森 水絵森 水絵

化粧水と美容液どちらが大事でしょうか?

お金をかけた方が良いのはどちらかなと疑問に思ったのでリサーチしました。

化粧水と美容液どちらが大事?お金をかけた方が良いのはどちら?

スキンケアの序盤で使う化粧水と美容液。

その役割をきちんと理解していますか?

化粧水はなぜ1番最初に使うのか、美容液は使わない人もいるのはなぜか。

また化粧水はパシャパシャとたっぷり使うイメージがある一方で、美容液は少量でも十分なことが多いですね。

今回はスキンケアにおいて化粧水と美容液の重要性、また、よりお金をかけるべきはどちらかなのかを考えてみました。

結論を書くと、お金をかけるべきは、美容液です。しかし美容液だけでなく化粧水も大事です。

化粧水は、こだわり成分がない場合や資金面で不安な場合は安価な物でも大丈夫です。

この結論に至った理由やリサーチ結果や使用上での注意点など書きますね。

化粧水の役割って?

ポイント

化粧水は名前の通り水ですが、その主な目的は潤いではありません。

もちろん化粧水を肌に与えることで潤うのも事実ですが、メインとなるのは肌を整えて乳液やクリームをなじませやすくすること。

乾燥肌など、荒れている場合にメイクのノリが悪くなるのと同じで、キメが乱れている肌では美容成分などがなじみにくいです。

そこで化粧水を塗布することで一時的に潤わせ、角質を柔らかく、キメを整えてほかのスキンケアを使いやすくする役割を担っています。

また化粧水が保湿向けではない理由として、水分を留めにくいというデメリットがあります。

塗布してしばらくは肌表面が湿っていますが、乳液やクリームを塗った場合に比べると乾きやすくありませんか?

化粧水は乳液やクリームのように潤いに蓋をして留めることができないため、化粧水のみでスキンケアを済ませてしまうと、潤いも逃げやすいんです。

潤いを与えることはできても長時間のキープは難しいので、乳液やクリームとは必ずセットで使いましょう。

化粧水の正しい使い方

使い方

化粧水は手にたっぷりと取ってつけるのがベストです。

コットンはパックとして使うならともかく、化粧水を与えるだけに使うと肌をこすってしまい、いかにふんわりした素材であっても肌にはダメージとなってしまうことも。

しかし手なら、敏感などの差はあっても顔と同じ皮膚。

触れても負担になりにくく、また体温で化粧水が温まるので、冷たさという刺激も起こりにくいです。

ちなみにたっぷりの量は、可能なら2度付けするぐらいがおすすめ。

おでこや頬など顔の中心から、外周部へと広げるようになじませていきましょう。

次のスキンケアに移る前に、ハンドプレスで肌に化粧水を入れるように押すと、なじみやすさも違います。

ただ繰り返しすぎると肌に化粧水の成分が移ってしまうので、ハンドプレスはパーツごとに1、2回ぐらい行えば十分です。

またコットンパックは、肌の乾燥が気になる日や、乾燥肌の方におすすめ。

乾燥が気にならなければ行わなくてもよいですが、反対に酷いと感じるようならスペシャルケアどころか毎日レベルで行うことも考えましょう。

ぴったりな化粧水を探すにはどうすればいい?

ホント?

化粧水はみな同じではありません。

しっとりタイプとさっぱりタイプといったテクスチャや、含まれる成分にも違いがあります。

普通肌であれば好みで決めるのもありですが、乾燥など肌質が気になる場合は、それぞれに適した化粧水を選びましょう。

例えば乾燥肌の方は、潤いを感じやすいしっとり系のテクスチャ、またセラミドやビタミンC誘導体などの成分が入った化粧水で肌をいたわるのがおすすめです。

一方脂性肌の場合は、さっぱり系で快適に過ごすのもよいですが、注意したいのがインナードライ。

脂性なのではなく、内部の乾燥を補おうとしてたくさん脂を分泌している可能性です。

その場合は乾燥肌と同じく肌をいたわった化粧水がおすすめ。

もし現在さっぱり系の化粧水を使っていてなじみがよくないと感じたら、インナードライ肌の可能性が高いので、しっとりタイプや美容成分の入った化粧水に切り替えてみましょう。

また乾燥もあり脂性でもある混合肌の方は、美容成分やしっとりさに加えて低刺激の化粧水がおすすめ。

乾燥と脂性両方のトラブルが出ているのはより肌がダメージを受けているともいえるので、ケア成分だけでなく、オーガニックなど負担をかけにくい素材で作られた化粧水を探しましょう。

敏感肌の方も同じです。

ただ敏感肌の場合は、美容成分でも刺激になることがあるため、低刺激かつシンプルな化粧水をおすすめします。

化粧水は高級品のほうがいい?

化粧水は高級品のほうがいい?

化粧水は価格でも様々な種類がありますが、必ずしも高級だからよいとは限りません。

高額になる理由は、含まれる成分の稀少性はもちろんですが、開発に関わった方の人件費、容器の値段なども影響します。

成分だけみたら数百円だったという化粧水も少なくありませんから、どうしても欲しい成分があるなど、明確な理由がなければ安価なもので十分です。

たくさん使ってももったいないと思わずに済み、肌にもたくさん与えられます。

もちろん成分がよくて美容液も兼ねた化粧水なら、それを使うと効果的ですよ。

森 水絵森 水絵

私が最近使って気に入っているのは、ファインビジュアルの馬プラセンタも含む美容液化粧水のバイタルコンディショニングローションです。

これなら1個ですみます。その後はクリームか美容オイルで蓋でOKですよ。
ファインビジュアルのビジュアルアップトライアルセットの口コミ効果体験レビュー

化粧水を使わないスキンケアは成立するか

化粧水を使わないスキンケアは成立するか

そもそも導入スキンケアのような立場の化粧水を、私たちは当然のように使っていますが、化粧水を使わないというケア方法は可能なのでしょうか?

実は化粧水を使わない方法も、近年行われています。

方法は洗顔直後に乳液からスタートするというもの(美容液を使わない場合)。

オールインワンジェルでのケアに近いです。

化粧水を避ける理由は、過剰な付けすぎや塗布時の刺激で肌トラブルを招いてしまっていること。

油分がほぼない化粧水は、力を込めなくても手やコットンが肌に直接触れているようなもので、乳液やクリームのように、間に挟んでいる感覚はないです。

もちろん丁寧に塗布している場合や、しっとり系の化粧水などで肌の上に1枚膜を感じられるようならよいのですが、そうでない方にとっては逆効果なのでしょう。

また化粧水を入れないことでメイクのノリが悪くなる、あくまで過度なケアに対する解消法なので、そもそもスキンケア不足の方には不向きなどのデメリットを持っています。

もし化粧水を使わないケアする際は、悪化してまで無理に続けないように。

オールインワンジェルに近いと言いましたが、化粧水がないことになれる意味でも、オールインワンジェルから始めてみるのもありですよ。

森 水絵森 水絵

オールインワンジェルで良い感じなのがグラスキンやシミトリーです。

美白と潤いアップと高評価が薬用シミトリーです。
薬用シミトリー(SimiTRY)の口コミ効果を評価!本当にシミが消える噂は本当?

グラスキンは中から美容液が滲み出てくる感じですよ。
グラスキンの美白効果と口コミ!シミや乾燥に即効は本当?

美容液を使うメリットとは?

メリットデメリット

一方美容液は、名前のとおり美容成分が豊富

基本的に化粧水や乳液、クリームが保湿を中心とした単一の効果を持っているのに対し、美白やエイジングケアなどの効果があったり、複数の効果を備えた美容液も存在します。

ちなみに別々の効果であれば、複数の美容液を同時に使うのもあり。

美容液なら化粧水などではありえない使い方ができるのも特徴です。

もちろん化粧水などにも、美白化粧水などの名称がついた製品はありますが、わざわざ美白と名前に付け加えているあたり、通常はないからとも言えます。

また美容液にも、肌を柔らかくしてほかのスキンケアがなじみやすようサポートする役割もあります。

美容液は洗顔直後、あるいは化粧水の次ぐらいと早めに使うことが多いのも、乳液やクリームをなじませやすくする目的があるからです。

水分主体の化粧水に比べると、美容液は柔らかくしたりなじみやすくするための成分が別途入っていることもあり、化粧水とは異なるアプローチで肌を整えていると言えます。

角質層など、肌の奥まで届くと謳っている製品も多いですね。

化粧水だけではなじみがいまいちと感じて美容液を使い始めた、という方もいるのではないでしょうか?

美容液の使い方

使い方

美容液は製品ごとに使い方が異なります。

導入美容液は洗顔直後。

あるいは化粧水よりも後に使うことがありますし、テクスチャなどの問題で、稀に乳液より後というタイプも存在。

ただどのタイミングであれ、1回の目安量はきちんと守って使いましょう。

化粧水のようにたくさん使っても、美容成分の全てがきちんと肌に吸収されるとは限りません。

食事でたくさん栄養を取っても、過剰分は排泄されてしまうのと同じです。

量が少ないと効果がないのではと不安になるかもしれませんが、そもそもスキンケアの効果が出るまでには、早い人でも1か月はかかります。

ターンオーバーのペースなどによっては、1年近くかかってようやく変化を感じられるなんてことも少なくありません。

多くのスキンケアではまず3か月を目安にしているので、目安量が少なすぎと感じても、まずはその量のまま3か月続けましょう。

量を変えたり、自分でアレンジを加えるのはその後です。

自分に合った美容液を選ぶコツ

コツは?

美容液を追加する際は、普段のスキンケアで得られない効果・成分を意識すると簡単です。

先ほども言ったように、乳液やクリームなどは保湿がメインですから美容液は美白にする、年齢肌が気になってきたからエイジングケアにする。

あるいは化粧水が美白効果を備えているので、あえて美容液は保湿メインにするなど。

また乾燥肌や敏感肌の方であれば、美容液もほかのアイテムも全て保湿メインにして、いたわりを徹底するという選び方もあります。

肌悩みが深刻だったり、しっかり対処したい場合は、アイテムの役割をそろえた方がケアしやすいです。

高級美容液を買うメリットはある?

メリットデメリット

化粧水に比べると、美容液の方が、多少値が張っている商品でも買う価値はあるでしょう。

美容液はその特徴から様々な成分を含む可能性があり、肌によい成分ほど貴重品。

素材を手に入れる費用がかかるため、美容液の製品価格自体も高く設定されやすいです。

そうしないと、メーカーさんが大赤字になってしまいますからね。

美容液の場合ももちろん人件費などが費やされてはいますが、化粧水よりも肌ケアの目的が多岐にわたっている分、成分もこだわったものが含まれています。

保湿はもちろん美白、ハリ、エイジングケアなど、具体的に対処したい悩みがあるなら、対応している成分にこだわった美容液を選びましょう。

逆に美容液は1回の目安量が少ないことも多いので、高額でも数か月分に相当するなど、コスパはよい商品もありますよ。

森 水絵森 水絵

例えば人気の美容液でコスパが良いと思うのは透輝の滴です。
透輝の滴(とうきのしずく)の口コミ効果やコスパを評価!たるみ美容液の噂は本当?

ビューティーオープナーもコスパがよく効果的と人気ですね。
ビューティオープナーオイルの口コミ効果レビュー!年齢肌ケアの噂は本当?

なおアトピーなど敏感肌でシンプルな完全無添加の美容液が良い場合は、サラヴィオ美容液が化粧水も兼ねて使いやすかったです。
サラヴィオ美容液の使い方にコツはある?アトピー乾燥肌で悩み中

お金をかけるべきはどっち?

どちら?

結論から言えば、お金をかけるべきは美容液です。

よい成分を肌に与えたいならば、多少はお金をかけてでも美容液選びにこだわりましょう。

反対に化粧水は、大容量かつ安いものでも大丈夫です。

製品価格では高めに見えても、100mlあたりや1回分で見た場合のコスパもチェックし、パシャパシャ使う、コットンパックをするなど毎日たっぷり使ってあげましょう。

美容液より前に化粧水を使う場合も、たっぷり塗布してあげれば美容成分がなじんでくれます。

夏場なら冷却など、全身のケアにも役立ちますから、化粧水の量は大事です。

とはいえ必ずしも化粧水を安いものにしろ、ということではありません。

たっぷり使うことが重要なので、美容にお金をかけることができるなら、ちょっと高めの化粧水をパシャパシャ使ってもよいでしょう。

問題なのは、化粧水を高いからとケチって少量しか使わないこと。

自分にとってケチりたくなるような金額なら、その化粧水はやめたほうがいいです。

一方高級品で粗悪ということは起こりにくいですし、美容液同様化粧水も、価格が上がれば独自成分などを含んだ製品もあり、肌悩みに対処しやすくなります。

大事なのはどっちも!

ポイント

また美容液にお金をかけたからと言って、美容液だけが大事なのではありません。

化粧水は肌を整える役目があり、ともすると美容液よりも先に使うことが多いです。

つまり美容液の成分をなじませるためには、化粧水でしっかり肌を整えなくてはいけません。

お金は美容液にかけても、化粧水を使わない、自分の肌に合わないものでもよいということはないんです。

むしろ美容液のためにも、たっぷり使える化粧水で肌をケアしてあげましょう。

化粧水と美容液どちらが大事?まとめ

まとめ

化粧水も美容液も肌を整え、乳液などほかのスキンケアをなじませやすくするという点では共通しています。

ただ化粧水は1度にたくさん使うことが多く、美容成分だけでなく水分でのケアも行ってるイメージ。

一方美容液は、塗布するだけではなく中に含まれる成分でもって肌を整える印象があります。

また美容液は複数の成分を備えた商品も多く、肌トラブルを抱えている方、保湿だけではカバーしきれないときに便利。

ゆえにお金をかけるなら美容液ですが、基本では化粧水も大事です。

たっぷりの水分を与えるのは、表面上とはいえ肌に潤いを与えてくれますし、美容液も商品によっては、化粧水の後に使うものもあります。

乳液やクリームで蓋をするのも、化粧水で蓄えた水分を逃さないためとも言えますね。

よって美容液は少量・高額でも悩みが解消できそうなら背伸びを、化粧水は安価かつ大容量でたっぷり使ってあげられる商品がベストです。

美容液と化粧水を効率よく使って、肌悩みから解放されましょう。