森 水絵森 水絵

ノーノースメルの口コミ効果やコスパを評価します。

足汗と足の臭い対策も安心できるという噂は本当でしょうか?

体臭と聞いて、どこを気にするでしょうか?

脇や口と並んで、足の臭いを挙げる人も多いと思います。

某アニメのお父さんよろしく、特に男性はその傾向が強いかもしれませんね。

でも足って、一体何が原因で臭っているかご存知ですか?

外でつけてきた雑菌や汚れにも思えますが、きちんと洗っているはずなのに翌日になるとまた臭うなんてこともありますよね。

ゆえにきちんと対策するには、それ以外の原因も突き止めなくてはいけません。

友人や恋人の家を訪れる際、あるいはお座敷タイプの飲食店に入った時、靴を脱いだ途端に悪臭が広がったら、せっかくの楽しい時間も台無しになってしまいます。

加えて、きちんと行っているはずの洗い方も間違っている可能性が。

汚れはともかく、菌が原因だとすれば、除菌や殺菌効果がない石鹸では効果がないのも無理ありません。

ではどうすればよいのか。

原因に対して個々に対応するのも良いですが、多くの原因にまとめて対処することができれば、手間も省けて便利ですよね。

その助けになるのが、ノーノースメルというクリーム。
詳しくは→お得なノーノースメル公式サイト

今回はノーノースメルを使う上でのポイントを見ていきます。

ノーノースメルとは?一番の特徴は何?

ノーノースメルは薬用のデオドラントフットクリーム。

防臭や殺菌はもとより、制汗や角質ケアと言った効果を持っています。

それぞれの効果で臭いをカットできる理由ももちろんあります。

まず防臭はそれ自体が臭いを抑えるものですね。

次ぎの殺菌は、外からはもちろん、内側の菌にも対処してくれます。

実は菌については、足にもともとある常在菌が原因になることも。

このうち悪玉菌と呼ばれる菌が、本来よりも過剰に分泌されることで臭いの原因になっているんです。

制汗は、汗がより臭いを悪化させるからで、最後の角質ケアは、角質が悪玉菌の栄養源になっているため。

角質は古くなると、垢として剥がれ落ちますが、足の裏はもともと垢が出やすい場所。

専用のヤスリなどでケアしている人も多いでしょう。

つまりノーノースメルは、臭いのもとである悪玉菌だけでなく、悪玉菌が増えるきっかけの角質や、臭いが発生した後、強めてしまう汗にも役立ってくれるんです。

ノーノースメルは、悪臭の発生中だけでなく、予防や事後対処もできるのは便利ですね。

口コミは?悪い口コミや効かない場合の対策は?

既にノーノースメルを利用している方の声もチェックしてみました。

ノーノースメルを2週間ほど続けると変化が見られた。

・ベタつかず、足がサラサラして心地よい。

ノーノースメルは朝塗れば1日しっかり保ってくれるので嬉しい。

など、良い意見(口コミ)が見られました。

公式サイトより引用
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

ただ、これが本当にノーノースメルの全てなのでしょうか?

ノーノースメルは発売から日が浅いからか、口コミサイトなどでの意見は確認できず、現状公式サイトのみの意見です。

となると、悪い意見があっても、公式サイトでは隠しているんじゃないか?と思う方もいるでしょう。

これらの意見はいかほどなのか、ノーノースメルという製品の詳細から探ってみたいと思います。

全成分や材料から見た!副作用や相互作用の心配は?

ノーノースメルのメインはイソプロピルメチルフェノールと柿渋エキスの2つ。

イソプロピルメチルフェノールは防臭と殺菌、柿渋エキスは、含まれているカキタンニンによって角質ケアを主な役割としています。

そのほか、ノーノースメルは、20種類以上の植物エキスによって、制汗を含めた4つのケアを実施。

素材の中にはラベンダーやミントも入っており、清涼感あるアロマ効果も期待できます。

いずれもノーノースメルは、天然由来成分なので、副作用の心配はありません。

ただ含まれる成分にアレルギーがある方はその限りではないので、アレルギーの方は成分をきちんと確認してから使いましょう。

該当するけどどうしてもノーノースメルを使いたいなら、かかりつけ医に相談し、許可をもらってからにしてください。

アレルギーによる反応が軽度だとしても、事前にノーノースメルのパッチテストを行うなど、対処は必要です。

公式サイトより引用
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

メリットやデメリットは?

ノーノースメルを使う上でのメリットは、塗るだけで足の臭いケアになるということでしょう。

時間をかけて洗ったり、高価な化粧品、あるいは医療機関での治療を受けるなどの手間もかかりません。

ノーノースメルのデメリットは特に見当たらないように思いますが、強いて言えば、即効性がないことでしょうか。

もちろんノーノースメルを使った直後は成分が働いて臭いは収まるでしょうが、毎日使い続けることを条件としている以上、その持続時間はずっとではないはずです。

ノーノースメルを塗るだけとは言っても、毎日きちんと継続することを苦手としている方には、もしかすると辛いかもしれませんね。

安全安心で効果的な使い方や実感できる継続期間は?

ノーノースメルは、朝晩の2回使用するのがおすすめ。

朝は外出の直前、夜は入浴直後に使いましょう。

ノーノースメル1回の量は片足あたり、およそ0.25g。

大きさで言えば直径0.8cmの円を描くようにノーノースメルを出してください。

よく分からないと思ったら、ノーノースメルのチューブに描かれている、中央の○と同じサイズになるように出すとちょうどの量になりますよ。

使う分を取り出したら、かかとからつま先まで、満遍なくノーノースメルを広げてください。

指の間など、細かいところも忘れずに。

ちなみにそれでも臭いが気になるようなら、適宜ノーノースメルの量や頻度を増やしても構いません。

ただそうしたからと言って、臭いケアが早まるということはないので、問題がないならノーノースメルの目安量と頻度はキープして続けることをおすすめします。

妊娠中・授乳中の敏感になった肌でも使える?

妊娠中や授乳中の場合は、赤ちゃんへの影響などが心配ですね。

しかしノーノースメルの場合、植物中心の成分で構成されていますから、妊娠中や授乳中に使っても問題はありません。

ただ自分で少しでも不安があるならば、事前にかかりつけ医にノーノースメルを使って良いか相談しましょう。

またノーノースメルを使い始めてから体調が変だと思ったら、無理をせずに一旦辞めること。

妊娠や授乳は永続的なものではありませんから、無事に出産や卒乳を終えてから、改めてノーノースメルを使い始めても遅くはないはずです。

男女とも足の臭いや汗に使える?何歳から使って良い?

性別を選ぶような成分は入っていないので、ノーノースメルは男女問わず使えます。

またお子さんでもノーノースメルは利用可能。

ただしお子さんの場合、健康でも大人より肌が敏感なケースがあります。

足も大人に比べて小さいサイズの方も多いでしょうし、上記の適量ではなく、ノーノースメルを少なめからスタートして、問題なければ適量に近づけるようにしてください。

どんな肌質でも使える?敏感肌・アトピーやニキビでもOK?

ノーノースメルの成分が天然の素材で構成されているので、肌質も問いません。

ただアトピーやニキビなど、あまりに酷い場合は注意

傷や腫れ、湿疹などがある肌に使う場合は、ノーノースメルの使用を控えたほうが良いです。

アレルギー同様、どうしてもケアしたいのであれば、かかりつけ医へノーノースメルを使って良いかの相談を。

ノーノースメルとクリアネオとの違いは?選び方のコツは?

さて臭いケアのクリームとして、ノーノースメル以外にも良いと評判の製品があります。

名前はクリアネオ

どちらかというとワキガ、脇の臭いケア用ですが、足の臭いに対してもクリアネオは力を発揮してくれます。

メイン成分にイソプロピルメチルフェノールと柿渋エキスが入っていたり、複数の植物エキスでケアしてくれるなど、共通点も多いですね。

一方両者の違いはまず効果にありました。

ワキガがメインなためか、クリアネオの場合は殺菌と制汗効果があっても、角質ケアや防臭効果はないようす。

足の垢の多さが悪臭の原因になっている場合は、クリアネオでは効果が期待できない可能性も。

その代わりというわけではないでしょうがクリアネオは、制汗には力を入れており、メイン成分にパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれています。

一方クリアネオのメリットとしては、素材の無添加や品質チェックが挙げられます。

ノーノースメルも何もしていないということはないでしょうが・・・

クリアネオの場合はパラペンや紫外線吸収剤など7種類の添加物を除いていますし、放射線チェックなど第三者機関での検査を徹底しています。

結果、クリアネオはすそワキガ、デリケートゾーンの臭いケアとしても使えるほどです。

足の肌がより敏感、以前添加物で嫌な思いをしたという方は、クリアネオの方が安心できるかもしれませんね。

またヒアルロン酸を始め、クリアネオには美容成分も多数。

臭いケアだけでなく、塗った場所の美肌も期待できます。

公式サイトより引用

詳しくはお得な公式サイト→クリアネオ


【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

選び方を簡単にまとめると、
敏感肌の場合や足だけでなくデリケートゾーンやワキガにも使いたい場合はクリアネオをどうぞ。
クリアネオの脇汗改善効果とワキガ消臭対策!多汗症でもクリームは流れない?

足の臭いが特に気になる普通肌なら、ノーノースメルをどうぞ。
詳しくは→お得なノーノースメル公式サイト

ノーノースメルはドラッグストア(薬局)でも市販?販売店はどこ?

ノーノースメルの効果の良さが分かったら、注文方法についても知っておきましょう。

まずはドラッグストアや薬局などでの市販。

しかしこちらは、近所のお店をいくつか巡ってみたものの、ノーノースメルはドラッグストアや薬局では確認できませんでした。

季節化粧品のような限定品でもないですし、全国チェーンのドラッグストアも確認したので、私の近所だけでなくどこでも売っていないと考えて良いと思います。

どうやら現状ノーノースメルは、通販だけみたいです。

楽天・アマゾンでも買える?通販での最安値はどこ?

ではノーノースメルの通販ではどうかというと、2018年5月現在、Yahoo!ショッピングでのみ確認できました。

ただメーカーがYahoo!内に出店しているわけではないようす。

金額は、送料は無料なのですが、注意したいのが定価以上であること。

詳しくは後述しますが、メーカーは1本であればゆうパケットでの発送となり、送料が少ないです。

定価と送料の合計を合わせても、Yahoo!で提示されている価格より公式サイトの方が安いので、送料が無料だから便利と安易に考えないほうが良いでしょう。

もし利用するとすれば、このお店では手数料が0円なので、メーカーサイトで手数料が発生する支払い方式を選ぶ場合。

あるいはYahoo!会員でクーポンが使えるなど、特殊な条件下でのみおすすめします。

ちなみにYahoo!内のお店では代引が不可能なようです。

代引きでしか支払いができない場合にも不向きと言えますね。

そんなメーカーのノーノースメル公式サイトですが、よりお得に購入する方法として、定期購入が挙げられます。

ノーノースメルの定期購入を選ぶと定価より割引されて利用できるので、手数料などがあったとしても、Yahoo!での合計より安くなる可能性が高いです。

つまりノーノースメルでコスパを抑えようと思ったら、メーカー公式サイトかつ、定期購入を選ぶのがベスト。

ノーノースメルは1回塗っただけで半永久的に効果を発揮するものではありませんし、続けること自体はネックにならないでしょう。

定期購入は3種類ある

ノーノースメルの定期購入は、全部で3つのコースに分かれており、続けやすさや金額に応じて希望を選択できます。

1つ目はノーノースメルのお試しコース。

続けやすさという点では1番で、定期と名前がついていますが、1回でも解約が可能です。

金額は定価の10%割引で、2本以上注文する場合は15%引きで利用できます。

2つ目は基本コース。

こちらはノーノースメル1本でも定価の15%割引で利用できますが、合計で3回の受け取りが条件。

またノーノースメルの発送ペースが毎月1本ではなく、3ヶ月に3本まとめて行われるため、送料が3分の1に抑えられます。

その分ノーノースメルの継続が9ヶ月ほどになると覚えておきましょう。

3つ目は年間コース。

ノーノースメルの1年継続を約束する代わりに、定価の20%割引で利用できます。

2年目以降もノーノースメルを続ける方に対しては、さらに割引率をアップしてくれる特典もありますよ。

ノーノースメルの他のデオドラントとの違いとまとめ

ノーノースメルは足の臭いに特化している製品というイメージ。

既にある臭いを防ぎ、悪玉菌の殺菌や臭いを悪化させる汗の制止、悪玉菌の材料となってしまう角質のケアと、足に必要な要素をノーノースメルは備えています。

ノーノースメルを朝晩2回塗るだけで、4役をまとめて行える手軽さも魅力ですね。

またノーノースメルの効果を発揮してくれる成分は、ほとんどが植物由来の天然素材で構成されているのも特徴。

年齢や性別はもちろん、肌質やタイミングも限定せずに使えるため、中断することなく続けやすいのも良いですね。

そんなノーノースメルは通販、メーカー公式サイトでの購入が便利。

もとよりほかの場所では販売していないか、あっても仕入れの関係か高価になっていることが多いです。

一方ノーノースメルのメーカー公式サイトでは定期購入による割引制度など、コスパをさらに抑えることが可能。

3つのコースから選べるのも、続けやすさのプラス要因になっています。

もし今足の臭いに悩んでいるなら、ノーノースメルで予防から発生後の対処までまとめてケアしてみましょう。

悪臭で迷惑をかけまいと、室内に上がるのを躊躇う日にノーノースメルでさよならできますよ。

詳しくは→お得なノーノースメル公式サイト