森 水絵森 水絵

シミ・くすみなど美白ケアで人気のビタブリッドCフェイスとシミトリーは、どちらが効くんでしょうか?

美白比較と選び方を調べてみました。

痛くない?

なかなか消えないシミや、顔全体が暗く感じるくすみなどに悩んでいるなら、しっかり対処できる成分を備えたスキンケアアイテムを探しましょう。

肌の透明感や明るさをサポートしてくれる成分は色々ありますが、特におすすめなのがビタミンCです。

ビタミンCは万能とも言われ、ハリに欠かせないコラーゲンを作ったり、潤い成分でもあるなど肌に様々なメリットを与えてくれます。

ただし、熱を始め、扱う上で弱点が多いのも事実。

ゆえにビタミンCを含むスキンケアを選ぶ際は、どのように弱点をカバーしているかもチェックしてみましょう。

回はビタミンC製品の中から、ビタブリッドCフェイスとシミトリーの2つをピックアップ。

ビタミンC以外の成分や使い方なども含めて、違いを比較してみました。

パウダータイプのビタブリッドCフェイス

ビタブリッドCフェイス

1つ目のビタブリッドCフェイスは、パウダー状になっており、化粧水などに混ぜて使うアイテムです。

加齢によるコラーゲンの減少や、今までに受けた紫外線などのダメージによるシミのケアを主な目的としています。

また、それらを原因としてできやすいシワやたるみ、くすみなどのケアとしてもビタブリッドCフェイスは、おすすめです。
ビタブリッドCフェイスがシミ・シワ・毛穴ケアにも効果!と人気の理由とは?

オールインワンで時短ケア可能なシミトリー

シミトリー

もう1つのシミトリーは、大きなシミや乾燥小じわにおすすめのアイテム。

1つで9役を兼ね備えたオールインワンタイプでもあります。

シミトリーは実に99%以上が美容成分であり、無添加化粧品というメリットつき。
薬用シミトリー(SimiTRY)の口コミ効果を評価!本当にシミが消える噂は本当?

ビタブリッドCフェイスに含まれている全成分や素材

ビタブリッドCフェイスは、名前の通りビタミンC(アスコルビン酸)を含んでいます。

ビタミンCには肌の明るさに役立つケアのほか、コラーゲンを生成・サポートする効果もあるため、上で挙げた悩みにはうってつけの成分です。

弱点も多いビタミンCではありますが、ビタブリッドCフェイスはミネラルによるハイブリッドパウダーでビタミンCをコーティングしています。

つまりビタブリッドCフェイスは酸化などのダメージを受けることなく、肌に届けてくれるんです。

またビタブリッドCフェイスを使うことで、およそ12時間、ビタミンCを体内でキープ、馴染ませ続ける技術を採用。

1度浸透して終わりではなく、持続させることでトラブルに対処してくれます。

ビタブリッドCフェイスの全成分ではアスコルビン酸のほか、コーティングに使われている酸化亜鉛や、ステアリン酸グリセリル、アセチルグルコサミン、ナイアシンアミド、加水分解コラーゲン、アラントインなどを含んでいます。

シミトリーに含まれている成分はビタブリッドCフェイスとどう違う?

疑問

シミトリーにもビタミンCは含まれていますが、初めから成った状態ではなく、体内で初めてビタミンCになる誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)の形で入っています。

シミトリーはビタミンCをそのまま含めないことで、弱点をカバーしているんですね。

誘導体自体も保湿効果が期待できるので、ビタミンCに変化する前も肌にプラスと言えます。

肌への馴染みやすさにおいても、シミトリーは球状ラメラ構造によって対応。

誘導体の時点でもそれなりに馴染んでくれますが、シミトリーにはほかにもいくつかの素材を含んでいます。

そのため、水と油が交互に重なっている肌のラメラ構造に合わせ、水性成分とエモリエント成分を重ね合わせた構造に。

さらに外側をナノ粒子でコーティングしたカプセル状となっています。

そしてビタブリッドCフェイスと同じく、シミトリーに含まれるビタミンC誘導体は浸透持続型。

またメイン成分はもう1つ、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)もあります。

加えてフラバンジェノールなど、10種類の天然エキスを配合。

フラバンジェノールはフランスカイガンショウ樹のエキス。

ほかにビルベリー葉エキスやユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、オリブ油、シア脂など植物由来の成分。

さらに天然のビタミンE、セラミド3(N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)、スクワランを含みます。

保湿をメインとする成分が多いですね。

シミトリーは保湿をしっかり行ってこそ美白が可能というスタンスのもと製造されており、それが成分の種類にも反映されています。

ビタブリッドCフェイスを効果的に使おう

ビタブリッドCフェイスは普段使っている化粧水や乳液に混ぜて使うだけでOK。

商品や手順を変更する必要がないので、「やらなければ」というストレスを抱えにくいメリットも持っています。

またどれか1つだけに混ぜるのではなく、化粧水と乳液2つに混ぜて、ビタブリッドCフェイスの重ねづけというアレンジも可能です。

ビタブリッドCフェイスは利用により、12時間の持続が期待できるため、朝晩2回の塗布は12時間かより近いタイミングで行うのがベスト。

朝晩ともに行いやすいのは8時(20時)でしょうか?

難しい場合でも朝7時と夜9時(21時)など、ビタミンCの効果が失われにくいペースで続けましょう。

シミトリーとどっちが使いやすい?

比べる

シミトリーはそもそもオールインワンジェルで、化粧水などに混ぜるという手間がないどころか、毎日のケアをシミトリーだけで済ませることも可能。

忙しい方には、ビタブリッドCフェイスよりもシミトリーが適しています。

ただ今使っているスキンケアが開封したばかりだと、乗り換えももったいないですよね。

特に使い始めであれば、今のアイテムが効果なしとは、一概に決められません。

使い切ってからシミトリーに切り替える、今使っているものはボディ用などほかに回す、シミトリーは忙しい朝専用にするなど、無駄にならない方法を探しましょう。

乳液やクリームなどであれば、シミトリーの後に重ねづけをして保湿を高めるという使い方も可能です。

ちなみにシミトリー1回の目安はさくらんぼ大。

容器にはスパチュラがセットになっており、ひとすくいがだいたいさくらんぼ大と分かり易いのも魅力です。

あとは手に取り、全体にまんべんなく広げてなじませるだけ。

必要に応じて量は調整しましょう。

しかし足りない場合は付け加えれば良い話ですが、多すぎるとベタつきが残る点に注意。

シミトリーは適量であれば、しっかり馴染んでべたつきにくいので、様子を見ながら自分に合った量を見極めましょう。

ビタブリッドCフェイスは誰でも安全に使える?

ビタブリッドCフェイスは、主にビタミンCとミネラルで構成されています。

シンプルな設計ゆえに、余計な成分を使っていません。

また国際化粧品原料辞典(ICID)での安全性評価や、韓国化学試験研究院でのテストをクリアしているほど。

後者の検査項目には、目に入った場合や誤飲の場合も含まれており、安全性の高さが伺えます。

ゆえにビタブリッドCフェイスは副作用なども現在報告・確認されてはいません。

ただ肌質など、スキンケアの相性は個人差が発生するので、気になる方は目立たない部位でのパッチテストをしましょう。

さらに、ビタブリッドCフェイスは普段から肌が弱い方に加えて、妊娠中や授乳中に使ってもOKです。

こちらも不安なようならパッチテストをしたり、かかりつけ医に相談しておくとより安心できます。

一方でアレルギー、特にビタミンCをメインとする化粧品で過去に反応が出た方は使用をおすすめできません。

天然のビタミンCだからこそ、アレルギーは反応しやすい可能性があります。

どうしても使いたい場合は、かかりつけ医に相談し、問題がないかを確かめてもらいましょう。

シミトリーの安全性はどうか

シミトリーは美容成分の割合が多いことに加え、7種類の無添加を実現。

界面活性剤及び、鉱物油、香料、着色料、パラベン、エチルアルコール、そしてシリコンを含んでいません。

シミトリーのジェルは白っぽいですが、乳化においては界面活性剤を使うことなく実現しています。

ゆえにシミトリーも、敏感肌など肌質が気になる方に使用可能。

一方妊娠中や授乳中など、一時的に肌が過敏になっている場合でも、シミトリーは使えます。

強力とされるハイドロキノンも、シミトリーの場合は誘導体として入っているため、肌表面に刺激とはなりにくいんです。

ただ確実ではないため、過去にハイドロキノンで肌荒れができてしまった方や、少しでも不安がある方は、かかりつけ医に許可をもらってからにしましょう。

ビタブリッドCフェイスの購入方法は?

ビタブリッドCフェイスを安く購入したいなら、公式サイトの定期購入がおすすめです。

定期お届けコースの名前で提供されており、初回のみ、定価のおよそ75%オフで利用可能かつ送料無料です。

2回目以降は送料こそ発生しますが、送料自体の金額も本来のものより割引(80%オフ)されており、製品価格も20%オフで続けられます。

支払方法はクレジットカードのほか、代引、コンビニなどでのクロネコ代金後払いから選択可能。

またAmazonpayでのログインもでき、Amazonでの買い物と同じ方法・住所入力などの手間をかけずに決済することもできます。

また継続に条件はなく、次回発送日の10日前までにメーカーに連絡を入れれば解約可能。

ちょっとだけ試したい、肌に合うかの確認が必要という方にも選び易いコースです。

発送ペースの変更や日時の指定、一時的なお休みも可能なので、解約を迷っている場合やビタブリッドCフェイスが余ってしまった時などに活用しましょう。

その代わり返金保証などはなく、返品もお客様都合は利用不可です。

加えて割引サービスは期間限定。

ビタブリッドCフェイスのキャンペーンは時期によって終了していたり、割引率が変化している可能性もあるので、公式サイトでの確認は早めにしておきましょう。
詳しくは公式サイト→話題のビタミンC12時間パック

シミトリーは安い?手続きは簡単?

計算

シミトリーの購入はどうかというと、こちらも公式サイトの定期購入でコスパを抑えることができます。

もともと定価の時点でシミトリーが安いですが、ビタブリッドCフェイスは初回割引が大きく、1回目に限ってはシミトリーより安いです。

ビタブリッドCフェイスは1回でも解約できますから、とにかく値段重視の方は先にビタブリッドCフェイスを試すのもありかもしれません。

シミトリーの割引価格は初回のみ定価の26%、2回目以降は20%でずっと続き、送料及び決済手数料も常に無料です。

手数料などが煩わしいと感じる人にもシミトリーは向いています。

シミトリーの支払方法はクレジットカードのほか、GMO後払いに対応。

Amazonpayでの決済も選べますが、代引のみ対応していないようです。

現金での支払が良いという方は、後払いでコンビニ振込を選ぶなどして対処しましょう。

またビタブリッドCフェイス同様、シミトリーの定期コースも1回から解約可能。

どちらかを試して、合わなかったらもう一方に切り替えることも容易に行えますよ。

ちなみにシミトリーでは、14日間限定で返金保証も利用可能。

ビタブリッドCフェイス とシミトリーは、どちらが効く?まとめ

まとめ

両者を比べてみると、成分ではビタミンCに特化させたいならビタブリッドCフェイスが良いです。

ほかの美容成分も一緒に欲しいならシミトリーがおすすめです。

また今使ってるスキンケアの効果も捨てがたいなら、化粧水などに追加するタイプであるビタブリッドCフェイスなら無駄になりません。

一方シミトリーは、基本これだけでOKのオールインワンジェル。

毎日忙しくて、混ぜるどころかセパレートケアすら面倒という方に向いています。

安全面ではシンプルなビタブリッドCフェイスが余計な成分を含んでいない点で良さそうですが、シミトリーは特定の添加物に対して不使用の明記がありますから、過去に添加物で悩んた方にはぴったり。

購入においては、初回の安さか、継続する上での総合的なコスパかで分かれます。

前者ならビタブリッドCフェイス、後者ならシミトリーですね。

ただどちらも定期購入ながら1回買っただけで解約することもでき、不便さはありません。

14日とはいえ返金保証があるので、合わなかった時のリスクはシミトリーの方が抑えやすいかもしれないですね。

◆選び方をまとめると・・
ビタミンC以外の美容成分もほしい人
オールインワンで手軽に時短ケアしたい人、
総合的なコスパの良さを重視したい人は、シミトリーがぴったりです。
詳しくは公式サイト→世界初!独自処方でシミもシワも同時に防ぐ美白美容ジェル

 

一方、ビタミンC成分に特化したい人、
手持ちの化粧水も使いたい人
初回の安さを優先したい人は、ビタブリットCフェイスが向いています。
詳しくは公式サイト→話題のビタミンC12時間パック

自分のライフスタイルやスキンケアの仕方などからぴったりのビタミンCアイテムを選び、明るく均一なカラーの美肌を取り戻しましょう。