しっとり

森 水絵森 水絵

美白になる方法に裏技はあるんでしょうか?

色白になる食べ物や美白サプリや医薬品、美白スキンケアで人気の商品の特徴やコツなどチェックしました。

肌が白いと言うだけで、光の反射量も多くなり、美しく透明感がありますよね。

しかし、持って生まれた肌の色は人それぞれで、色白の人もいれば色黒の人も存在します。

特に年齢を重ねていくことにより、もともと色黒の人はさらに肌の色がくすんでしまい、黒ずみが増してきたと悩みの1つになっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、美肌になる方法と裏技を、食べ物やサプリメントなどを中心に徹底的に検証していきたいと思います!

シミ・そばかす・肝斑・黒ずみなどの原因と美白対策

まず、色白の定義を調べてみると、色素沈着のない白く透明感ある肌を指していることがわかります。

つまり、シミ、そばかす、肝斑、黒ずみ(くすみ)がない状態の肌であることがわかりますよね。

それでは、シミ、そばかす、肝斑、黒ずみの原因とそれぞれの対策法について見ていきましょう。

まずシミですが、シミにはいくつかの種類があります。

代表的なのは、紫外線に浴びることによって作られる日焼けによるシミです。

日焼けによる色素沈着を防ぐためには、紫外線をなるべく予防することと、色素沈着を引き起こさないために、肌の再生能力を高めてあげることが大切です。

紫外線は4月から9月にかけて最も強くなるため、この時期はしっかりと紫外線対策を行わなくてはいけません。

肌がキレイに見える日焼け止めを塗るのも良いです。

そして最近では飲む日焼け止め成分ニュートロックスサンの紫外線対策サプリも販売されているため、併用することにより限りなく紫外線を予防することができるようになります。

そして、肌の再生能力であるターンオーバーは、年齢や肌状況によって周期が変化していきます。

一般的に健康な肌のターンオーバー周期は20代で28日周期、

30代で35日周期と言われています。

ターンオーバー周期は年齢を重ねるごとに長くなる傾向があることがわかります。

ターンオーバーの周期が長くなってしまうと、新しい肌に再生されるまでの時間が長くなってしまうため、色素沈着を引き起こしやすくなります。

周期を少しでも短くし、正常にするためには、肌を健やかに保つ事はもちろんですが、日ごろから古い角質や老廃物を溜め込まないようにスキンケアを行っていくことも大切です。

続いてそばかすですが、こちらに関しては遺伝性の可能性も高くなってきます。

しかし、遺伝性だからといって諦める必要はありません。

そばかすを予防するためには、メラニン色素の過剰な生成を抑える必要があるため、やはり紫外線対策を万全に行うことが大切です。

シミと同様にしっかりと紫外線対策を行いながら、ターンオーバー周期を整えていくのが改善への近道となります。

そして、シミやそばかすとは異なる原因により引き起こされているのが肝斑です。

肝斑ホルモンの影響が大きく反映される特有の色素沈着で、左右対象の頬を中心にシミが目立つようになります。

20代から40代を中心に見られる傾向があり、閉経を迎える頃には自然と改善されていることも少なくありません。

最近では肝斑の治療薬が市販薬でも販売されるようになっており、トラネキサム酸の服用が最も有効であると言われています。

シミやそばかすはレーザー治療でも改善されることがありますが、肝斑に関してはレーザー治療で悪化してしまうケースもあります。

また、紫外線の影響によりシミが濃くなる恐れもあるため、やはり紫外線対策は必須となります。

通常のシミと肝斑を見極めるためにはいくつかのポイントがありますが、正確な診断をしてもらうには皮膚の専門医に診察してもらうのが1番です。

最後に黒ずみですが、汚れや古い角質の蓄積、または肌の乾燥によって引き起こされます。

気になる黒ずみを改善していくためには、正しい洗顔を行うのが1番です。

正しい洗顔とは、肌にとって不要な汚れをしっかりと取り除きながら、肌にとっては必要な潤いを残してあげることです。

洗顔時に使用する洗顔料に気を使うのはもちろんですが、洗顔方法もしっかりと見直しながら、肌に負担をかけることなくやさしく汚れを落としてあげるのがポイントになります。

地黒でも色白になる裏技はある?

色黒の人と色白の人の決定的な違いは、メラニンの量になります。

冒頭でもお話ししたように、肌の色は人により生まれつき異なります。

同じ日本人であっても、肌の色が白かったり黒かったりするのは、もともと生まれ持ってきたメラニンの量が異なるからです。

色黒の人はメラニンがもともと多いため、紫外線の影響を受けにくいメリットがありますが、やはり紫外線を浴びてしまうとメラニンが活発に生成されやすくなってしまうので、日ごろから紫外線対策を行うのは大切です。

また、過剰なメラニンの生成を抑制するためにも、抗酸化作用に優れた食品を日常的に摂取していくのが裏技というかオススメです。

特にビタミン類には美白に欠かすことのできない栄養素が豊富に含まれています。

生まれつき色黒だからと諦めずに、日常生活でしっかりとビタミンを摂取していれば、憧れの美白も夢ではありません。

ただし、ビタミンは水溶性となっているため体の外に排出されやすい特性があります。

日常的に継続して摂取するのが重要となってくるので、美白サプリメントや医薬品などを活用するのも極めて有効です。

食べ物や飲み物で美白になる方法はある?

野菜サラダ
では次に、食べ物や飲み物によって美白になる方法はあるのでしょうか。

美白に導いてくれる代表的な食品は、ビタミンCが豊富に含まれているものです。

例えばオレンジやレモンなどといった柑橘類。

そしてアセロラにも豊富なビタミンCが含まれていますね。

さらに抗酸化作用に優れているビタミンEも積極的に摂取していきたい栄養素です。

ビタミンEが豊富に含まれている代表的な食品はナッツ類になります。

抗酸化作用の強い食品には、メラニンの生成を抑えて美白効果を発揮するだけではなく、活性酸素から肌細胞を守ることでエイジングケアにも優れていると言われています。

また、トマトに多く含まれているリコピンにも強い抗酸化作用が期待できることから、日常的にトマトジュースを取り入れるのもオススメです。

他にも、美白サプリメントに必ずと言って良いほど含まれているL-システインですが、大豆類に多く含まれていることがわかっています。

日ごろから納豆やお豆腐など、大豆類を積極的に取り入れることにより、代謝を向上させてくれる効果が期待できるため、肌再生能力の活性化に役立てることができます。

肌再生能力が活性化されることにより、新しい肌が作られやすくなるので、美白効果に良い変化をもたらしてくれます。

生活習慣で美白対策したいこと

日常の生活習慣の中で、美白対策として徹底したいのは、やはり紫外線対策になります。

紫外線は春から夏にかけて最も強力になりますが、秋から冬にかけての時期であっても、肌に悪影響を及ぼす可能性は否めません。

そのため、1年を通してしっかりと紫外線対策を行うことにより、徹底した美白対策を行うことができます。

日焼け止めクリームは肌に負担をかけてしまうものも多く、さらに自分で塗ることによってムラを作ってしまうことがあります。

また、忙しい毎日を過ごしていると、ついつい日焼け止めクリームを塗るのを忘れてしまうことがありますよね。

もちろん紫外線が強力な時期には、欠かさずに日焼け止めクリームを活用していくことが大切ですが、1年を通して紫外線対策を考えた場合、紫外線の6割をカットできると言われている飲む日焼け止めはかなり役立ってくれます。

特にニュートロックスサンを十分に含んで美白に良い美容成分も含むインナーパラソルは人気です。
インナーパラソル16200forUV はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

秋から冬にかけては飲む日焼け止めを活用し、春から夏にかけては飲む日焼け止め&日焼け止めクリームを併用することを徹底してください。

さらに、紫外線の強い時期は万全の対策を行っていたとしても、100%紫外線をカットするのは無理があります。

飲む日焼け止め&日焼け止めクリームにプラスして、帽子や長袖の羽織ものなどを用意しておくと良いでしょう。
帽子やサングラス

美白に逆効果だから絶対してはいけない事とは?

美白に逆効果のやってはいけないNG行動を聞かれた時、ほとんどの方は「日焼け」と答えると思います。

もちろん、夏にサンオイルを塗って肌を焼くなんていうのは絶対にしてはいけないことですが、このようなわかりやすい行動だけでなく、私たちの最も身近に美白に逆効果になってしまう行動があります。

例えばローションパック

ローションパックとは、コットン等に化粧水を湿らせ、パックする方法です。

ローションパックは保湿効果はもちろん、美白成分が配合された化粧水であれば、美白効果も期待できると言われています。

しかし、問題なのはローションパックを行っている時間です。

ローションパックを行う時間は、長ければ長いほど効果があると思っていませんか?

残念ながら、ローションパックは5分から10分以内で完了させなければ、肌の水分を蒸発させてしまうだけです。

あなたが良かれと思い、ローションパックを15分から20分程度行っているのだとしたら、それは美白にとって逆効果の行動になってしまいます。

ローションパックを長く行い、肌の水分が蒸発してしまうと、肌の内部から乾燥状態に陥ってしまい、肌状態は悪化していきます。

すると、肌の再生能力が衰えてしまうことから、メラニンの過剰な生成を誘発させ、色素沈着を引き起こしやすくなってしまうのです。

このようなことからも、ローションパックは5分長くても10分以内で完了させなければいけません。

また、カフェインを日常的に多く摂取するのも、美白にNGな行動となってしまいます。

カフェインは、色素沈着を悪化させる恐れがあるため、美白のことを考えるとなるべく摂取を避けるのが理想的です。

コーヒーや紅茶が好きな人は多いと思いますが美白したい時は、減らす方がいいです。

ベビーパウダーで美白できる裏技って本当?

最近、大きな注目を集めているベビーパウダー。

ベビーパウダーがなぜ注目を集めるようになったのかと言うと、美白効果が高いと言われるようになったからです。

本来であれば、ベビーパウダーは赤ちゃんのスキンケアとして用いられているアイテムです。

かぶれやあせもを防ぐ効果があるとして、お母さんたちが赤ちゃんのスキンケアに活用しています。

そんなベビーパウダーがなぜ美白効果があるのかと言うと、低刺激のピーリング効果が期待できるからです。

ベビーパウダーを使った美白スキンケアは、洗顔やパックといったものになります。

お手持ちの洗顔やパックにベビーパウダーを少量混ぜ、いつも通り使用することにより、肌に負担をかけないピーリング効果を発揮してくれるため、古い角質や老廃物を取り除きながら、肌に明るさと透明感をもたらします。

しかし、感じ方は人それぞれなので、効果がある方もいれば、当然ながら効果がない方もいます。

ベビーパウダーには特別な美白成分が配合されているわけではないので、期待できるのは低刺激のピーリング効果のみです。

森 水絵森 水絵

推奨している方もいますが、個人的にはベビーパウダーを使った美白ケアはあまりオススメすることができません。

また、ベビーパウダーを販売しているメーカー元も、美白効果があるとは一言も発表していません。

あくまでベビーパウダーを使った洗顔やパックを行った方々の口コミで広がった美白スキンケア方法になります。

はちみつ入りヨーグルトで美白パックできるって本当?

続いて、美白効果が高いともう一つ注目を集めているのが、はちみつ入りヨーグルトになります。

はちみつが入ったヨーグルトで顔パックすることにより、美白効果が得られると言うものです。

蜂蜜は豊富な栄養素が含まれていることで知られていますよね。

また、蜂蜜を使ったスキンケアアイテムも数多く販売されていますが、蜂蜜の利点は保湿効果が高いところにあります。

そしてヨーグルトにはホエイが含まれています。

ホエイは良質なタンパク質となり、近年ではサプリメントにも配合されるようになりました。

ホエイには、美白に欠かすことのできないビタミン類が豊富に含まれています。

そこで、保湿効果の高い蜂蜜と、美白に欠かすことのできないビタミン類が豊富に含まれているホエイが含有されているヨーグルトを合わせることにより、美白パックとして優れた効果を発揮すると言われるようになりました。

確かに保湿効果を高めることにより肌のバリア機能を向上させることができるので、紫外線などの外的刺激から強い肌を作ることができます。

さらに、肌の乾燥が悪化すると黒ずみを引き起こしやすくなってしまうため、保湿効果に優れた蜂蜜を使うことで、黒ずみを予防することにもつながります。

そして、美白成分が豊富に含まれたヨーグルトをハチミツと合わせることで、確かに美白効果が期待できるパックとして活用することができます。

ただし、蜂蜜をスキンケアとして使用する際には注意が必要となります。

敏感肌体質の方。
アトピー肌体質の方。
アレルギー体質の方。

このような方達が蜂蜜を使った美白パックを行う場合、肌に炎症やかぶれを引き起こしてしまう恐れもあるので、必ず皮膚の柔らかい場所でパッチテストを行って下さい。

森 水絵森 水絵

実は私自身、蜂蜜を使ったスキンケアアイテムで顔に大きな炎症を引き起こした過去があります。

もともとアトピー性皮膚炎を持っている敏感肌体質なのですが、蜂蜜によりかぶれを引き起こしてしまったようです。

完治するまでにはかなりの時間を要したので、かぶれやかゆみを引き起こす可能性のある方にはあまりオススメすることができません。

小麦パックで美白可能?肌荒れしないの?

最近では、ベビーパウダーや蜂蜜&ヨーグルトを使ったパック以外にも、小麦パックと言うものが話題を集めています。

小麦パックは、小麦粉と水があれば誰でも簡単に作ることができるため、大変コストパフォーマンスに優れています。

小麦粉は粒子が細かいため、毛穴に入り込んで汚れを取り除く効果が期待できると言われています。

通常の洗顔ではなかなか落としきることができない、毛穴の中の汚れまで吸着し洗い流すことができるので、肌の再生能力を活性化してくれるようです。

これにより美白効果はもちろんですが、エイジングケア効果もあると話題になりました。

しかし、この小麦粉を使ったパックも、メーカーが推奨しているわけではありませんし、大きな根拠があるわけでもありません。

実際にためされた方の口コミが広がり、大きな話題を集めました。

小麦粉はアレルギーの方も多いため、誰でも良い変化を得ることができるわけではありません。

過去にも、小麦粉を使用したスキンケアアイテムにより、重大なアレルギーを引き起こした症例があるため、アレルギー体質の方や敏感肌体質の方は注意が必要となります。

森 水絵森 水絵

小麦パックを行う場合にはあくまで自己責任となってくるので、安易な気持ちで挑戦するのは、個人的にあまりオススメすることができません。

色白に美白できる洗顔方法のコツは?

美白を意識した洗顔方法のコツは2つあります。

まず1つ目は、適度な洗浄力と潤いを残すことができる洗顔アイテムを使用することです。

肌にとって不要な汚れを取り除くためには、ある程度の洗浄力が必要となります。

しかし、洗浄力が強すぎてしまうと、肌にとって必要な角質や皮脂を取り除いてしまうため、肌が乾燥しやすい状態に陥ります。

肌が乾燥状態に陥ると、角質層が厚くなってしまい、くすみを引き起こす原因になります。

そのため、汚れを取り除くことができる適度な洗浄力と、潤いを残すことができる洗顔アイテムを見極める必要があるのです。

そして2つ目は、しっかりと泡立ててから使うことです。

私たちの肌に存在する角質層は、ラップほどの厚みしかありません。

ゴシゴシと洗顔してしまうと、すぐに傷がついてしまい肌のバリア機能が低下します。

このようなことからも、泡で優しく洗ってあげなくてはいけません。

もちろん商品によっては泡立たないタイプのものもあり、メーカーが推奨している使用方法が記載されているものもあります。

そのような場合には、商品に合わせた使い方を柔軟に行う必要がありますが、一般的に販売されている洗顔料や石鹸に関しては、泡立てネットで十分に泡立ててから洗うのが基本です。

森 水絵森 水絵

個人的に使ってみてくすみがなくなって透明感を感じたのは、二十年ほいっぷです。
くすみ専用洗顔石けんの二十年ほいっぷで美白

メイミーホワイト60で簡単に色白になるのは本当?

メイミーホワイト60は、薬用の速効型美白クリームパックです。

クリームパックを塗ってからわずか60秒で、洗い流すと理想的な白い肌を手に入れることができると言われている、注目の商品になっています。
薬用メイミーホワイト60の口コミ評価レビュー!他の美白パックと何が違うの?

医学誌にも掲載されている実績ある商品となっていますが、簡単に色白になることができると言われているのが事実なのか気になりますよね。

そこで、特徴について調べてみました。

メイミーホワイト60には、速攻型美白成分と、汚れ吸着成分を混合して配合しています。

古い角質や老廃物のない健やかな状態に整えながら、速攻型美白成分を取り入れることにより、60秒での美白を実現しました。

さらに、肌の表面だけを美白しても根本的な美白対策とは言えないため、深層にアプローチしてくれる美白成分も配合しています。

メイミーホワイト60は肌の深部にアプローチすることにより、メラニンの生成を抑えながら、シミやそばかすの原因である色素沈着を防ぐ効果が期待できます。

また、メイミーホワイト60は美白有効成分であるプラセンタエキスを始めとした、天然植物成分を8種類配合していました。

メイミーホワイト60の口コミをリサーチしてみると、30代から50代の女性を中心に人気を集めていて、大変評価の高い商品になっています。

メイミーホワイト60の公式サイトの通信販売でのみ販売されている商品です。

全額返金保証制度も充実しているので、万が一肌に合わなかった場合には返金してもらうことが可能です。

メイミーホワイト60は顔だけでなく首や手、デコルテなど全身の美白ケアに使えるのもメリットです。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら

たった60秒で理想の美白!『メイミーホワイト60』

ビーグレン美白セットで地黒でも美白可能?

独自の浸透技術により、美容業界に革命を起こしたと言われている薬学博士が開発したサイエンスコスメが、ビーグレンになります。

そんなビーグレンから新たに販売されたのは、リピート率が98%を超えているビーグレン美白セットです。

ビーグレン美白セットには、5種類の商品が含まれています。

洗顔料、化粧水、美容液、夜用クリーム、クリームといった代表的なビーグレンのスキンケアアイテムを全て試すことができます。

有効成分となっているのはハイドロキノンです。

ハイドロキノンは肌の強力な漂白剤として有名な成分ですが、非常に不安定な性質を持っているため、従来までの方法では化粧品に配合するのが難しいとされてきました。

そんなハイドロキノンを独自の浸透テクノロジーを使って解決したのがビーグレンの特徴です。

この浸透テクノロジーによって、皮脂に近い成分でコーティングされ、肌トラブルの元までダイレクトに届くようになっているので、優れた美白効果を発揮してくれます。

ハイドロキノンは、強力な漂白剤なので、色黒の方の美白にも最適な成分だと言えるでしょう。

ただし、強い成分となっているので、敏感肌の方が合わないケースもあります。

ビーグレンは万が一肌に合わなかった場合、365日の全額返金保証制度を行っているので、初めての方でも安心して購入することができます。

口コミでも人気です。
ビーグレンホワイトケアセットの効果口コミやコスパを評価!他の美白ケアとの違いや噂は本当?

Psホワイトクリームで美白も簡単って本当?

なかなか改善されないシミ、シワ、毛穴に対して圧倒的な浸透力により、うるおい美白肌を実現したのが、薬用美白オールインワンジェルとなっているPsホワイトクリームになります。

PSホワイトクリームは、美容雑誌や女性誌でも紹介されている大変人気の高い商品となっており、医薬部外品が配合されることで高い美白ケアを実現しました。

そんなPSホワイトクリームの効果効能は、メラニンの生成を抑えて日焼けによるシミやそばかすを防ぐ効果や、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、ニキビを防ぐ効果です。

化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地、美白といった7つの役割を1つにしたシンプルな本格美白ケアとなっているので、時間がない30代から40代の主婦にPsホワイトクリームはオススメです。

PSホワイトクリームは、美白オールインワンジェルでもしっかりと潤い効果を発揮してくれる商品となっているので、従来までのオールインワン化粧品に不満があった方にもオススメです。

口コミでも人気ですね。
Psホワイトクリームの口コミ効果やコスパを評価!オールインワンで美白の噂は本当?

薬用シミトリーで美白は簡単?

30代後半から40代の女性を中心に、気になるシミや乾燥小じわに対して良い変化が期待できると人気なのが、薬用美白オールインワンジェルであるシミトリーです。

薬用シミトリーに配合されている成分はハイドロキノン誘導体や、浸透持続性ビタミンC誘導体になります。

美容成分が99%以上配合されているので、敏感肌の方でも刺激の少ないオールインワンジェルとなっており、芸能界でも人気の高い商品です。

シミトリーは、シミの原因の1つは肌の乾燥であることに着目し、しっかりと潤いを与えながら、日本で唯一シミに届くオールインワンジェルとして話題となりました。

肌の乾燥や、かぶれやすさが気になってしまい、なかなか市販の美白アイテムを試せない方にも、シミトリーはオススメです。
薬用シミトリー(SimiTRY)はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

【POLA】ホワイトショット インナーロック IXを飲めば美白?

POLAから販売されているホワイトショット インナーロックIXは、体の内側からサポートする美白サプリメントになっています。

ベイベリーバークエキスやローズマリーから抽出したエキスを独自の比率で配合したオリジナル原料を使用したサプリメントになっており、肌の表面ではなく、体の内側から美白を力強くサポートするサプリメントです。

【POLA】ホワイトショット インナーロック IXは、売り切れになるほど人気の高い商品です。

美白化粧品だけでは物足りない方に特にオススメしたい美白サプリメントとなります。
詳しくは→【POLA】ホワイトショット インナーロック IX

ホワイピュアを飲めば美白できるの?

シミやそばかすの美白効果のある美白医薬品として人気なのが、ホワイピュアになります。

シミに対して、良い変化を期待できるサポートサプリメントは見かけますが、効能効果が認められた医薬品はなかなか見つけることができません。

そんな国内では稀に見る効能効果が認められた美白医薬品として販売され、テレビ番組や女性誌でも紹介された実績のあるホワイピュアは、通信販売専用の商品となっています。

特に40代以降になると新陳代謝が悪化することにより血流が悪くなり、深刻な肌悩みを発生させるようになります。

そんな加齢からくる年齢肌サインに対し、正常な肌のターンオーバー周期を促してくれる医薬品がホワイピュアです。

シミ・そばかす改善の美白効果に定評があるのがホワイピュアです。
ホワイピュアの口コミ評価!他の美白医薬品との違いは?

美白サプリや医薬品の選び方のコツは?

美白に特化した成分が配合されているサプリメントは、各メーカーから多くの商品が販売されています。

配合されている成分も商品によって大きく異なるため、どの成分があなたの体との相性が良いのかは、実際に試してみなくてはわかりません。

体に合ったサプリメントを選ぶためにも、気になるものがあれば3ヶ月程度はしっかりと継続してみてください。

私が体験してみたり調べてみて良いなと思うのは先ほど書いたホワイピュアや【POLA】ホワイトショット インナーロック IXです。

他では飲む日焼け止めサプリのインナーパラソルも紫外線対策とともに美白にも良い成分があります。
インナーパラソル16200forUV はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?

選び方としては・・
サプリではなく美白できる医薬品で強力に美白改善したい人は、ホワイピュアをどうぞ。
ホワイピュアの口コミ評価!他の美白医薬品との違いは?

あるいは独自成分ベイベリーバークエキスやローズマリーのパワーで内側から美白したい人は、【POLA】ホワイトショット インナーロック IXをどうぞ。
詳しくは→【POLA】ホワイトショット インナーロック IX

まとめ

肌が白いは7難隠す」と昔から言われています。

まさにその通り、白い肌は光の反射を大きく受けることができるため、艶を演出することができます。

光を上手にコントロールすることができれば、気になっているシワも目立たなくなるため、見た目年齢を今よりも5歳以上若くさせるのも夢ではありません。

もともと色黒の人は、肌を白くするのは無理なのではないかと思ってしまいがちですが、お腹の色を確認してみて下さい。

日頃、紫外線が当たらないお腹の色が、顔よりも白いのであれば、あなたの本来の肌の色はもっと白いことがわかります。

紫外線を浴びることにより、さらにあなたの肌の色が黒くなってしまっている可能性があります。

ですから紫外線対策とともの肌再生能力を向上させることにより、美白に近づくことができます。

ぜひ気になった美白サプリメントや美白医薬品やスキンケアアイテムを活用してみて下さい。