層へと到達し、最終的に古い皮脂などと共に排出されるのが特徴。

美白成分などで薄めるだけでなく、ターンオーバーできちんと排出へと導いてあげるのも大切です。

メイクアイテムも潤いやエイジングケアで選ぶべし

ポイント

50代はメイクにおいても、シミなどのカバーだけでなく美容成分の有無を重視しましょう。

実はメイク中の肌が乾燥していることも、しっかりカバーできない、メイクしてもキメやツヤが感じられない一因です。

無論、スキンケアを潤い・エイジングケア中心に切り替えることである程度カバーすることは可能ですが、ターンオーバーが延びている関係で、即座に変化を感じられるとは限りません。

スキンケアをした直後は見た目にも整った肌だと感じられても、時間が経つともとに戻ってしまうことも多いです。

時間が経つとメイク崩れしやすい方は、該当している可能性大。

しかし潤いやエイジングケアを可能とする成分がメイクアイテムにも含まれていれば、メイク中もスキンケアを継続させられます。

スキンケアが持続すれば、その分メイクも崩れにくくなり、手直しの面倒も減りますね。

特にファンデーションなど、肌に直接触れるベースメイクに、美容成分は欲しいところ。

ファンデーションの潤いで肌をカバーすることによって、スキンケアの成分に蓋をする形となり、成分が外に逃げることなく肌に与え続けられるメリットも生まれます。

可能であればリキッド系ファンデーションでしっとりめに

50代の方がファンデーションを選ぶなら、テクスチャは液状に近いリキッド系、仕上がりがしっとりするタイプをおすすめします。

成分だけでなくファンデーションの形状自体も、水分と油分がきちんと含まれていることで、しっとりとツヤの感じられる仕上がりになるからです。

リキッド以外ではクリームなどもおすすめ。

反対にパウダーなど、乾燥をより煽るようなタイプはあまりおすすめできません。

オイリー肌でべたつきを解消したい、リキッドのテクスチャは苦手など、どうしてもという理由がなければリキッド系のファンデーションにしましょう。

またしっとりめでツヤ感のあるタイプのファンデーションは、くすみ対策にも役立ちます。

ツヤ感と異なるタイプにマットがありますが、マット感があまりに強いとくすみを強調させたり、シミは消せても全体的に老けた仕上がりになってしまうからです。

現在マット感にこだわってファンデーションを選んでいる方は、一旦ツヤ感の出せるファンデーションに切り替えて様子を見てください。

もしそれだけで印象が変わるようなら、マットさが老けメイクの原因と言えます。

明るいファンデーションは逆効果?

疑問

そして意外なところでは、ファンデーションの色や明るさにも注意。

くすみやシミ対策として、より明るめの肌色を選んでいる方は多いと思いますが、これも実はNGなんです。

ファンデーションは肌を覆うので、より明るい色でカバーしてしまえば濃いシミでも消せると考えがちですが、その明るさは、印象として顔を大きく見せている可能性もあります。

白い服だと大きく見えて、黒い服だとシュッとして見えるという話はご存じでしょうか?

メイクも同じで、明るめのファンデーションはその白さがかえって目立ち、顔を本来より大きく見せてしまいます。

むくんだような顔、太った顔というイメージを周囲に与えてしまい、別の意味で老け顔に。

また明るさという点では、真珠など光る成分を含んでいるファンデーションも注意してください。

顔を膨らんだように見せてしまうばかりか、肌の陰っている部分、たとえば毛穴などをより目立たせてしまうんです。

もしパール入りのファンデーションなどを使っていて、メイクでも毛穴が隠れないと感じたら、パール無しに変えるだけでも解消できるかもしれません。

崩れにくさは肌の敏感さと相談で

メイク直しの手間を省くという点では、メイクアイテム自体が崩れにくいと謳っているものを選ぶ手があります。

撥水や耐水などのウォータープルーフや皮脂ケア、成分ではシリコーン入りなどが該当します。

ただ崩れにくいメイクアイテムは、言い換えれば落としにくいシリーズでもあります。

ポイントメイク用などに代表される強力なクレンジングを使う、手でゴシゴシ擦るといった手段でオフすることになるため、敏感肌の方にはおすすめしません。

メイクアイテムというより、落とす過程で肌に刺激や負担を与えてしまうからです。

敏感肌の方は、上のように肌のツヤを維持するか、優しくオフできるアイテムの中で崩れにくいものを探しましょう。

新しいスキンケアを試す際は3か月の継続を

期間

50代はターンオーバーが延びがちという話を何度かしてきましたが、敏感肌の方でない、シミなどの肌悩みがないという方でも、20代の頃よりターンオーバーのスパンは長くなっています。

20代の頃は1か月程度で済んでいたものが、50代になると2か月、3か月に拡大。

肌悩みの程度によっては、それ以上の時間をかけてターンオーバーが完了するケースもあります。

ゆえに新しいスキンケアに切り替えた場合、効果の有無を判断するには、まず3か月の継続をおすすめします。

2か月ならまだしも、1か月未満の期間では、効果を感じなくても商品が自分に合わないとは断言できません。

新しいスキンケアを決める際は、成分などを確認するほか、3か月の継続がしやすいかも踏まえて選びましょう。

肌との相性チェックなら短期間のサンプル・トライアルもおすすめ

ポイント

スキンケア商品の多くはサンプルやトライアルセットを提供していますが、それらの目安量は1週間から1か月ほど。

50代の方が、肌の変化を感じるには短いです。

しかしサンプルセットでも、肌との相性をチェックできるメリットがあります。

特に敏感肌の方は、良い成分が含まれているスキンケアだからこそ、その良さが刺激と感じてしまうことも。

肌が刺激を感じるかどうかは、1回、多くても数回使えばわかります。

またデメリットとは逆に、自分が好みの香りやテクスチャであるか、メリットを確認することも可能です。

特に成分などが同じ複数の商品で迷っている場合、自分の好みで決めることも少なくないはず。

気になる商品を見つけたら、いきなり現品からスタートするのではなく、まずサンプルやトライアルセットがないか確認してみましょう。

50代のシミとくすみがちな顔!スキンケアとメイクのコツは?まとめ

まとめ

シミやくすみ対策というと、真っ先に美白を思い浮かべる方も多いかもしれません。

しかし50代という年齢を考えると、まずは潤いとエイジングケアに注目しましょう。

女性ホルモンの減少に伴い、50代の方は乾燥肌や敏感肌の方も少なくありません。

シミなどの肌荒れは、肌の乾燥によってバリア機能が失われ、自衛しにくくなっている可能性も高いです。

潤いやエイジングケアは、メイクアイテムにも含まれているとよりよいですね。

またメイクの場合は、ファンデーションなど肌に触れるアイテムもしっとりしたツヤあるテクスチャの方が、整った仕上がりに感じられます。

ただ日焼け止め成分などもそうですが、刺激を受けやすい状態では強力すぎる成分がかえって肌の負担になってしまうこともあります。

メイクでは明るすぎも老けた印象を与えてしまう、崩れにくい成分を落とす際に手やクレンジングで刺激を与えてしまうことも。

このように20代なら対策となっていた方法が、50代でも通じるとは限りません。

50代だからこそのスキンケア・メイクで、悩みの解消と若々しさを取り戻してください。

森 水絵森 水絵

50代のシミ・くすみ対策のスキンケアにも良いなと私が思うのは、オールインワンで肌への負担も少なく潤いも保てるカナデルプレミアホワイトです。
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?