50代シミ美白オールインワンジェルのオススメと選び方の注意!

50代シミ美白オールインワンジェルのオススメ条件を調べて実際に人気の商品も比較してみました。

美白オールインワンジェルの選び方の注意もリサーチしましたよ。

今回50代シミ美白オールインワンジェルのオススメは色々ありますね。

その中でもシミ美白で高評価な3つを厳選しました。

薬用シミトリー、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト、デュオ カナデルプレミアホワイトの3つです。

50代シミ美白オールインワンジェルオススメ条件とは?何を重視?

疑問

50代ともなると、年齢のためか、健康的な生活をしていても肌の様子は気になるものです。

人によっては更年期や閉経済みということもあり、女性ホルモンによるサポートが受けられないのも、肌悩みを増やしている原因。

特にシミは、今まで蓄積してきた肌のダメージが、50代になってから一気に現れることも多く、改めて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

しかし悩んでいるだけで何もしないのでは、肌は悪化する一方です。

同じ50代でも、40代や30代と見まごう方も多い近年なのですから、普段のケアすら放置してしまうのは損と言えます。

今回はシミケアと言えば美白、また肌への負担や時短ケアになることからオールインワンジェルに絞り、50代ならではの選び方やおすすめアイテムも探ってみました。

森 水絵森 水絵

50代は、乾燥して小じわも出ているので保湿も必須ですね。

シミ美白に良いオールインワンジェルの中でも保湿も強化されているものを選ぶのがオススメ条件だと私は思います。

50代シミ美白オールインワンジェルの選び方で注意したいこと

注意点

50代でシミ対策用の美白オールインワンジェルを購入する際は、ターンオーバーへのサポートが期待できるかに注目しましょう。

ターンオーバーは肌自身の代謝によってシミなどの肌荒れに対処するもの。

しかし50代になると、健康的な肌の方でも20代に比べてターンオーバーにかかる時間が長くなっています。

シミなど肌の悩みを抱えている方はもっとかかるので、スキンケアでターンオーバーを整え、本来のペースで代謝されるようにしたいところ。

また敏感肌でなくても、極力肌への刺激となる成分、添加物などは控えましょう。

添加物などが肌に負担をかけ、ターンオーバーを伸ばしたり、ケア効果を感じにくくさせている可能性もあるからです。

そしてシミケアをする以上、オールインワンジェルの中でどんな成分が美白に採用されているのかもチェック。

商品によっては、ただ肌の調子を整えたり、潤いを増やすことで、結果シミケアにつなげるタイプもあるので注意しましょう。

それらが悪いわけではありませんが、やはり今あるシミをきちんと消したい、将来的にシミを防ぎたいと思ったら、専用の成分が含まれているオールインワンジェルが望ましいです。

ちなみに代表的なものではハイドロキノン、トラネキサム酸、アルプチン、ユキノシタエキス、ビタミンC誘導体などが挙げられます。

成分の中には強力なものもあるので、商品ごとに肌の刺激となるかなども確認した上で選ぶとよいですね。

50代シミ美白オールインワンジェルの使い方で注意したいこと

使い方

オールインワンジェルを使う際は、可能なら化粧水を直前に塗布しておきましょう。

オールインワンジェルはそれだけでケアが済む便利なアイテムですが、肌へのなじみやすさを考えると、少しでも潤いを持たせたほうが有利です。

50代の肌は乾燥しやすくもあるため、いきなりオールインワンジェルを塗布すると、なじむのに時間がかかります。

場合によってはせっかくのシミケア成分が浸透しないこともあるので、化粧水で肌を整えてからオールインワンジェルを使いましょう。

もちろんなじみを高めてくれる、導入美容液などを持っているなら、化粧水ではなくそちらを優先して構いません。

いずれにしてもオールインワンジェルと合わせて2アイテムで済みますから、さほど手間にはならないはずです。

またオールインワンジェルは、顔だけではなく首やデコルテにもしっかり使いましょう。

特にデコルテは、写真で言うところのレフ版のような役割を果たすため、デコルテもきちんとケアしていれば、顔をより白く透明感ある肌に見せてくれます。

顔がまだ完全にはシミケアできていなかったとしても、デコルテの効果で印象を高めてくれるとしたら嬉しいですよね。

50代シミくすみ美白オールインワンジェルに欲しい美容成分は?

ポイント

選び方のところでも触れましたが、ただのオールインワンジェルではなくシミケアを重視した美白製品を求めるなら、相応の成分を含んだものがベスト。

繰り返すとハイドロキノンやトラネキサム酸、アルブチン、ユキノシタエキス、ビタミンC誘導体などが当てはまります。

強力さで言えばハイドロキノン。

肌への負担の少なさならビタミンC誘導体がおすすめです。

ハイドロキノンはメラニン対策で知られる成分で、既にあるシミに役立ちます。

強力さは、同じく効果が高いアルプチンのおよそ100倍ともいわれます。

肝斑対策で知られるようになったトラネキサム酸はアミノ酸の一種です。

ハイドロキノンほどではないせよ効果がありながら、肌への負担も少ないのがトラネキサム酸の魅力。

女性ホルモンへの影響もないため、更年期中でホルモンの乱れに悩んでいる方にもトラネキサム酸配合は、おすすめです。

一方予防の点ではアルブチンが役立ちます。

アルブチンはメラニンの生成を抑える働きがあるため、今あるシミよりも将来にシミができるのを防ぎたいならおすすめ。

ユキノシタエキスは名前の通りユキノシタと呼ばれる植物から採取した成分。

ユキノシタエキスは、抗炎症や抗菌、抗酸化などのメリットがあり、紫外線だけでなくニキビ跡など刺激による色素沈着に役立ちます。

そしてビタミンC誘導体は、体内に入って初めてビタミンCになる物質です。

様々な肌悩みによいと言われつつも、弱点が多く使いにくいビタミンCをビタミンC誘導体という形で補ってくれます。

50代にシミ美白オールインワンジェルの人気比較

徹底比較!

もし美白オールインワンジェルが多すぎて選べないなら、冒頭でも書いたシミ美白で高評価の以下の3つから選びましょう。

1つ目は薬用シミトリー

ビタミンCだけでなくハイドロキノンも誘導体の形で入っているため、肌への負担が抑えられたオールインワンジェルです。

2つ目のローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは、名前の通り肌の感触も高められるシミケアジェル。

プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムが主な成分であり、潤いあるもちもち触感に近づけてくれます。

そして3つ目はデュオ カナデルプレミアホワイト

クレンジングバームで知られるブランドDUOの新ブランドカナデルの美白オールインワンジェルで、シミやくすみのほか、そばかすにも対応しています。

カナデルプレミアホワイトの成分としてはビタミンCエチルとボタニカルブライト13の2つがメインです。

薬用シミトリーのメリットとデメリット対策

対策は?

薬用シミトリーは無添加でもあり、成分の99%以上が美容成分で構成されているオールインワンジェル。

無添加で除外されているのはパラベンやエタノールほか、界面活性剤に香料、着色料、鉱物油、シリコンと全部で7種類の添加物です。

またシミケアだけでなく潤い対策も考慮されており、シワやハリ艶に悩んでいる方にもおすすめします。

シミと小じわに対しては、臨床試験での効果確認済み。

さらに独自技術によって成分は球状ラメラ構造と呼ばれる微小のカプセルに内包し、肌へのなじみやすさも高めてくれています。

成分にはポリフェノールのフランバジェノールも含まれており、エイジングケアに役立つところも50代には嬉しいポイントですね。

薬用シミトリーは、一見するとデメリットは見当たりません。

ただ誘導体とはいえハイドロキノンが含まれているので、敏感肌で気になる方はパッチテストをおすすめします。

また無添加の美容成分ということで、言い換えると天然成分も多く、アレルギーに該当する可能性も高いです。

植物に関するアレルギーをお持ちの方は、原材料を確認し、当てはまるものがないことを確認できた場合のみ、使うようにしてください。

ちなみに薬用シミトリーの臨床試験においては、4週間で効果を感じたという方が多かったそう。

ターンオーバーが延びていることを考えると、短くても数か月は薬用シミトリーで様子を見続けると効果的です。

短時間で効果を確認できないことも、人によってはデメリットかもしれません。

薬用シミトリーは天然成分で肌の調子を整えることが可能です。

だから、多少短くすることはできるかもしれませんが、1週間や数日で効果が出るわけではないとは、覚えておいてください。

これは薬用シミトリーだけでなく他のシミ美白オールインワンも同じですね。

どの美白アイテムも数ヶ月単位で使ってみることで良い変化を実感できます。

薬用シミトリーの保湿効果は、早愛段階で実感できる人が多いです。
薬用シミトリー(SimiTRY)の口コミ効果を評価!本当にシミが消える噂は本当?

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのメリットとデメリット対策

メリットデメリット

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは、外装にもメリットあり。

パッケージがチューブとジャーの2通りから選べるので、使用時のストレスもありません。

またローヤルゼリーを含め、64種類もの美容成分を含んでおり、それぞれが肌ケアに働いてくれるのも大きなメリットで魅力。

仮に1つ効果を感じない成分があったとしても、残りの63もの成分でサポートしてくれるので、よほどのことがなければ合わない可能性は低いでしょう。

美容成分の割合としては全体の97%と薬用シミトリーより少し低いものの、それでも全体の9割以上です。

無添加では5つの添加物を除外。

パラベンやアルコールと合成香料、合成着色料、鉱物油です。

薬用シミトリーに比べると界面活性剤とシリコンは含まれている可能性がありますが、香料と着色料は天然成分のものを使っています。

添加物があるから危険とは一概には言えませんが、徹底して無添加にこだわる方は注意しましょう。

また薬用シミトリー同様、肌へのなじみやすさにも力を入れており、ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの場合は保湿オイルカプセルを採用。

ローヤルゼリーとヒアルロン酸、コラーゲンを内包しているカプセルで、これらの成分を肌になじませることによって、ほかの美容成分を肌の奥まで届けやすくしています。

水性・油性どちらにも対応できるカプセルゆえ、薬用シミトリーのラメラ構造と同じく人の肌にぴったりです。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトのデメリットは、薬用シミトリー同様で、美白を実感するには数ヶ月かかることです。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトも美白だけでなく保湿も実感しやすいので人気です。
ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトの口コミ効果やコスパを評価!潤い・ハリ・美白の噂は本当?

デュオ カナデルプレミアホワイトのメリットとデメリット対策

メリットデメリット

デュオのカナデルプレミアホワイトのメリットは、メインとなる成分のうち、ビタミンCエチルはアスコルビン酸を使用して既にあるシミやくすみをケアすること。

ビタミンC誘導体と異なり、ビタミンCになる際に酸素を必要としないので、素早さと効果の持続性の面で有利な成分がビタミンCエチルです。

そもそもビタミンC誘導体に比べ、ビタミンCを2.7倍も含んでいるのもカナデルプレミアホワイトのメリットで嬉しいポイント。

一方ボタニカルブライト13は、カンゾウフラボノイドやユキノシタエキスなど13種類の植物エキス、潤い成分を用いて将来できるシミの予防に努めてくれます。

うち7種類は整肌にも役立つので、ターンオーバーの調整を優先したい方にはおすすめ。

さらに2種類はエモリエント効果のための成分で、潤いと共に肌の柔らかさもキープしてくれます。

また薬用シミトリーやローヤルゼリーもっちりジェルホワイトに比べると、カナデルプレミアホワイトは角質ケアができるのもメリットで魅力です。

潤い成分が多いので、古い角質が残ってゴワゴワした肌にもカナデルプレミアホワイトはぴったり。

古い角質を取り除いたり、肌に残りにくくするのもターンオーバーのペース調整にも関わってきますから、50代の方にもメリットがありますね。

成分ではカナデルプレミアホワイトも無添加

内容はパラベン、アルコール、鉱物油、合成香料と合成着色料を除外しています。

また上2つの美白オールインワンジェル同様、デュオ カナデルプレミアホワイトにもなじみやすさの工夫があります。

デュオ カナデルプレミアホワイトの場合はブースト処方クリーム。

肌になじませやすくするためのブーストオイルが含まれており、低刺激で角質層まで、成分を届けてくれるのもメリット。

カナデルプレミアホワイトのデメリットは、薬用シミトリー同様で、美白を実感するには数ヶ月かかることです。

カナデルプレミアホワイトは、ブーストオイルを含んだことで、手に取った状態ではもっちりと固いクリームでも、塗布する間に柔らかくとろみあるクリームに。

感触からも、なじませやすさが伝わります。

美白だけでなく潤いもアップで角質ケアもしたい人は、カナデルプレミアホワイトがぴったり
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

50代のシミ美白オールインワンジェルオススメと選び方まとめ

まとめ

最後に、ここまで紹介した3つの美白オールインワンジェルを個人的に感じたおすすめ順に並べてみました。

1位薬用シミトリー

2位デュオ カナデルプレミアホワイト

3位ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

個人的に1番気に入ったのは、最初に紹介した薬用シミトリーです。
薬用シミトリーは保湿だけでなくシミケア成分の強力さが魅力です。
無添加の対象の多さなど、シミケアを考えた時に達成しやすい印象も得ました。
無添加数が多い方が良い人やハイドロキノン誘導体の美白効果も実感したい人にぴったりです。
詳しくはお得な公式サイト→シミ・シワ・ホウレイ線対策に!

2番目はカナデルプレミアホワイト

カナデルプレミアホワイトはビタミンCエチルなど新成分への期待がもてます。
クリームそのものが肌の上でとろけるなど、なじみやすさが分かりやすい点が魅力です。

カナデルプレミアホワイトは保湿力も強く美白だけでなく角質ケアもしたい人にぴったりです。
詳しくは→お得なカナデルプレミアホワイト公式サイト

3位のローヤルゼリーもっちりジェルホワイトも、優秀です。

美容成分の多さは、先にも触れたとおり効果の効きにくさ・相性の良しあしをカバーしやすく、保湿も重視した構成は利用後の肌をもちもちにしてくれる点で魅力的です。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイトは、もっちりハリアップで美白したい人に向いています。
詳しくはお得な公式サイト→もっちりホワイト

それぞれに特徴やメリットは異なるので、自分の肌状況を踏まえて使いやすいものを選んでみてください。

美白オールインワンジェルでシミケアして、50代という年齢を諦めず、謳歌しちゃいましょう。