内臓の調子からくる肌荒れに対するアプローチは何が良い?

荒れる原因がわからない肌トラブルってあるんでしょうか?

近頃シミや乾燥など、様々な問題に悩まされています。

でもその理由は解らないまま。

スキンケアは朝晩欠かすことなく続けていますし、シミに良いなど、その時のトラブルに合うものを選ぶようにもしています。

アイテムを止めたら肌が良くなったということはないので、スキンケアと肌の相性が悪いという可能性もないです。

また洗顔で肌を削るようなやり方をしているわけでもありません。

メイク落としも時間はかかりますが、オイルではなくクリームタイプで優しく洗っています。

気になることがあるとすれば、年齢が30歳を超えているということぐらい。

確かに20代に比べて疲れやすくなったり、肌を含めて回復が遅くなったなという感じはします。

しかし私の周囲で、ここまでトラブルに悩んでいる人はほとんど見当たりません。

友人らがより高価な化粧品を使っているならまだ解りますが、皆結婚や出産によって、コスパ重視の生活。

プチプラなど安いもので十分と言っている人が多いぐらいです。

アイテムによっては私のほうが高価なものを使っている時すらあるので、余計に理由が分かりません。

一体私はなぜ肌が荒れてしまうのでしょうか?

体の中に原因があった!

インターネットなどで世間の噂を見ていると、私と同じように初めは原因が分からず悩んでいたという人は少なからずいるようです。

後で気づいた理由は、それこそ洗い方の誤りや合わないスキンケアを続けていたなどもありましたが、その中に1つ、ビックリするものがありました。

それは内臓が弱っている、あるいは何らかの疾患を抱えているために肌荒れになったパターンです。

メカニズムは不明ですが、一種のサインのようなものなのかもしれません。

内臓の健康状態は、痛みや違和感を感じていなければ、病院などで診察してもらうまで異常を察することができません。

弱っていることを知らせるために、肌荒れという形で表面に出ている可能性もあるみたい。

食事はきちんと噛んでゆっくりと

例えば胃の疲労。

病気でなくても、例えば1度にたくさんの食事をした場合、胃はその分だけ消化を行うことになります。

時間をかけて大量に食べるならまだしも、一気に食べるため、胃は消化スピードも早くしなければいけません。

結果、疲れてしまうという流れです。

たとえ量は少なくても、食事スピードが速い人も該当する可能性あり。

普段から早食いしてしまう人は、噛む回数を増やして時間をかけましょう。

咀嚼が増えれば消化しやすくなるため、胃にとってもありがたいんです。

また消化器官であるためか、胃に原因がある場合は口周辺に肌荒れができるケースが多いそう。

関連する部位の肌荒れになることも、内臓が弱っていることを示すサインと考えられる理由です。

そういえば、私も今口周りが乾燥しがち。

この間家族でバイキングに行き、元を取ろうと食べ過ぎたのが原因かもしれません。

ちなみに胃、あるいは腸に問題がある場合、頬やおでこも肌荒れしやすいです。

老廃物や毒素が肌へ流れるケースも

また内臓は食べ物の栄養を吸収するだけでなく、添加物など不要な物質を選り分け、排泄する機能も持っています。

しかし弱ってしまえば、これらの機能も低下。

するとどうなるかといえば、不要物も体内に吸収され、血液やリンパの流れによって肌表面に届いてしまいます。

当然肌にも良い影響はなく、かえってトラブルになってしまうパターンもあるそうです。

特に肝臓はアルコールの分解など、不要物の選り分けが多い器官。

普段からお酒を飲んでいる方は、内臓への負担を取り除くことから始めたほうが良いかもしれません。

ちなみに肝臓の場合、肌トラブルとしてかゆみと伴う湿疹などが生じます。

お酒を飲まない人でも、かゆみ止めなどで対策できないなら、肝臓が弱っている可能性を疑ってください。

腸が弱っていたら栄養が得られない

さらに機能の低下は、必要な栄養の吸収をも妨げてしまいます。

肌に良い食品を口にしても、腸が弱っていては効果も半減。

ちなみに腸に起因する肌荒れの場合、普段から下痢や便秘に悩んでいる、おならが自分でも気になるほど臭いなどの症状が出ていることも多いです。

私も便秘気味なので、普段からの肌荒れという意味では胃よりも腸に原因があるのかも。

上で肝臓が不要物を排泄できないケースがあるとしましたが、毒素を含んだガスなどは腸で生まれます。

肝臓が健康な状態でも、対処できないほど多くのガスを腸で作ってしまうと、いずれ肝臓も弱ってしまうでしょう。

腸と肝臓の両方が該当する場合は同時対処が望ましいですが、難しい場合はまず腸内環境を整えでガスの発生を減らし、肝臓への負担を抑えるようにしましょう。

そうして必要なものだけ摂取して不要なものは排泄する、このサイクルを取り戻すんです。

腸内環境の調整ならば、やはり乳酸菌に代表される善玉菌のの摂取がおすすめ。

また動物性タンパク質や糖質、脂質などを必要以上に摂り過ぎないことも心がけてください。

適量なら健康維持に役立ちますが、過剰になると悪玉菌を増やす一因になってしまいます。

内臓に原因があるかもしれない人はこんな状態

上記以外にも、内臓が弱っている人に共通する現象があります。

例えばアルコールは飲まなくても喫煙する、食事が1日2食以下、運動及び睡眠不足など生活習慣に起因する理由。

食事に限っては冬でも冷たいものばかり、野菜を避けているなども原因として考えられます。

たくさん当てはまる人ほど可能性が高まるので、自分の場合はどうか確かめてみてはいかがでしょう?

そしてもう1つ、ダイエットのし過ぎも注意です。

目安として、1ヶ月で5kg以上体重を減らそうと思って活動している人が当てはまります。

より早く痩せたい気持ちは解りますが短期間で行うと健康を阻害しますし、一時的に成功しても後にリバウンドする可能性が高いです。

ダイエット自体をストップさせなくても良いので、せめて1月3kg未満を目標にしてください。

運動など、健康的なダイエットほど短期の成果は少なく、長期での成功を見込んでいますよ。

女性特有の症状は顎に出る

また肌荒れに加えて生理不順などのトラブルを抱えている人は、子宮や卵巣に負担がかかっているのかもしれません。

この場合、肌荒れは顎にニキビとして集中することが多いそうです。

将来的に妊娠や出産を考えているなら、早めの対処をおすすめします。

自身で行うなら基礎体温チェックによる毎日の管理や、女性ホルモンを安定させるための工夫をしましょう。

内側で増やせるように生活習慣を見直したり、外から植物性のエストロゲンやプロゲステロンを補給すると良いですよ。

またこの場合、上記の項目で体の冷えに該当する人が多いのも特徴。

常に体を温めるられるように、衣類や食品で調整しましょう。

場合によっては病院へ

弱っているならまだしも、何かの症状を抱えているようなら病院へ行きましょう。

例えば口周りの肌荒れの場合、胃が弱っているだけなら食べる量を抑えたり、時間を空けることで胃に休んでもらえばケアになります。

いずれ肌荒れも元に戻るでしょう。

しかし休ませるだけで肌荒れが解消されないようなら、病気の可能性を疑うべきです。

内臓のトラブルが解決しなければ肌もそのままなのですから、無理せず病院へ。

肌荒れというサインが出ているだけなら、病気だとしても軽度の可能性が高く、対処も容易となります。

何もなかったとしても、改めて肌荒れの原因について、専門家の診断を仰げるメリットもありますね。

様々な器官がありますが、中でも肝臓は自然に戻ることが困難と言われる部位。

お酒大好きなどの理由で心当たりがある方は、1度内科などを受診しましょう。

プラセンタで内臓ケアができる?

さて改めて内臓への配慮が大事と解りましたが、対策の1つにプラセンタの摂取が良いと聞きました。

プラセンタはどちらかといえば、内臓よりも肌に直接効果を与えるイメージがあったので意外です。

内臓に対して行う効果としては、まず女性ホルモン様作用があります。

植物性エストロゲンと同じように、女性ホルモンの代わりに活躍してくれる効果ですね。

実は女性ホルモンが不足してしまうと、メタボや高血圧になるリスクが高まるそう。

更年期にありがちな症状も多く、女性ホルモンが少ない時期に発生しやすいのが解ります。

女性器だけでなくほかの内臓にも良く、また男性が摂取することでも、負担軽減や将来のリスク低下に繋がるんです。

健康だけでなく若さを保つのにもピッタリ

加えてプラセンタは抗酸化の効果も持っています。

内臓は働かせすぎて弱るだけでなく活性酸素によって酸化、つまりサビて衰えることでも機能が低下してしまいます。

活性酸素も通常であればむしろ体に良いのですが、紫外線などの影響で増えすぎてしまうことも。

プラセンタを摂取すれば、活性酸素による内臓の老化も抑えてくれるので、内臓も若さをキープしやすいんです。

さらに成長因子によって、肌のターンオーバーを促してくれるのも魅力。

内臓がもとに戻っても、1度肌に現れたトラブルはすぐに消えません。

仮に発生しているのがシミなら、色素を取り除く必要があります。

しかしプラセンタによってターンオーバーが本来のペースを保ちやすくなれば、肌が健康を取り戻すのも容易に。

あくまで目標は内臓だけでなく肌の問題も解消することですから、そこまで含んだ対処ができるプラセンタはうってつけです。

「ヴィーナスプラセンタEX」で摂取も内側重視

そんなプラセンタは、サプリとして摂取するのがおすすめ。

化粧品の場合は肌への付与になってしまうため、内臓まで効果が及びにくいんです。

その点サプリなら飲むことによって、内臓へダイレクトに実感を届けてくれますね。

中でも個人的に良いと思ったのは、「ヴィーナスプラセンタEX」というサプリです。

詳しくはお得な公式サイト→オージオ ヴィーナスプラセンタEX

1日の摂取目安は4粒ほどなのですが、中にはプラセンタエキス21600mg分が濃縮されています。

実際に飲む量は少ないのに、中に含まれるプラセンタが多いのは嬉しいですよね。

プラセンタの中にはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど栄養もたっぷり。

これらが肌だけでなく内臓ケアを行ってくれるわけですが、バランスよく補給できるという意味で、不規則な生活や偏った食事をしている人にも良さそうです。

さらにプラセンタだけでなく、ローヤルゼリー、コラーゲン、ツバメの巣エキス、プロテオグリカン、高麗人参など美容成分もプラスしています。

美容と健康にも良い成分が加わっていて嬉しいなと思いました。

4年連続モンドセレクション金賞受賞の実力で評価も高いのもいいですね。

ヴィーナスプラセンタEXで体もスッキリ

ヴィーナスプラセンタEXはソフトカプセルタイプなので飲みやすいのも良かったです。

飲み始めてみると、なんだか体が軽くなったような気がします。

1週間ほどで便秘になる回数が減りましたし、体だけでなく気持ちの面でも調子が良いんです。

3ヶ月ほど続けていますが、便秘は多くても2日続くぐらいで、次になるのが1週間先と間隔が伸びています。

かと言って下痢になってしまうこともなく、変な話ですがトイレが楽しみになっています。

肌は乾燥がまず少なくなりましたね。

シミはまだ残っていますが、以前より薄くなった感じ。

メイクのノリもよくて、むしろ周囲から綺麗になったと評判も上々です。

まとめ

肌そのものに原因があるトラブルならば、スキンケアで対処できます。

しかし時に、内臓の異変がサインとして現れていることも。

そんな時はいくら外側のケアをしても、なかなか解決しません。

もし原因が不明、あるいは上記の可能性に心当たりがあるなら、プラセンタサプリのヴィーナスプラセンタEXがおすすめ。

内側からのケアなので、肌だけでなく内臓の問題にも貢献してくれます。

美肌のためにも、ヴィーナスプラセンタEXで内臓美人になりましょう。

詳しくはお得な公式サイト→オージオ ヴィーナスプラセンタEX