ビタミンCエチル(VCエチル)の効果!他のビタミンC誘導体と何が違う?

ビタミンCエチル(VCエチル)の効果についてリサーチしました。

他のビタミンC誘導体と何が違うのかを確認しました。

ビタミンCエチル(VCエチル)も、ビタミンC誘導体の1つで、正式名は、3-O-エチルアスコルビン酸です。

美白の王様といえばビタミンCですが、その中でもこれまではビタミンC誘導体が良いと言うことで、化粧品によく使われてきました。

しかし、最近さらにお肌へ浸透するし即効性と持続性がある成分のビタミンCエチルが注目されています。

そこで、このビタミンCエチルとは、これまでのビタミンC誘導体との違いや効果、特徴なども調べましたよ。

またこの成分ビタミンCエチルを配合した人気の3つのコスメの「DUOカナデルプレミアホワイト」「薬用シミトリー 」「フレイスラボ ホワイト VC セラム」のメリット、デメリット、向く人もチェックしました。
比較の結果ランキングを先に見たい人はこちらをクリック!

ビタミンCエチルについてのチェック内容を以下で詳しく書きました。

長文になるので時間がない場合は、ブックマークなどして後からゆっくりご覧ください。

ビタミンCエチル(VCエチル)の効果は何?美白以外もある?

疑問

冒頭でも書きましたが、ビタミンCエチルとは、正式名称は3-O-エチルアスコルビン酸と呼ばれます。

慣用的にVCエチル、ビタミンCエチルと呼ばれている、ビタミンC誘導体の一種です。

化学構造でご説明すると、3位にエチル基を結合したビタミンC誘導体だから、この名称になるわけですが、ちょっと難しいですね。

この構造になることでどんな違いがあるのか、その詳しいご説明は後に回しましょう。

また、ビタミンCエチルは、美白に有効であると言うことで、この成分を配合した製品は、医薬部外品として発売して良いと承認されている成分でもあります。

では、このビタミンCエチルは美白以外に効果があるのでしょうか。

基本的に、厚労省から認められているのは美白作用ですが、色素沈着を抑制したり、コラーゲンの合成促進をすることで老化を防いだりする作用もあるとされています。

つまり従来のビタミンC誘導体の効果効能と同じではあるのですね。

ビタミンCエチル(VCエチル)と他のビタミンC誘導体と何が違う?

徹底比較!

では、これまでのビタミンC誘導体と、一体何が違うのでしょうか。

今では一般的に化粧品に使用されているビタミンC誘導体は、塗ってから代謝されることを想定して代謝後にビタミンCになり、効果が発揮できるよう設計されているものです。

一方、ビタミンCエチルは、代謝を受けなくてもそのままで効果を発揮できることが大きな特徴です。

今までは従来不安定なのでビタミンCを誘導体という形にして代謝していたわけです。
しかしこのようにすると、どうしても効果発揮までにタイムラグがあったんですね。

それがビタミンCエチルにすることで、安定性を向上でき、しかも代謝を必要としないので、即効性が出るのです。

しかも、ビタミンCエチルは持続性もあるのも大きなポイントです。

つまり、ビタミンCエチルは、即効性と持続性のあるビタミンCなのですね。

ビタミンCエチルの特徴は?3-O-エチルアスコルビン酸と同じ?

ビタミンCエチルの正式名称は3-O-エチルアスコルビン酸ですので、特徴も同じですね。

呼び方が違うだけですので、ややこしいですがお間違えのないように、ここでしっかり整理しておいてくださいね。

ビタミンCエチルに副作用の心配ある?お昼に使っても大丈夫?

副作用は?

ビタミンCエチルは開発元によると、約10年の使用実績があり、皮膚刺激性はほとんどなし、眼の刺激性もほとんどなし、皮膚感作性(アレルギー性)もほとんどなしという結果が出ています。

ただ、皮膚科クリニックなどのホームページを見ると、刺激は少ないものの、還元作用が強いので、刺激や赤みを感じる方もおられるとのことです。

どんな化粧品でも肌に合う、合わないはありますので、使ってみてお肌に合わない場合は使用を中止されてくださいとのことです。

ですので、使用前にパッチテストをされたり、昼間の使用ではなく、夜に使用してみるなどしてみたりして、問題ないか確認してから継続使用されるのが安心です。

刺激は?敏感肌でも使える分量は?

敏感肌でも?

先ほどもご紹介した通り、安全性試験では刺激性はほとんどないとの結果が出ています。

しかし、化粧品かぶれを起こしたことのある方、アトピーなど、デリケートなお肌質の方は、ヒリヒリ感を感じる可能性もあります。

いきなり顔に塗らずに手足など目立たない部分でパッチテストをして問題がないか確認した上で、お顔に使われるようにしてくださいね。

またご心配な方はかかりつけの皮膚科医師に相談されるのもオススメです。

使用量に関しては、各化粧品で推奨されている分量がありますので、それを守り、過剰に使いすぎないようにするのが安全ですね。

刺激は少ない、安全性が高いとはいえ、人によっては、ビタミンCエチルを含め、ビタミンC誘導体はかゆみを伴うかぶれが起こることもあると言われていますので、薄めて使うなど工夫されても良いかもしれませんね。

ビタミンCエチルを含む人気の美白アイテムは?

選び方

即効性と持続性を併せ持つ、美白の頼りになる成分、そして、厚生労働省認可の医薬部外品有効成分
ビタミンCエチルですが、この成分を含んだ人気でオススメの美白アイテムはあるのでしょうか。

調べてみると大手メーカーから通販化粧品まで、いろいろVCエチルを使った化粧品が販売されるようになっていました。

今回は、口コミも良く話題の美白化粧品として特に人気の3つ、DUOカナデルプレミアホワイト、薬用シミトリー、フレイスラボ ホワイト VC セラムの違いうぃ比較してみました。

VCエチルを配合の事実だけでなく、この3つの違いや、選ぶ際のポイントについて簡潔にまとめていきますのでご参考になさってくださいね。

DUOカナデルプレミアホワイトのメリットとデメリットと向く人は?

では、DUOカナデルプレミアホワイトのメリットとデメリットと向く人についてです。

シミが気になるけど時短コスメが便利で良い!という我儘な方にぴったりのオールインワン化粧品、DUOカナデルプレミアホワイトは、口コミでも人気で知名度も高いですよね。

この化粧品にも、話題の美白有効成分ビタミンCエチルが配合されているんです。

でも、配合されているだけでは決め手に欠けますよね。

では、どんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは成分だけでなく、価格やサービスまで含めてメリット、デメリットを整理していき、カナデルプレミアホワイトの使用に向く人はどんな人か分析していきましょう。

とはいうものの、アレルギーがある方は成分チェックが最優先ですので、まずはカナデルプレミアホワイトの全成分をご紹介しておきましょう。

<DUOカナデルプレミアホワイトの全成分>

3-0-エチルアスコルビン酸、カンゾウフラボノイド、トウキエキス、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、ツボクサエキス、キウイエキス、クワエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、スターフルーツ葉エキス、ヒキオコシエキス、オウゴンエキス、スクワラン、メドウフォーム油、濃グリセリン、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、1・3-ブチレングリコール、モノステアリン酸ポリグリセリル、ジプロピレングリコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、メチルポリシロキサン、無水クエン酸、クエン酸ナトリウム、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール、香料

以上が全成分です。

DUOカナデルプレミアホワイトのメリット

・シミやくすみ、色素沈着ケアに必要な美白有効成分が配合されている医薬部外品である

・これまでのビタミンC誘導体配合コスメよりも即効持続性がある

美白だけでなくエイジングケアもOKのオールインワンクリーム(化粧水、美容液、クリーム、マッサージクリーム、マスクの5役をこなす)なので忙しい現代人にぴったり

・毎回送料無料、手数料無料、初回は格安で買えるし2回目以降もずっと定価の20%オフ

肌に合わない場合は返金保証制度(20日間)ありで安心

DUOカナデルプレミアホワイトのデメリット

・ビタミンCエチルが合わない人が稀におり、かゆみやヒリヒリ感を感じる方もいる

・男女問わず使えるコスメだが、対象年齢は40代メインである

・ジャータイプなので持ち運びはしづらい

・植物由来成分も多数配合されているのでアレルギーのある方は成分表を確認してから使うこと

DUOカナデルプレミアホワイトが向く人

・時短できるオールインワン化粧品なのでライン使いしないといけないブランドが苦手な方にオススメ

・クリームタイプなので、オールインワンが好きだけどジェルタイプは苦手という方にオススメ

・初回購入者限定キャンペーンをしているコスメは多いが、VCエチル配合のコスメではダントツに安いので気軽に試したい人にオススメ

メリット、デメリットを整理し、DUOカナデルプレミアホワイトが向く方を簡潔にまとめてみました。

とにかく、DUOカナデルプレミアホワイト一つでスキンケアが完了できて、しっかり美白対策エイジングケアもできます。
さらにコスパも良いので、できるだけ安いなら尚良い!という方にぴったりですよね。
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

薬用シミトリーのメリットとデメリットと向く人は?

続いて薬用シミトリーも人気のVCエチルを使ったオールインワンコスメですが、他の2つどどう違うのでしょうか。

ここでもまずは全成分からご紹介しましょう。

<薬用シミトリーの全成分>
【有効成分】アルブチン 【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

薬用シミトリーのメリット

ビタミンCエチルだけでなく、日中のシミケアにも使えるハイドロキノン誘導体、ビタミンCの600倍の抗酸化作用があるフラバンジェノールも配合

・定期コースにすると初回限定キャンペーンで格安で購入できる

・オールインワンジェルだからこれ一つで9役もこなしてくれる

・肌に合わない場合でも14日間の返金保証制度があるので気軽に試せる

薬用シミトリーのデメリット

ハイドロキノン配合なので白斑に注意し長期使用を避けたほうが安心である

・メインの成分は美白効果のあるアルブチンでビタミンCエチルではないのでビタミンCエチルの濃度が低い可能性がある

・ジャータイプなので持ち運びがしづらい

・カナデルプレミアホワイト同様に、植物由来成分も多数配合されているのでアレルギーのある方は成分表を確認してから使うこと

薬用シミトリーが向く人

・オールインワンなので、時短コスメが好きな方にぴったり

・お肌に優しく時短コスメであることも大事だけどとにかく美白ケアがしっかりできるもの、本気でシミケアがしたい方

シミトリーの成分、メリット、デメリット、シミトリーが向く人についてまとめました。

シミトリーは美白にかなり特化している成分が多数配合されています。
普通肌で本気でシミケアしたい人にぴったりなのがシミトリーですね。
薬用シミトリー(SimiTRY)の口コミ効果を評価!本当にシミが消える噂は本当?

ビタミンCエチルの濃度が多い方が良い人や
お肌がデリケートな方、植物由来成分が安心という方は、カナデルプレミアホワイトの方がより安心と思いました。

デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

フレイスラボ ホワイト VCセラムのメリットとデメリットと向く人は?

最後に、フレイスラボ ホワイト VC セラムのメリットをご紹介しましょう。

まずはフレイスラボ ホワイト VCセラム全成分紹介ですね。

<フレイスラボ ホワイト VCセラムの全成分>
有効成分:3-O-エチルアスコルビン酸
その他の成分:チンピエキス、プルーン酵素分解物、キウイエキス、ビワ葉エキス、ドクダミエキス、アロエエキス(2)、ローヤルゼリーエキス、クララエキス(1)、カッコンエキス、セージエキス、ヨクイニンエキス、エイジツエキス、ジオウエキス、ボタンエキス、オウゴンエキス

以上が全成分です。

これをみると、カナデルプレミアホワイトと同じようにVCエチル以外は主に植物由来成分で作られているのがわかりますよね。

フレイスラボ ホワイト VCセラムのメリット

美容液なのでお手持ちのスキンケアアイテムにプラスして使うことができる

つけて24時間以内に効果を実感する人が多い

・合成着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、パラベン、エタノール、旧指定成分が入っていない8つの無添加を約束したお肌に優しい化粧品である

フレイスラボ ホワイト VC セラムのデメリット

・お肌に優しいとはいえ、どうしても肌に合わない人もいるのでデリケートなお肌の人はパッチテストがオススメ

・オールインワンではないので、普段のスキンケアに組み込む必要がある

・カナデルやシミトリーと比べると化粧品代金のトータル金額はアップすることになる

フレイスラボ ホワイト VCセラムに向く人

・今使っているスキンケアラインは変えずに、プラスアルファで美白ケアをしっかりしたい人

美白もしたいけど無添加で肌に優しい方が最重要であるという人

このフレイスラボ ホワイト VCセラムだけプラスすると化粧品にかかるコストは上がってしまいます。

ただ丁寧なスキンケアを継続できるので、オールインワンよりも実感しやすい可能性はありますよね。

フレイスラボ ホワイト VCセラムは、敏感肌でライン使いしたい人、予算が多めの人にぴったりな美容液です。
詳しくは→フレイスラボ ホワイト VC セラム

ビタミンCエチル(VCエチル)の効果比較まとめ

まとめ

今回はビタミンCエチルについての効果や、その成分が配合された人気コスメについていくつかご紹介しました。

どれもメリットもあればデメリットもありますよね。

個人的にはビタミンCエチルの濃度も多そうでコスパも良いカナデルプレミアホワイトかなと思います。
詳しくは→お得なカナデルプレミアホワイト公式サイト

次は、普通肌でビタミンCエチルの濃度は気にせず他の美白成分も欲しい人は薬用シミトリーでしょう。
詳しくは公式サイト→世界初!独自処方でシミもシワも同時に防ぐ美白美容ジェル

今使っている手持ちの化粧品につけ加えて試して使ってみるならフレイスラボホワイトVCセラムも良いですね。
詳しくは→フレイスラボ ホワイト VC セラム

それでも迷う場合は自分にとって使いやすい形状のもので決められると良いのではないでしょうか。

3つとも口コミで高評価で成分も確かなので安心して試すことができます。