秋冬のシミ対策!主婦でも簡単な美白方法

秋冬のシミ対策が気になるので主婦でも簡単な美白方法や紫外線対策についてリサーチしました。

夏が終わってようやく紫外線の悩みから解放された…と思ったのに、秋はもとより冬になっても顔はシミだらけなんてことはありませんか?

秋になりたてならまだまだ日差しが強いからなと納得もできますが、冬になっても新しいシミができてくるとなると気になってしまいますよね。

満足いく対策もできないうちに春になり、また夏が来ればさらにシミが増えやすくなるという連鎖です。

また秋冬のシミは、仕事などで外出の多い方はもとより、家にいることの多い主婦の方でも起こりやすいと言われます。

もちろん家にいるからといって紫外線が100%カットできるわけではありませんが、肌の様子が夏と変わらない、むしろ夏の方がシミは控えめだったのではということも。

今回は、なぜ秋冬のシミは発生するのか、その原因と共に、家事や育児に忙しい主婦の方でも手軽にできる対策法を探ってみました。

秋冬のシミ対策!夏と同じぐらい紫外線対策は必須

まずはなぜ秋冬になってもシミができやすいのか。

シミの原因の多くは紫外線を浴びることと言われますが、紫外線はそもそも年中降り注いでいます。

夏場は日焼け対策も兼ねて日焼け止めや日傘など徹底しているのに、秋冬になると手を抜いてしまっていませんか?

心当たりがある方は、その手抜きこそが第1の原因です。

暑さや眩しさなど、感覚として日差しが和らいだと感じる際に、紫外線も減ったと勘違いし、手を抜いても良いと思ってしまうのかもしれませんね。

また紫外線はいくつかの波形に分かれており、日焼けやシミにかかわるB波は夏場に多いものの、冬に0となることはありません。

さらに、年中強さが変わらないA波は、太陽が出ているならば曇天であっても降り注ぐほどで、肌の奥にあるコラーゲンやセラミドを破壊する力を持っています。

肌そのものを構成する成分が損なわれれば、その分刺激を受けやすくなり、シミができやすい原因と言えるでしょう。

夏以前の蓄積でシミが表面化

一方で、夏以前の対策が万全でない方も注意が必要です。

シミは秋冬にできたものが秋冬のうちに出てきているとは限りません。

そもそもシミは、紫外線などの刺激を受けた肌が、自身を守るためにメラニンという色素成分を分泌する仕組み。

メラニンは肌の奥で作られ、徐々に表層へと浮かんでくるため、作られてから目に見えるシミとなるまでにはタイムラグがあるんです。

ゆえに夏以前に受けた刺激が、秋冬になってようやく肌表面に出てきている可能性も。

日焼け止めのこまめな塗り直しなど、夏の紫外線対策に少しでも抜けがあるなら、美白ケアは秋冬以降も続ける必要があります。

ターンオーバーのペースは適切?

何?

ちなみにメラニンがシミとして肌表面に出てくるまでですが、それは肌のターンオーバーが関わってきます。

ターンオーバーは肌の代謝で、新しい肌を作って古い肌(角質など)は垢として剥がれ落ちる仕組み。

年齢にもよりますが、概ね1か月~2か月ほどで変わるとされています。

ゆえに9月にシミが目立つようになったとすれば、8月、あるいは7月ごろに発生したメラニンかもしれないのは納得ですよね。

しかしこのターンオーバーは、年齢だけでなく肌トラブルなど様々な理由によっても延びてしまうのが難点。

人によっては3か月以上に及ぶこともあります。

秋はもとより冬になっても新たなシミができる方は、ターンオーバーが延びており、8月に発生したメラニンが11月になってようやく出てきたという可能性も0ではないんです。

紫外線は年中降り注いでいるとはいえ、秋冬になってもシミが消えないどころか新たにできるようなら、ターンオーバーの長さにも注意してみましょう。

シミは刺激で発生する

更に問題なのは、メラニンが発生する原因である肌への刺激は、紫外線だけではないということ。

クレンジングや洗顔は丁寧に、なんて話をよく聞きますが、ちょっと肌をこするだけでも刺激に感じてメラニンができてしまいます。

秋冬は乾燥によるかゆみなども起こりやすい時期ですから、無意識に引っ掻いてしまわないよう、意識しておきたいですね。

シミ対策美白ケアに役立つ成分とは?

では改めて、美白ケアに役立つ成分を見ていきましょう。

秋冬だけしか効力を発揮しない成分はないので、もちろん春夏含めてのケアにおすすめです。

美白ケアにおすすめの成分はいくつもありますが、中でもアルブチンやビタミンC誘導体、コウジ酸、トラネキサム酸、プラセンタのいずれか、複数を含む化粧品がベター。

いずれもメラニンの生成を抑えることで知られていますが、それぞれに違いがあるのもポイントです。

アルブチンは植物由来でメラニンの原因から対処します。

ビタミンC誘導体はビタミンCの弱点をカバー、肌になじみやすいのも特徴。

コウジ酸は日本酒由来の成分で、日本人の肌になじみやすいのが魅力です。

トラネキサム酸はニキビなど炎症のケアもできますし、プラセンタはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど、それ自体が数多くの成分を有しています。

そしてアスタキサンチンもシミ美白やエイジングケア、肌荒れニキビケアにも効果的です。
抗酸化作用で活性酸素を抑えリカピンメラニンを必要以上に増やさなくするのでシミや美白によい仕組みです。

成分によってはスキンケアだけでなくサプリで得られることもあるので、使いやすい方を選びましょう。

美白だけでなく保湿効果も含んだ化粧品をチョイス

美白ケアなら美白化粧品を選ぶというのは間違いではないのですが、手軽なケアを踏まえたら、ほかの効果も併せ持った化粧品で手間を省きましょう。

秋冬のスキンケアでは、特に保湿も重視します。

肌の潤いは全ての肌ケアに通じるともいわれますが、秋冬は乾燥しやすいため、肌が刺激に弱くなっています。

引っ掻くほどでなくても、ちょっと擦っただけで刺激と感じてしまうケースもあるんです。

ゆえにヒアルロン酸やセラミドなど、潤い成分も入った化粧品で、肌の水分を補ってあげましょう。

そのほか、肌悩みや必要に応じてハリや弾力のアップ、シワ対策なども取り入れてください。

シミ対策では洗顔は直接手で触れないぐらいの優しさを

しっとり

こすっただけでも刺激になり、シミができてしまうという話をしましたが、普段のスキンケアについても見直してみましょう。

わざわざ高額な化粧品を買い足さなくても、見直しだけでシミケアとなる可能性も高いです。

まずメイク落としを含めた洗顔は、極力こすらないこと。

肌に触れてよいのはクレンジングのオイルや洗顔料の泡などで、手が直に肌に触れるのは避けましょう。

ゆえに泡はたっぷり作る、クレンジングオイルなどは出し惜しみせずたっぷり使うのがベスト。

もっと少なくても洗えると感じることもあるかもしれませんが、最低限、目安量はきちんと守ってください。

また昨今は手洗いうがいの重要性が高まっていますが、洗顔前に手を洗うことも、不要な汚れや皮脂が無くなる分、肌ケアにメリットとなりおすすめです。

そして洗顔時に使う水は、温かくてもぬるま湯程度にしてください。

寒いからと言って熱湯にしてしまうと、それがまた肌への刺激になってしまうからです。

肌にまだ必要な皮脂が落ちてしまうデメリットもあります。

シミになる刺激が気になるならオールインワンもあり

化粧水以降のお手入れも、やはり量はけちけちせず、目安量を守って使いましょう。

特に最初の化粧水は重要

化粧水はそれだけで肌の保湿に関わるステップですから、たっぷり使って肌に水分を与えてあげてください。

せっかく保湿成分のあるアイテムでケアしていても、水分自体が少なくては意味がありません。

必要であれば美容液などを挟み、乳液あるいはクリームで蓋をします。

肌に必要であれば使うアイテム数は問いませんが、数が多すぎるとそれだけで面倒に感じてしまったり、使うたびに肌をこする=刺激のリスクが増えるデメリットも。

もしごしごしこすってしまうのが不安ならば、オールインワンジェルなどでアイテム数を抑えることを考えましょう。

ちなみにオールインワンと言っても、それだけしか使えないことはありません。

水分が足りないなら直前に化粧水を使ったり、あるいはオールインワンジェルの成分をしっかり肌に閉じ込めるために乳液やクリームを使うことも可能です。

自分にとって必要な美容成分を得つつ、手間を最小限に抑えられる方法で続けましょう。

森 水絵森 水絵

なお保湿もできる美白オールインワンジェルでコスパも良くて主婦でも安心と人気なのがデュオ カナデルプレミアホワイトです。
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

食生活で欠かせないシミ対策に必須のビタミン

主婦であればコントロールしやすいのが食事

美白ケア成分は化粧品からだけでなく、食事からも摂取していきましょう。

特に大事なのはやはりビタミン

例えばビタミンAやB2はターンオーバーのサポートが可能ですし、ビタミンEは血行促進に役立ちます。

ビタミンCはシミはもちろん、様々な肌荒れ防止としても欠かせません。

ビタミンAはβカロテンの名前で、緑黄色野菜などのほか、肉類、卵から得ることができます。

B2も肉類や卵のほか、納豆にも含まれている成分です。

Eはいくらやたらこといった魚の卵に多いほか、ナッツ類からも得ることができます。

そしてビタミンCはみかんなどの柑橘類が有名ですね。
他でもカボチャなどの緑黄色野菜、またピーマンなどにもビタミンCは含まれています。

秋はともかく冬になると旬の食材も少なくなりますから、必要なら適宜サプリなどでカバーしましょう。

シミ美白の為に料理するならショウガとスープが鍵

食材をアレンジするなら、鍋やスープなど、暖かい料理を中心にすることもポイントです。

身体を内側から温めることは、それだけで血行促進につながり、食べた食材の栄養がきちんと行き渡りやすくなります。

ビタミンCなど、熱に弱い成分には注意が必要です。

しかしスープや鍋などの煮込み料理であれば、煮汁に染み出た成分まで全て得られるのも魅力。

またショウガは、身体を暖めてくれる食材の代表格です。

スープに入れても良いですし、生姜湯などにして別途得るのもおすすめ。

続けることが大事なので、まずは自分が好みの飲み方・食べ方を考えてみましょう。

シミ対策で普段の生活では温めることも重視

背中

日常生活でも、秋冬のシミ対策になることは多いです。

例えば入浴

秋冬は春夏に比べてしっかり浴槽に浸かるという方も多いでしょうが、入浴によって体の血行促進となり、必要な栄養を全身に巡らせやすくすることができます。

食品やサプリなどから得た成分も、体が寒さでこわばってしまえば、必要な場所まで届きません。

その点入浴であれば全身を1度に温められるので効率もよいです。

最低でも10分は浴槽に浸かる時間を設けましょう。

もし長い間入っていられないなら、お湯の温度を見直したり、お風呂の中でマッサージをしてみるのも手。

熱すぎる温度で数分しか入っていられないよりは、多少ぬるめでも十数分しっかり入った方が身体もあたたまります。

温度に関係なく、やることがなくなって飽きてしまうならば、手足を揉みこんでより血行を促すのがおすすめです。

ほかにも美容パックや歯磨きなど、浴槽に使ってできることを併用すれば、入浴時間を増やすことができますよ。

意外とバカにならない腹巻

腹巻き

入浴時間以外でも、体を暖める工夫ができればベスト。

注目したいのは腹巻です。

お腹は服を着こんでいれば暖かいイメージがありますが、内部までその熱が伝わっているかというと悩ましいところ。

内蔵が集中している部位でもありますから、重点的に暖めてあげましょう。

腹巻であれば、お腹にフィットするタイプがほとんどなので、熱を逃がす心配がありません。

カイロなどを入れるポケットがある、自身が発熱するなど、より保温に便利な腹巻もあるのでチェックしてみてください。

また就寝時に、冬でも布団からはみ出てしまう方などにも、身体にしっかり着けられる腹巻は、冷え対策としておすすめです。

ほかにも厚手の靴下やアームウォーマーなど、冷えやすい部位に適したアイテムを身に付けましょう。

もちろん汗をかいたり、ムレが気になると感じたら適宜外すなど、自分にとってほどよい使い方・アイテムを探すことも大事です。

秋冬のシミ対策!主婦でも簡単な美白方法のまとめ

まとめ

では、秋冬のシミ対策!主婦でも簡単な美白方法のまとめです。

秋冬は夏以前に発生したメラニンが、ようやくシミとなって表に出てくることがあります。

また紫外線は常に降り注いでいるにも関わらず、対策を夏ほど行わなくなってしまう、紫外線以外の刺激を受けるなど、様々な要因でシミは作られています。

美白そのものにはアルブチンなどのケア成分を使うことが大切ですが、秋冬は肌がデリケートになりやすいので、保湿も併せて行いましょう。

さらにスキンケアの仕方はもとより、食事や入浴など、普段の生活で見直せるところをチェック。

美白ケア方法を新たに増やすのではなく、できる範囲で変えていくことも、手間なく続けるコツです。

秋冬もしっかりシミ対策をして、透明感溢れる肌をキープしましょう。

森 水絵森 水絵

保湿もできる美白オールインワンジェルでコスパも良くて主婦でも安心と人気なのがデュオ カナデルプレミアホワイトでしたね。
デュオ カナデルプレミアホワイトの口コミ!美白ケアは本当?

サプリでは美白サプリというよりアスタキサンサプリをとることをおすすめします。
理由は、強い抗酸化力で美白にも良く、エイジングケアにもなります。
ダイエットにも良いのも魅力です。
色々ありますが、最近私が気に入っているのは、「あい楽」です。
3粒で9mgのアスタキサンを含むのが魅力です。
「あい楽」は何より目の疲れやかすみ、ピント調整にも良いので、主婦にとって一石二鳥以上の価値があるからです。
アスタキサンチンサプリあい楽の効果!口コミ