女性頬

森 水絵森 水絵

美白ケアで人気の薬用シミトリーとビーグレンホワイトケアセットの違いを比較しました。

どちらを選ぶとより美白ケアなどに良いのでしょうか?

保湿もできるのは、どちらかな?

春・夏にむけて、新しい美白化粧品が続々と販売されていますね。

紫外線は、4月から強くなる一方なので、今のうちから、基礎化粧品を美白タイプに切り替えるのが推奨されています。

しかし、一言で美白化粧品と言っても、メーカーによって特徴が大きく異なります。

いったいどんな美白化粧品を購入しようか、迷ってしまっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、数ある美白化粧品の中から、厳選した2つのアイテム「薬用シミトリー」と「ビーグレンホワイトケアセット」の違いや特徴をご紹介したいと思います!

薬用シミトリーのメリットとデメリットは?

まず最初にご紹介したいのが、シミやそばかすに悩まされている方のために開発された薬用美白オールインワンジェル「薬用シミトリー」です。

薬用シミトリーは、本格的なシミ対策として、医学誌にも掲載されているとても珍しい美白化粧品になります。

テレビCMや広告を一切行っていないのにかかわらず、様々な化粧品ランキングサイトで1位に輝く実績を誇ります。

ではそんな、薬用シミトリーのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

薬用シミトリーのメリットは、ただ美白成分を配合するだけではなく、シミの原因の1つとも言われている肌の乾燥に着目したところです。

肌が乾燥した状態で紫外線を浴びてしまうと、正常な肌状態と比較して、シミやくすみといった色素沈着を引き起こしやすくなります。

そのため、いくら美白成分が配合された化粧品を使っても、肌が乾燥した状態のままだと、すぐに紫外線の影響を受けてしまうんです。

薬用シミトリーには、濃厚美白成分と同時に保湿成分を配合することで、改善効果と予防効果の両方を実感することができます。

また、肌の弾力やハリをキープする10種類の天然保湿成分を配合しているため、エイジングケアにも優れた効果を発揮します。

次に薬用シミトリーのデメリットです。

薬用シミトリーに配合している成分はすべて肌に優しいものとなっています。

しかし美白効果をしっかりと発揮するために、ハイドロキノン誘導体や高濃度のビタミンC誘導体を配合しています。

そのため、敏感肌の場合には刺激に感じてしまう可能性があるかもしれません。

ですが、万が一このようなデメリットを感じてしまった場合には、14日間の全額返金保証制度がついてくるため、安心して薬用シミトリーを試せるので、メリットに転じます。

薬用シミトリーは、口コミでも人気です。
薬用シミトリー(SimiTRY)の口コミ効果を評価!本当にシミが消える噂は本当?

ビーグレンホワイトケアセットのメリットとデメリットは何?

2つ目にご紹介するのが、画期的な独自の浸透技術が話題になっているビーグレンのホワイトケアセットになります。

まずはビーグレンホワイトケアセットのメリットから見てみましょう。

一般的に販売されている美白化粧品の多くには、美白効果に特化した成分が配合されています。

しかし、化粧品の成分を肌の奥深くにまで浸透させるのはとても難しいため、どんなに良い成分が配合されていたとしても、浸透しなければ良い変化を実感することができません。

ビーグレンは、QuSomeと呼ばれている独自の浸透技術を取り入れることにより、今まで肌の奥にまで浸透することのできなかった美白成分を、しっかりと届けることができます。

他の化粧品メーカーには決して真似することのできない浸透技術が、ビーグレンの最大のメリットといえます。

さらに、医療機関でも処方されている肌の漂白剤であるハイドロキノンを配合しています。

ハイドロキノンは安定性が悪く、化粧品に配合しても良い変化を得るのが難しいのですが、ビーグレンはQuSomeを活用することにより、安定性を高めて、しっかりと届けることができます。

次にビーグレンホワイトケアセットのデメリットです。

シミトリーと同じくビーグレンホワイトケアセットには、ハイドロキノンなどを配合しているので、敏感肌の人には、稀に刺激になることがあるという点がデメリットと言えます。

しかし、ビーグレンホワイトケアセットには、365日の返金保証制度があるので、敏感肌の人でも合うかどうかを気軽に試してみることができます。

なので気軽に試せるという点で、ビーグレンホワイトケアセットの場合もメリットにも転じますね。

ビーグレンホワイトケアセットも口コミでも人気です。
ビーグレンホワイトケアセットの効果口コミやコスパを評価!他の美白ケアとの違いや噂は本当?

全成分を徹底比較チェック!特徴と副作用の可能性は?

続いて、2つの商品「薬用シミトリー」と「ビーグレンホワイトケアセット」の全成分をご紹介していきます。

薬用シミトリー 全成分
アルブチン、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−O−エチルアスコルビン酸、テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、N−ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、1,3−ブチレングリコール、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、1,2−ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

ビーグレンホワイトケア 全成分

クレイウォッシュ全成分

水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルヒ゛トール, BG, ココイルク゛ルタミン酸Na, ヘ゜ンチレンク゛リコール, ココイルク゛ルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, ク゛リチルリチン酸2K, アロエヘ゛ラ葉エキス, カミツレ花エキス, クス゛根エキス, クロレラエキス, カフ゜リロイルク゛リシン, エチルヘキシルク゛リセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

QuSomeローション全成分

水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルヒ゛ン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

Cセラム全成分

PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

QuSomeホワイトクリーム1.9全成分

水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG?23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3?グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG?55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na

・QuSomeモイスチャーリッチクリーム全成分

水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

薬用シミトリーと、ビーグレンのホワイトケアセットに配合されている成分を比較してみると、全体的に配合されている成分が異なりますよね。

薬用シミトリーは、美白成分だけではなく保湿成分に力を入れているため、10種類の天然由来保湿エキスを配合しています。

ビーグレンに関しては、ローションやクリームといった基礎化粧品に全て独自の浸透技術であるQuSomeが使われていました。

そして、共通しているのは、どちらも美白効果に優れたハイドロキノンを活用しているところです。

薬用シミトリーは、ハイドロキノンを安定化させたハイドロキノン誘導体が配合されています。

ビーグレンはハイドロキノンを極小サイズであるQuSomeに包み込み、肌の奥に浸透させていきます。

配合されている成分にアレルギーがある方は要注意です。

しかし基本的には肌に負担がかからないように作られているので、普通の人は、どちらもハイドロキノンの副作用も気にすることなく使用することができるでしょう。

敏感肌で使ってみてもし肌に合わない時は、どちらの場合も、返金保証制度があるので活用するといいです。

悩み別や世代やお手入れの簡単さなどで人気の違いはある?

薬用シミトリーに関しては、

オールインワンで済ませたい

美白もしたいけど肌の乾燥も気になる

このような女性たちから人気があり、20代から50代の女性を中心に選ばれています。

そしてビーグレンのホワイトケアセットに関しては、

・機能性の高い化粧品を試したい

独自の浸透技術に興味がある

このような女性たちから支持されており、30代から60代といった女性を中心に選ばれています。

薬用シミトリーは、オールインワンタイプになっているのでお手入れも簡単です。

なおかつ薬用シミトリーは、コストパフォーマンスにも優れているため、比較的20代といった若い女性でも取り入れやすいアイテムになっています。

それぞれ男女とも使える?

2つの商品の薬用シミトリーとビーグレンホワイトケアセットはどちらも男性、女性関係なく使用することができます。

しかし日ごろからスキンケアに慣れていない男性が活用したいと考えたときには、オールインワンタイプの薬用シミトリーのほうが使いやすいかもしれません。

妊娠中・授乳中・子供でも使える成分なの?

薬用シミトリーとビーグレンホワイトケアセットは、どちらも妊娠中や授乳中の女性でも使用する事は可能です。

しかし肌状態が非常に不安定になっているデリケートな時期なので、通常であれば違和感のない成分であったとしても、この時期は異変を感じる可能性もあります。

また、肌荒れを引き起こしてしまっているような肌状態には避けた方が良いでしょう。

そして子供の使用についてですが、ハイドロキノンといった医療機関でも処方される成分が含まれているため、どちらも、お勧めすることができません。

シミやそばかすが目立つ時は、どちらが良い?

シミやそばかすに悩まされている方は、ダイレクトに成分を浸透させることができるビーグレンのホワイトケアセットがオススメです

コストパフォーマンスに優れた化粧品ではありませんが、価格以上の実感力を得られている方がたくさんいました。

シミやそばかすの最終手段と言われているレーザー治療を検討する前に、ビーグレンのホワイトケアセットを試してみる価値がある商品だと思います。

シミだけでなくシワも気になる時は、どちらが良い?

そして、シミだけではなくシワも気になっている女性には、薬用シミトリーの方がお勧めです。

薬用シミトリーでは、効能評価試験を行っており、使い続けることでシワまで目立たなくする効果が実証されています。

価格や返金保証から見た違いは?

それでは価格や返金保証についても見ていきましょう。

薬用シミトリー

通常価格4,980円となっていますが、今なら公式サイトで購入することができるうるおい美白コースから申し込むと、26%オフの割引を適用することができます。

薬用シミトリーは、2回目以降も20%オフは継続され、安心の14日間全額返金保証も付いてきます。

ビーグレン ホワイトケアセット

ビーグレンのホワイトケアセットは7日分のトライアルとして販売されていますが、通常購入の場合、6,422円と高額になってしまいます。

しかし、今ならお得なキャンペーンが行われているので、こちらを活用することにより71%オフが適用されるので、手ごろな価格で購入することが可能です。

さらにビーグレンでは、365日の返金保証を行っているため、購入してから365日以内であれば商品代金を返金してもらうことができます。

選び方のコツをまとめると・・

参考までに選び方のコツをまとめてみると、

薬用シミトリー

オールインワンタイプ

美白成分と保湿成分が配合

シワに対する効能評価試験済み

ビーグレン ホワイトケアセット

7日分のトライアルキットでお試し可能

医学会も認定している浸透テクノロジーを採用

365日間といった長期の返金保証付き

このようになっています。

2つの商品はそれぞれ特徴が異なってくるため、上記に記載されている内容を参考にしながら、ぜひご自身に合う方を試してみて下さい。

森 水絵森 水絵

個人的には、コスパもよくお手入れが簡単な方が好きなので、薬用シミトリーがいいなと思いました。

ただコスパが悪いですがビーグレンの浸透技術も捨てがたいものはありますね。

◯簡単な選び方を書きますね。

◆簡単ケアのオールインワンでコスパもよい方を選びたい人は、薬用シミトリーをどうぞ。
美白も保湿もできてシミだけでなくシワ対策もしたい人は、薬用シミトリーをどうぞ。
詳しくは公式サイト→世界初!独自処方でシミもシワも同時に防ぐ美白美容ジェル

 

美白メインで浸透技術に期待して試したい人は、ビーグレンのホワイトセットをどうぞ。
ライン使いで美白ケアしたい人もビーグレンのホワイトセットをどうぞ。
詳しくは公式サイト→[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット