森 水絵森 水絵

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーの違いを成分、メリット、コスパなどから比較しました。

薄毛や抜け毛や頭皮ケアや育毛での選び方もチェックしました。

薄毛や抜け毛に悩んでいるなら、専用の育毛剤できちんとケアするのがおすすめ。

シャンプーやトリートメントでは限界もありますし、食事など普段の生活を見直すのは大変です。

もしどれを使って良いか悩んでいるなら、それぞれ効果が高いと評判の2アイテム、イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーから、自分にあった方を探してみましょう。

イクオス育毛剤のメリットとデメリット対策は?

イクオス育毛剤は天然素材による無添加製品。

ニュースやメディアサイトでも取り上げられるためイクオス育毛剤は知名度も高いです。

話題になる理由としては、イクオス育毛剤利用者のうち78%の方が、3ヶ月以内に効果を感じている点が挙げられます。

千葉頭皮環境研究会による調査でも、イクオス育毛剤はほかの育毛剤に比べても実感する人の割合が多く、早くケアしたいという人におすすめです。

デメリットはない感じです。

ただ強いて言うなら、残り22%の利用者が、3ヶ月では効果を感じられなかったことでしょうか。

イクオス育毛剤の利用者全体で見ても、1ヶ月ほどで実感できた人もいれば、4ヶ月でなんとかケアで来た人、1年近く続けてもイマイチという人まで様々。

個人差と言ってしまえばそれまでですが、イクオス育毛剤を毎日きちんと塗布し、正しい使い方を続けるのが1番の対処方法です。

ビタブリッドCヘアーのメリットとデメリット対策は?

一方ビタブリッドCヘアーも、薬用の育毛剤。

ビタブリッドCヘアーは、モンド・セレクション受賞と品質の良さも魅力的です。

ポイントは、ビタブリッドCヘアー利用者の中でも医師の評価が高いことで、実に96%以上の方が継続利用したいと答えているそう。

ところでイクオス育毛剤は効果の早さが特徴です。

一方、ビタブリッドCヘアーは効果の持続時間にメリットがあります。

メイン成分であるビタミンCは、なんと最大で12時間も効果を発揮してくれるんです。

その間ビタブリッドCヘアーがケアし続けてくれると考えれば、悩みケアを目的に育毛剤を探している人にとってはありがたいですよね。

全成分を徹底比較チェック!特徴の違いは?

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーの全成分からの比較をしてみます。

イクオス育毛剤の全成分(原材料)チェック!

イクオス育毛剤には、メインとしてAglas-2と呼ばれる成分が入っています。

2つの素材によって構成されており、育毛成分で知られるキャピキシル以上の成分です。

素材はミノキシジルと同じぐらい発毛に良いとされるM-034と、ペルベチアカナリクラタエキス。

どちらも海藻成分で、肌に優しいのが特徴です。

特にペルベチアカナリクラタエキスは、過酷な環境でも生き抜く海藻のエキスであり、髪に強さを与えてくれます。

イクオス育毛剤はまた、全部で61種類もケア成分を含んでいるのも特徴。

うち天然由来成分が半分以上の38種類、髪の毛や頭皮の素材とも言えるアミノ酸が16種類入っています。

加えてヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンなど、美容成分としても知られる成分が7種類です。

その中では、Aglas-2同様海藻であるスサビノリエキスがポイント。

ポルフィランという成分を豊富に含んでいる素材なのですが、このポルフィランはヒアルロン酸以上の保湿効果があると言われています。

髪の毛にしっかり潤いを与え、コシの強さをキープしやすくなるんです。

またダイズエキスやクワエキスなど、植物由来の天然素材は、髪の毛のダメージとなるトラブル対処に活躍してくれます。

脱毛因子の邪魔や、頭皮の血行促進、保湿ケアなど、様々な観点から育毛しやすい環境作りをしてくれるんです。

ビタブリッドCヘアーの全成分(原材料)チェック!

ビタブリッドCヘアーの方はどうかというと、まず注目すべきはビタブリッドCパウダー

ビタミンCの12時間持続に関わるアイテムです。

亜鉛とのハイブリッドによるイオン交換方式という技術を採用、汗や老廃物などを引き換えにビタミンCを与えることを可能にしています。

しかも、ビタブリッドCヘアー育毛剤塗布時に一括して交換が行われるのではなく、私たちの普段の生活の中で徐々に行われるのが特徴。

随時イオン交換が実施されることこそが、ビタミンCの効果を12時間発揮させてくれる秘密でもあります。

また、ほかにも様々なケア成分をビタブリッドCヘアーはプラス。

ビタブリッドCヘアーには育毛ではアデノシン、保湿ならイノシトール、強い髪を作ってくれるパンテノール、そしてクエン酸やビオチンなど、美容面でも活躍している成分が揃っています。

薄毛・抜け毛・育毛にも良いのは、イクオス育毛剤?

成分やその効果から、髪の毛そのもののケアに関しては、イクオス育毛剤の方が向いています。

イクオス育毛剤には、脱毛を促す酵素や因子の邪魔をし、毛根までしっかり浸透するナノ化されたケア成分を配合。

イクオス育毛剤は、根幹から強く若々しい髪の毛を生やしてくれるんです。

薄毛や抜け毛が定着してしまう原因とも言うべき、ヘアサイクルの乱れにも対処してくれるので、太さや長さが十分でないうちに抜けてしまう現状打破にもイクオス育毛剤は適しています。

頭皮ケアに良いのは、ビタブリッドCヘアー?

反対に、頭皮ケアに向いているのがビタブリッドCヘアーです。

ビタミンCは、肌にある成分であるコラーゲンを生成する役割も担っており、頭皮にもコラーゲンは必要。

しかし頭皮に関わる17型と呼ばれるコラーゲンは、食品やサプリなどから得るのは困難とされています。

つまりビタブリッドCヘアーのビタミンCによって体内で生成し、頭皮トラブルケアとするのがベストなんですね。

女性の薄毛や育毛にも良いのは、どちら?

イクオス育毛剤は女性の育毛ケアにも使うことができます。

実際に女性のイクオス育毛剤利用者もおり、4ヶ月ほどで効果を感じたそう。

またAglas-2に含まれるM-034など天然成分や、ヒアルロン酸など美容成分も多く、育毛後の美髪を求める女性の期待にも応えやすい製品です。

ではビタブリッドCヘアーが効果なしかというとそうでもなく、こちらも女性の利用者が多数います。

ビタミンCなど、女性にも嬉しい成分が多いのも、利用されている理由でしょう。

それぞれ成分が異なっていますから、自分に不足している方がベストと言えるかもしれません。

ゆえにイクオス育毛剤もビタブリッドCヘアーも女性の薄毛や育毛にも良いと言えます。

男性の薄毛や頭皮にも良いのは、どちら?

性別問わずの薄毛や頭皮で考えれば、前者はイクオス育毛剤、後者はビタブリッドCヘアーとしました。

しかし男性特有の悩みではどうかというと、これはイクオス育毛剤に軍配があがるでしょう。

どちらも男性に多いDHTという、脱毛を引き起こしやすいホルモンへの対策はしています。

ですがビタブリッドCヘアーはオレアノール酸のみを代表として挙げているのに対し、イクオス育毛剤ではクワやシャクヤクなど8種類の植物エキスを挙げているからです。

種類が多ければ、例え1つの素材で効果がない人にも、別の素材からアプローチできるため、多くの人がイクオス育毛剤を使いやすいとも言えます。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質の頭皮でも大丈夫なのは、どちら?

天然素材で構成されたイクオス育毛剤は、肌に優しい素材が中心のため、敏感肌の方でも使いやすいです。

モンド・セレクションを受賞するほど品質の高い工場で国内生産されており、無添加として、およそ10種類の添加物を除外しているのも魅力。

パラペンやシリコン、合成界面活性剤など、添加物に悩まされていた人にもイクオス育毛剤は、おすすめと言えます。

イクオス育毛剤は、保湿成分が多いことを考えると、乾燥肌の方にも対策になるのが良いですね。

ただしアレルギーに関しては、天然素材ゆえに注意が必要。

イクオス育毛剤の原材料を全て確認し、自分のアレルギーとなっている素材が含まれていないかチェックしましょう。

ビタブリッドCヘアーの方も、肌質問わず使うことができますが、敏感肌の場合は使い始めに注意。

ビタブリッドCヘアーは、敏感肌の場合、かゆみやかぶれなどが起こることがあるそうです。

1、2週間ほどでなくなりますが、それ以上続く場合は一旦ストップし、医療機関などへ相談しましょう。

ちなみに薬を飲んでいる、あるいは塗っているという方は、使う前にかかりつけ医に許可を取ってください。

またビタブリッドCヘアーでアレルギーの方が要素材確認なのは、イクオス育毛剤と共通です。

成分は違いますから、イクオス育毛剤で問題ないという人でも、ビタブリッドCヘアーを使う前にはきちんと確認してください。

治まるとしても、使い始めのかゆみなどが不安という方は、敏感肌でも安心なイクオス育毛剤の方が便利でしょう。

妊娠中・授乳中・生理中の頭皮でも使えるのは、どちら?

肌が弱い人にも使えるイクオス育毛剤は、妊娠中や授乳中の方でも利用できます。

特に言及はありませんが、同じく過敏になりやすい生理中でもイクオス育毛剤は問題ないと言えます。

ただ完全に、全ての方に安心とは断言できないため、少しでも不安を感じるようなら、前もってかかりつけ医などへ相談し、自分は使えるかどうかを確認しておきましょう。

イクオス育毛剤は産後の脱毛などにも役立つので、問題なければ予防のために早いうちから始めるのがおすすめです。

ビタブリッドCヘアーも同様で、やはり不安があるならばかかりつけ医に相談しておくのが吉。

赤ちゃんに影響が出るよりも、無事に出産、卒乳を終えてから始める方が安心できます。

使い方の違いと併用しない方が良い理由とは?

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーのそれぞれの使い方を比較します。

その上で併用しない方が良い理由も書きますね。

イクオス育毛剤の使い方のコツ

イクオス育毛剤はダイレクトノズルを採用し、ボトルを直接、気になる箇所につけてケアできます。

中身を付着させたら、1、2分ほどマッサージをして終了。

1日のケアが短時間で済むのもイクオス育毛剤のメリットですね。

またイクオス育毛剤購入時には、育毛ケアガイドという小冊子も同梱。

イクオス育毛剤は、ガイドに沿ったケアを行うことで、育毛剤の効果をより感じやすくなります。

ビタブリッドCヘアーの使い方のコツ

ビタブリッドCヘアーは1回あたり12から15回ほどプッシュして使います。

パウダーをなじませるために必要な量なので、ビタブリッドCヘアーをケチらずに使いましょう。

その後、指によるマッサージはイクオスと同じですね。

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーを併用しない方が良い理由

ちなみに両者の併用においては、イクオス育毛剤はほか製品と併せても問題ないとしています。

しかしビタブリッドCヘアーの方で支障が出るため、併用はしない方が良いと言えます。

というのも、イクオス育毛剤が1日1回であるのに対し、ビタブリッドCヘアーは1日2回の利用を推奨。

そしてビタブリッドCヘアーは1回あたり12時間の効果が持続します。

分かるでしょうか?

仮に1回ビタブリッドCヘアーを使ったとすると、再度使用するのは効果が切れる12時間後のはずです。

そこからまた12時間となると、24時間、1日まるごと使ってしまうことになります。

もしそのどこかでイクオス育毛剤を使った場合、ビタブリッドCヘアーの効果が薄れてしまったり、反対にイクオスの効果が半減するかもしれません。

ビタブリッドCヘアーでは、飲むタイプの育毛サプリは併用可能としていますが、塗布タイプについては言及がないのも理由です。

価格や返金保証から見た違いは?

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアーで、価格や返金保証から見た違いをそれぞれ見てみましょう。

イクオス育毛剤の価格や返金保証などコスパは?

購入に関して、イクオス育毛剤は3本のまとめ買いや定期購入よる割引があります。

3本セットの場合は定価の38%オフ、定期購入は49%オフで、いずれも送料が無料です。

イクオス育毛剤の定期購入は継続縛りがないため、解約連絡の手間を気にしなければ、1番安いと言えます。

発送ペースの変更や一時的な休止の申請もできるので、解約を迷っている場合は利用しましょう。

また合計金額としては多少上がるものの、イクオスサプリとのセットコースも選択可能。
イクオスサプリって?そう思ったあなたは、こちらをどうぞ。
イクオスサプリexの口コミ効果やコスパを評価!他の育毛サプリとの違いや噂は本当?

こちらは1回きりでも定価の45%オフ、3セットのまとめ買いなら54%オフで送料無料、そして定期購入であれば、65%オフがずっと続きます。

内側からもケアしたい、もともとサプリも購入予定ならば、セット買いを選びましょう。

ちなみにイクオス育毛剤は公式サイトのみで販売されており、ドラッグストアなどの市販はもとより、Amazonなどのモールサイトでも取り扱いがありません。

オークションやフリマサイトでの出品でもなければ、名前が似ているだけの別製品、あるいは偽物なので注意しましょう。

返金保証では、イクオス育毛剤の場合購入から45日間続きます。

ただし対象となるのは育毛剤単体、あるいは育毛剤とサプリのセットとなり、それ以外は対象外です。

また返金されるのは初回の1本分のみ。

45日という期間ゆえ、既に2本目が届いてしまうこともあるでしょうが、あくまで戻ってくるのは1本分と理解してください。

返金申請においては、予めメーカーへ電話連絡を行い、対象製品のパッケージ及び明細を元払いで返送します(着払いでの受け取り不可)。

パッケージは使い切っていても送る必要があるため、捨てないように。

明細には、余白などを使って代金の振込先などの情報を記載しましょう。

加えて返金時はあくまで製品代金のみ。

送料や手数料が発生していた注文であっても、代金以外の返金はありませんので注意しましょう。

いずれにしてもイクオス育毛剤は、いつでも解約できて返金保証もつくので公式サイトの定期コースで購入が一番お得でコスパも良いです。
詳しくは→お得なイクオス育毛剤公式サイト

ビタブリッドCヘアーの価格や返金保証などコスパは?

一方ビタブリッドCヘアーは、定価の時点でイクオス育毛剤より安いのがメリットです。

育毛剤単品での比較時点で安いため、イクオスのサプリとのセットとの比較は言うまでもありません。

ただビタブリッドCヘアーにも定期購入が存在し、こちらは使い方次第で、イクオスより高くなる可能性があります。

割引率は初回のみおよそ80%引きで、2回目以降は送料ありの20%引き。

そしてビタブリッドCヘアー2回目以降の商品代金が、イクオスのサプリセットでの定期購入と同じなんです。

比べてコスパが良いのはイクオス!

つまりイクオスの育毛剤単体での定期購入はもちろん、送料が無料である分、サプリセットもビタブリッドCヘアーの定期より安くなります。

継続回数が短い場合は、ビタブリッドCヘアーの初回割引で総合計は低くなるでしょうが、今後も継続するようなら、長く続けるだけ、イクオスの方がお得なんです。

またビタブリッドCヘアーも単品・定期問わずいつでも解約可能ですから、両方を試してから考えるのも良いかもしれませんね。

まとめると・・
継続するなら、イクオス育毛剤がコスパもよくお得だと言えます。

短期間なら、ビタブリッドCヘアーもコスパは良いと言えます。

イクオス育毛剤とビタブリッドCヘアー比較と選び方のまとめ

全体的に振り返ってみると、イクオス育毛剤の方が、メリットは大きいです。

ただビタミンCの付与に特化しているなど、ビタブリッドCヘアーにもイクオスにない特徴があります。

ですから、全ての人にとってイクオスの方が良いとは断言できません。

既に育毛剤を使っているならその成分、あるいはシャンプーや食事内容など、普段の生活を振り返って、不足している成分を考え、どちらの方により多いかで選ぶのも良いでしょう。

育毛剤で髪の毛にしっかり栄養を与えて、フサフサの若さあふれる髪の毛を取り戻しましょう。

◆では、最後に簡単に選び方をまとめます。
メリットが多い方が良い人、継続でコスパが良い方を選びたい人
男女ともにしっかり薄毛や抜け毛対策をしたい人はイクオス育毛剤をどうぞ。
詳しくは→お得なイクオス育毛剤公式サイト

 

ビタミンCのパワーで頭皮を強くして髪の毛を育成したい人は、ビタブリッドCヘアーをどうぞ。
詳しくは↓