森 水絵森 水絵

女性の薄毛・抜け毛対策で人気のマイナチュレ育毛剤と天使のお守りの違いを比較しました。

マイナチュレ育毛剤と天使のお守りの選び方はどうすればいいのでしょうか?

併用は可能なのか?も調べてみました。

では早速、マイナチュレ育毛剤と天使のお守り、それぞれのメリットとデメリットをチェックします。

マイナチュレ育毛剤のメリットとデメリット対策は?

1つ目のマイナチュレ育毛剤は、薄毛や抜け毛対策になる無添加育毛剤です。

マイナチュレ育毛剤で無添加の対象となっているのは、なんと11種類。

香料や着色料はもちろん、鉱物油やパラペン、石油系界面活性剤、タール系色素に赤外線吸収剤、合成ポリマー、酸化防止剤、シリコン、そして動物性原料を取り除いています。

つまりマイナチュレ育毛剤は、植物性の原料で作られているんですね。

ほかの育毛剤などと比べても除外されている炭化物の種類は多く、よりたくさんの人に安全にマイナチュレ育毛剤を使ってもらえます。

マイナチュレ育毛剤の成分については後述しますが、27種類の天然成分と、プラスして10種類のアミノ酸でケア。

ちなみに薄毛や抜け毛対策のみならず、髪の毛のボリュームやスタイリングのしやすさでもマイナチュレ育毛剤は人気を博しています。

メリットの多いマイナチュレ育毛剤ですが、唯一デメリットを挙げるとすれば、効果を感じるまでに時間がかかることでしょう。

マイナチュレ育毛剤のメーカーでは最低でも6ヶ月、半年の継続を推奨しています。

基本、のマイナチュレ育毛剤効果は新たに生えてきた髪の毛でわかるものですが、髪の毛の伸びるスピードは1日あたり0.3mm程度しかありません。

10日で3mm、100日で3cmしか伸びないとなれば、髪質が良くなったのか、量が増えたり抜け毛が減ったかは感じにくいもの。

下手をすると6ヶ月でも、効果がないのではなくまだ感じにくい可能性があるので、マイナチュレ育毛剤は根気よく進めていくことができる人に向いています。

対策はとにかく耐えることなので、仕事や趣味など、ほかに集中できる要素があると、6ヶ月もあっという間に感じられるかもしれません。
マイナチュレ育毛剤でふんわりボリュームアップの髪になる日を楽しみにしたいですね。
詳しくは→マイナチュレ育毛剤公式サイト

天使のお守りのメリットとデメリット対策は?

一方天使のお守りは、育毛剤ではなく美容液です。

髪の毛を生やす・増やす効果もあるとは言え、分け目や白髪の目立ちが気になる場合や、乾燥でパサついてしまう人の悩みケアに向いています。
天使のお守りの口コミ効果やコスパを評価!高濃度プラセンタ頭皮用美容液の噂は本当?

完全に髪の毛の全部で効果を感じるようになるためには、マイナチュレ育毛剤同様半年から1年ほどの期間が必要。

しかし指通りの良さや、弾力、コシの強さ程度であれば数日から10日ほどでも感じやすいのが天使のお守りのメリットです。

天使のお守りの成分はプラセンタを始め3つの素材を中心に構成。

必要なものだけを取り入れているという点ではメリットですが、マイナチュレ育毛剤と違って様々な成分を得にくいのが天使のお守りのデメリットとも言えます。

天使のお守りの利用者に不足している成分が入っていない可能性もあるので、対策としては食事など、普段の生活もできる限り見直していきたいところ。

また無添加は、天使のお守りの場合7種類です。

内容は合成香料及び着色料、防腐剤、シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、そしてキレート剤が無添加となっています。

天使のお守りの数や香料は素材由来のものが含まれている点でマイナチュレ育毛剤ほど徹底してはいません。

ですがその一方でキレート剤など、マイナチュレ育毛剤で挙げられていない添加物を取り除いているのはメリットですね。

数は少なくても、以前肌荒れなど不調をきたしたことがある添加物が取り除かれているのなら、天使のお守りの利用者からすれば安全と言えます。
詳しくは公式サイト→諦めてた理想の髪へ
大人の女性のためのスカルプ美容液

全成分を徹底比較チェック!特徴と副作用の可能性は?

それぞれの成分について詳しく見てみましょう。

マイナチュレ育毛剤の全成分(原材料)

まずマイナチュレ育毛剤は、育毛成分が3種類入っています。

センブリとグリチルリチン酸ジカリウム、そして酢酸DLーαートコフェロールで、いずれも厚生労働省で認められている成分。

それゆえマイナチュレ育毛剤は医薬部外品に指定されています。

また育毛成分のサポートとして、ミツイシ昆布とアミノ酸10種類、そしてビワの葉エキスなど27種類の天然成分が入っています。

ミツイシ昆布は海藻類の中でも特に髪の毛に良い成分を含有。

またマイナチュレ育毛剤の天然成分はローマカミツレエキスやアロエエキスなど、化粧品としても良い成分が詰まっています。

髪の毛だけでなく、地肌のケアにもマイナチュレ育毛剤は良さそうなのが伝わってきますね。

<マイナチュレ育毛剤の全成分(原材料)>
グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、精製水、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、トリメチルグリシン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ソルビット液、L-セリン、グリシン、L-グルタミン酸、L-アラニン、L-リジン液、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、エタノール、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

引用元マイナチュレ育毛剤公式サイト

天使のお守りの全成分(原材料)

では天使のお守りの成分はどうかというと、まずプラセンタに注目です。

通常のプラセンタではなく、必須アミノ酸やミネラルの含有量が高いバージンプラセンタ</span>を天使のお守りは、採用しています。

プラセンタ自体、血行促進や細胞の活性化、活性酸素の除去と言った効果を備えていますが、成分を高濃度で含んだバージンプラセンタは、天使のお守りの効果もより発揮しやすくなるんです。

血行が良くなれば、食事などから得た栄養も髪の毛に行き渡りやすくなるなど、普段の生活においても髪の毛にプラスとなりやすくなるんです。

またバージンプラセンタだけでも髪の毛のハリやコシ、指通りのケアになりますが、天使のお守りもプラセンタだけではありません。

その1つが天使のお守りのカチオン化ヒアルロン酸

こちらも通常のヒアルロン酸とは異なり、髪の毛に吸着しやすい特徴を持っています。

その倍率はなんと290倍。

吸着力が高いということは、ヒアルロン酸が持つ保湿・保水力を長い間髪の毛に適用できるということで、天使のお守りは髪の毛の潤いを維持しやすいんですね。

天使のお守りにはもう1つ、ダメージケアに役立つリペア成分もプラス。

傷んでいる髪に起こりやすい、表面の剥離に対処し、切れ毛や枝毛になるのを防いでくれます。

リペア成分のケアによって、とり強い髪質になるのも魅力です。

公式サイトより引用
詳しくは公式サイト→諦めてた理想の髪へ
大人の女性のためのスカルプ美容液

【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

<天使のお守りの全成分(原材料)>
水、エタノール、BG、プラセンタエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモ二ウム、グリチルリチン酸2k、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、ジラロイルグルタミン酸リシンNa、オタネニンジン根エキス、センブリエキス、アシタバ/茎エキス、ウメ果実エキス、
〜〜〜〜
引用元:天使のお守りの口コミ効果やコスパを評価!高濃度プラセンタ頭皮用美容液の噂は本当?

そしてマイナチュレ育毛剤も天使のお守りも、天然成分で構成されていること、また無添加への配慮もあって、使うだけで害になるような副作用はありません。

ただ目に入るなど本来の用途ではない行為や、正しい使い方をしなかった場合はその限りではないので、使う際は手順や目安量を守ってくださいね。

薄毛や頭皮に良いのは、どちら?

ここで、目的別にどちらが適しているかを考えてみましょう。

まずは薄毛や頭皮の悩みに良い方ですが、アプローチ方法によって分かれるのではないでしょうか。

マイナチュレ育毛剤であれば、育毛によって薄毛を解消させ、スキンケアにもなりうる天然成分で頭皮のケアができそうです。

反対に天使のお守りはバージンプラセンタで頭皮ケアをしつつ、髪の毛は1本1本にボリュームを持たせることで薄毛対策をしています。

薄毛対策は髪の毛の本数を増やしたいのか?

1本の太さを重視したいのかで、良い方も変わってくるでしょう。

頭皮ケアは、不足成分のチェックはなかなか難しいかもしれませんが、アミノ酸やミネラルが気になるなら天使のお守りが良いですね。

様々な素材で多角的にアプローチしておきたいならマイナチュレ育毛剤が良いと言えます。

抜け毛や育毛にも良いのは、どちら?

上でマイナチュレ育毛剤は文字通り育毛でケアするとしました。

ゆえに抜け毛や育毛自体を目的とするなら、マイナチュレ育毛剤の方がおすすめです。
詳しくは→マイナチュレ育毛剤公式サイト

ただ抜け毛に関しては、天使のお守りも不可能とは言い切れません。

髪の毛を強くするのが天使のお守りの目的ですから、その一環として、抜けにくさを維持することは可能でしょう。

今ある髪の毛の保護を徹底したいなら、天使のお守りも選ぶ余地はあると思います。

男性の薄毛や頭皮にも使えるのは、どちら?

またマイナチュレ育毛剤も天使のお守りも女性向けの製品となっていますが、男性も両方使うことが可能です。

男性向けの育毛剤に入っているような成分は少ないかもしれませんが、男性だって化学系成分よりは天然成分の方が良いですし、髪の毛の潤いやハリは欲しいもの。

ただ生やすのではなく美髪を求めたい、そんな人であれば男性でも特におすすめです。

上記の目的や気になる成分など、自分に合うものを選びましょう。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質でも使えるのは、どちら?

こちらもマイナチュレ育毛剤も天使のお守りも両方OKの、肌質による利用。

マイナチュレ育毛剤、天使のお守り共に天然由来成分ですし、無添加への配慮もあります。

また製造にあたっては、GMP認定工場で品質管理を含めて行っています。

ただ無添加の対象となっている成分は差異があるため、過去に肌荒れなどを起こしたことがある方は、どちらでその成分を取り除いてくれているか、をよく確認しましょう。

ただしそれぞれ成分にアレルギーがある場合は、念のため利用を控えてください。

頭皮、つまり皮膚が触れることで反応が出る方はもちろん、食品アレルギーなど体内に入れることで反応を示す方も同じです。

自分のアレルギーが、各原材料に当てはまるか分からないならば、使う前にかかりつけ医に相談しましょう。

妊娠中・授乳中・生理中も使えるのは、どちら?

妊娠中や授乳中、また生理中も、マイナチュレ育毛剤と天使のお守りは使うことができます。

ただ敏感肌などと比べて過度に反応しやすい時期でもあるため、少しでも不調を感じたら中断しましょう。

出産が終わった後、赤ちゃんが卒乳した後で、改めてスタートしても遅くないですよ。

生理中は妊娠中・授乳中に比べるとより安心かもしれませんが、普段から生理時に頭痛などが起こりやすいなら、やはり様子を見つつ行うようにしてください。

不安があるようなら、アレルギーの方同様、かかりつけ医に相談しておきましょう。

使い方の違いと使いやすいのは、どちら?

マイナチュレ育毛剤と天使のお守りは、育毛剤と美容液ということで、2つの製品は使い方も違います。

まずマイナチュレ育毛剤の場合、タイミングはいつでもOK。

マイナチュレ育毛剤の効果的な使い方

髪の毛が清潔な、洗髪後に行う人が多いようですね。

ただ乾いた髪の毛に使うので、洗髪後はきちんと乾かしてからにしましょう。

マイナチュレ育毛剤は、朝晩の2回使うことが推奨されており、頭頂部に3ライン、後頭部に3ラインと、線を描くように塗布するのがコツです。

生え際やつむじなどを中心に、頭全体をマッサージ、その後ドライヤーでマッサージ。

余裕があれば、乾かした後も1分ほどマッサージを繰り返して完了です。

ドライヤー使用時は手グシを使い、全体を満遍なく乾かすように動かすのがポイント。

いきなりブラシをかけると髪の毛に負担がかかりますし、ずっと同じ場所ばかりドライヤーを当てると、マイナチュレ育毛剤を使っていても髪の毛が乾燥してしまうからです。

ちなみに平日の朝など、時間がない時は量を減らしたり、気になる場所だけマイナチュレ育毛剤を使っておくなど省略も可能。

とにかくマイナチュレ育毛剤は毎日続けましょう。

天使のお守りの効果的な使い方

続いて天使のお守りも、乾いた髪に使うこと、朝晩2回の利用をおすすめしている点は共通。

塗布は後頭部を3ラインでという点で似ていますが、頭頂部は細かく7ラインに分けているのがポイントです。

また量はそれぞれのラインを引いた量ではなく、ボトル20プッシュから25プッシュほどと決まっています。

天使のお守りは、気になる箇所に重ねづけすることもできますが、どの部位に何プッシュ必要か、配分も考慮する必要がありますね。

全体に軽くマッサージを施したら完了。

化粧品の美容液と同じく、天使のお守りを使った後のドライヤーは不要です。

ただスタイリング剤など、天使のお守りの後でさらに髪の毛に何かを使う場合は別。

天使のお守りが乾いていないと、スタイリング剤も落ちやすく、髪の毛がまとまらないので注意しましょう。

また天使のお守りを使った場合、ヘアカラーはNGで、リンスタイプでもスタイリング剤同様きちんと乾燥させる必要があります。

ドライヤーの必要が無いという点では天使のお守りの方が使いやすそうです。

かし普段髪の毛をスタイリング剤ざ整えている方や、白髪染めを始めとしたヘアカラーを用いているなら、マイナチュレ育毛剤の方が良さそうですね。
詳しくは→マイナチュレ育毛剤公式サイト

価格や返金保証から見た違いは?

最後は価格。

税込み、税抜きと表示が異なっているのでややこしいですが、定価は天使のお守りの方が安いです。

ただ定期における初回分ではマイナチュレ育毛剤の方がお得

また2回目以降続ける場合も、僅差でマイナチュレ育毛剤の方が安くなっています。

しかし一方で、天使のお守りは1回だけでも解約出来るのに対し、マイナチュレ育毛剤は6回の継続が条件。

特別な割引をする代わりに、ある程度は続けて欲しいということですね。

とはいえマイナチュレ育毛剤は、180日、つまり6ヶ月以内の返金保証制度も用意されており、上限を6本分として購入代金を返してくれるのも魅力。

手数料などは除外されるものの、マイナチュレ育毛剤は初回分のみというわけではないので、どのタイミングで申請しても、損失分を回収できます。

選び方のコツと併用もできる?その場合の使い方は?

それぞれに特徴あるマイナチュレ育毛剤と天使のお守り。

一口に髪の毛に良いと言っても、植物成分中心か、プラセンタで行うかと言った素材の違いや、使い方、価格及び定期購入のルールなど細かい部分は違っています。

成分に関してはセルフチェックで不足を確認するのが難しいので、自分は具体的に髪の毛のどんな悩みに対処したいのか考えてみましょう。

使い方はライフスタイルを見て、価格は単純に安い方としても良いですが、定期の場合は継続条件や返金保証も含めて、自分にお得な方を選ぶようにしましょう。

ちなみに無添加など安全面に配慮のある2製品ですが、マイナチュレ育毛剤と天使のお守りの併用はおすすめしません。

危険があると断言はできませんが、別メーカーということもあって問題がないことも証明されていないからです。

引用元詳しくは→マイナチュレ育毛剤公式サイト
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

併用を行うとしたら完全に自己責任でも構わないと言える人のみ。

基本的に、どちらも単体で効果が出るように作られていますから、一方を試して効果が感じられない時にもう一方を試すようにしましょう。

マイナチュレ育毛剤もしくは天使のお守りで、悩みを吹き飛ばす強い髪を取り戻しましょう。

◆最後に簡単な選び方を書きます。

髪をスタイリング剤で整えている人や白髪染めもしている人はマイナチュレ育毛剤がベストです。
返金保証が充実が良い人もマイナチュレ育毛剤をどうぞ。
詳しくは→マイナチュレ育毛剤公式サイト

 

1回で解約できた方が良い人、プラセンタ美容液で頭皮をケアしたい人は天使のお守りをどうぞ。
切れ毛や枝毛ケアもしたい人も、天使のお守りをどうぞ。
詳しくは公式サイト→諦めてた理想の髪へ
大人の女性のためのスカルプ美容液