森 水絵森 水絵

スルスルこうそとラクビ(LAKUBI)の違いを比較しました。

ダイエットに良い選び方のコツは何でしょうか?

若い頃のように、食事制限をしただけでは、そう簡単にダイエットできなくなってきたとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

特に家事や仕事、育児に忙しい30代頃の女性は、体重自体はそんなに大きな変化がないのに、気がついたらお腹がポッコリしていたなど、体型の変化に悩まれている方も多いです。

そんなお悩みをお持ちの方の多くは、加齢による基礎代謝の低下、食の欧米化、ストレスなど様々な原因で腸内環境が乱れた結果によるものなのはご存知でしょうか。

ダイエットを成功させるにはがむしゃらに運動をしたり、断食をしたりすれば良いというものではありません。

腸内環境を整え、老廃物を体に閉じ込めやすくなっている体を痩せやすい体質にしていくのがダイエットの近道です。

そこで今回は、腸内環境を整えてダイエットをサポートするタイプのサプリ、スルスルこうそとラクビについてご紹介しましょう。

スルスルこうそのメリットとデメリット

ダイエットや美容、そして毎朝のお腹の詰まりケアのサポートをしてくれるサプリとして人気のスルスル酵素ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

また、スルスルこうそを飲む上でのメリットとデメリットについてもご紹介します。

まず、スルスルこうその最大の特徴は、加齢によりどんどん減少していく体内の酵素を外から摂取してサポートしていくサプリだというところです。

つまり、消化がうまくできずに溜まっていくいろいろな老廃物などをスルスルこうそに配合されている約80種類の野草エキスで消化を助けていくというのがスルスルこうその役割です。

そして、スルスルこうそのメリットは、特殊製法で、この野草エキスの持つ酵素活性を失わずに、カプセルに封じ込めているところです。

だから、腸までしっかり届き、胃腸を動きを助けることができるのですね。

消化を助けるサプリは市販でも色々出ていますが、酵素活性を失わずに腸まで届けられる設計になっているものは、なかなかありません。

しかも、スルスルこうそは、植物由来成分で、安心、安全な品質のものを使用しているので、自然なお通じに期待できることも大きな特徴です。

またスルスルこうそは、乳酸菌も配合されています。

この乳酸菌がスルスルこうそ1粒あたり500億個も入っているので、美容やダイエットの基本となる腸内環境を整えるサポートできるのも嬉しいですね。

一方で、スルスルこうそは、デメリットもあります。

スルスルこうそは、やはり口から摂取するため、食べたサプリ全てが吸収され、利用されるというわけではないところです。

また、普段お通じのお悩みがない方がこのサプリを飲むと、もしかしたらお腹が緩くなってしまう場合があるということでしょう。

そういう場合は、慣れるまでは通常、1日2粒飲むところをスルスルこうそ1日1粒にして様子を見られると良いでしょう。
スルスル酵素の効果と口コミが気になる!

ラクビ(LAKUBI)のメリットとデメリット

乳酸菌サプリでもう一つおすすめなのがラクビ(LAKUBI)です。

こちらは、どのような特徴があって、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

ラクビ(LAKUBI)は、腸内環境を良好に導いてくれるサポートをする短鎖脂肪酸を作り出す菌「酪酸菌」と「ビフィズス菌」が配合されているサプリです。

短鎖脂肪酸とは、文字通り、脂肪酸の一種で、炭素数が少ないものをいいます(炭素数6以下)。

この短鎖脂肪酸が、最近の研究で、腸内環境を整え、お通じを改善する働きがあると注目されています。

腸内環境を整える乳酸菌サプリなどは他にも市販されていますが、直接腸内環境調整の主役である短鎖脂肪酸をラクビは、体内で作り出すことができるというのがとても画期的ですよね。

これがラクビ(LAKUBI)のメリットです。

では、ラクビ(LAKUBI)のデメリットはなんでしょうか。

それは、ラクビ(LAKUBI)で結果や効果を実感するまでに少し時間がかかるということです。

便秘改善とか、ダイエットとかいうと、だいたいが「便を出させる系」のサプリや薬が多いです。

でも、ラクビは体質改善サポートからおこなうサプリなので、即効性は期待できません。

ラクビを飲むだけですぐに痩せるとか、便通がすぐに治るとかいうものではないということです。

運動を取り入れつつ、腸内環境をラクビで整え、徐々に理想に近づいてくるのです。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

乳酸菌サプリがダイエットに良いって本当?

ここで、今更ではあるのですが、乳酸菌サプリがダイエットに良い理由をお答えしましょう。

乳酸菌サプリは、その名の通り、乳酸菌が配合されているサプリです。

乳酸菌はいわゆる善玉菌の一種で、腸内環境を整えてくれます。

腸内環境を整えるとどうしてダイエットにつながるのでしょうか。

体型がぽちゃりしてきたとか、そんなに食べていないのに体重が増えてきたという場合、原因として、ストレス、運動不足、消化不良、便秘、基礎代謝低下が考えられます。

そして、これを改善するには、腸内環境を整えるのが一番の近道だからです。

腸内環境を整え、代謝アップ、免疫力アップができると、体全体のめぐりが良くなるので、痩せやすい体質に変わっていくからです。

痩せ体質へのパスポートが乳酸菌サプリなのです。

酵素サプリでダイエットできるのは本当?

乳酸菌サプリと同様に、酵素サプリもここ数年人気ですよね。

酵素サプリがヒットしたのもダイエットに良いからですね。

これも理由は簡単です。

体内の酵素は年齢とともに減っていくので、外から補うことで、体の中で働く酵素を増やし、結果的に代謝を促進することにつながっていくからです。

代謝が良くなれば、運動するだけカロリーが燃焼し、ダイエットになりますもね。

全成分(原材料)の比較でわかることとは?

スルスルこうそとラクビ、どちらも腸内環境のお悩みやぽっこりお腹のお悩み解消にオススメのサプリですが、どう選べば良いのか悩みますよね。

ここでは全成分を比較して、成分的にどんな特徴があるのかみていきましょう。

スルスルこうその全成分(原材料)

スルスルこうその全成分(原材料)
穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、ビール酵母、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、乳酸菌(殺菌)、乳酸菌(還元澱粉糖化物、乳酸菌)/ゼラチン、カラメル色素、(一部に、小麦・乳成分・りんご・ゼラチンを含む)

以上がスルスルこうその全成分です。

ラクビの全成分(原材料)

続いてラクビです。

ラクビの全成分(原材料)

サラシアエキス、麦芽糖、酒粕発酵物、澱粉、デキストリン、ビフィズス菌末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、リン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素

以上がラクビの全成分です。

ラクビとスルスルこうそを成分から比較

ラクビはメインがサラシアエキス、ビフィズス菌、酪酸菌となっていて、とってもシンプルな配合になっています。

一方、スルスルこうそは、色々なエキスが配合されていますよね。

つまり、スルスルこうそは腸内環境改善に良いものを外から摂取して対策していくというものです。

ラクビは腸内環境を腸の中でよくするために必要な材料を摂取するというような感じになっているのです。

ではどちらが良いのでしょうか。

どちらにもデメリットはあります。

スルスルこうそで外から摂取しても腸に届くまでに排泄されるもの、死んでしまう菌などがあり、必要な成分がどのくらい吸収されるかは個人差も大きいということです。

ラクビの場合も、腸内環境改善に必要な量の短鎖脂肪酸が腸内できちんと作り出されるかは、個人差が大きいということになります。

つまり、腸内環境をよくするという目的は同じでも作用機序が違うので、比較が難しいということになります。

ただ、あえて言えば、体質改善系がラクビ(LAKUBI)

今ある老廃物対策がスルスルこうそかなと考えられますね。

食べ過ぎに良いサプリは、どっち?

食べ過ぎたときにオススメのサプリは、ラクビです。

スルスルこうそは野草エキスメインなので、色々な酵素メインということになりますが、ラクビは、サラシアエキスが配合されています。

サラシアエキスは、昔はインドの民間療法で肥満治療や糖尿病治療にも使われた経緯があり、糖質の吸収を抑える作用があるとされているからです。

食べ過ぎてしまうかたの多くは炭水化物(糖質)をよく摂取されますよね。

サラシア配合のラクビなら、付き合いで食べてしまったという時のお助けサプリにもなりますね。

短鎖脂肪酸ダイエットに良いのは、どっち?

短鎖脂肪酸ダイエットという言葉はご存知でしょうか。

玉ねぎヨーグルトダイエットでよく知られているかもしれませんね。

短鎖脂肪酸ダイエットは、腸内で短鎖脂肪酸が活発に働くと、代謝がアップし、便秘解消や肌荒れ改善につながるという事実から、流行しているダイエットです。

ところで、玉ねぎとヨーグルトダイエットの場合は、玉ねぎとヨーグルトに含まれる成分を同時に摂取することで短鎖脂肪酸を腸内に送り込むことになるのです。

そしてこの短鎖脂肪酸ダイエットをしたいなら、ラクビがオススメです。

ラクビは、短鎖脂肪酸の生成に必要な成分が効率よく入っているので、短鎖脂肪酸ダイエットができます。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

妊娠中・授乳中・子供でも飲めるのは、どちら?

サプリを利用する場合、妊娠中、授乳中は赤ちゃんや母乳への影響を考えてしまいますし、お子さんだと作用が強めに出てしまうのはないかと心配ですよね。

ラクビとスルスルこうそ、どちらが妊娠中、授乳中、子供でも安心して飲めるかというと、スルスルこうそに軍配が上がります。
スルスル酵素は妊娠中や授乳中の栄養補給で飲んでも大丈夫?

ラクビには、糖質の吸収を抑えるサラシアエキスが配合しているのですが、ビフィズス菌などのお通じ改善効果との相乗効果でもしかしたらお腹を下しやすくなってしまう恐れがあるからです。

また、ハーブなので、妊婦さんの利用について安全性が確立されていないというところもあるので、一応副作用はないとされていますが、心配な場合はかかりつけの医師に確認しましょう。

子供さんの場合は、スルスルこうそも、ラクビもどちらでも特に問題なく飲んでいただけるサプリです。

ただ、過剰に飲み過ぎないように、注意しましょう。1日1粒から始められると良いですね。

価格や返金保証から見た違いは?

スルスルこうそとラクビ、どちらも人気なので、迷われる方もおられるでしょう。

ここまでは成分面や商品特徴を見てきましたが、こここでは価格やサービス面について見ていきましょう。

スルスルこうそ

まず、スルスルこうそについですが、残念ながら返金保証制度はないとのことです。

公式サイトでも、購入者の都合で返金、返品は基本的にしていないとも書かれています。

ただし、商品が不良品であった場合は商品到着後7日以内に連絡すれば電話連絡の上、返品交換ができるそうですよ。

スルスル酵素の価格は、4190円+税です。

しかし、定期コースにすれば、今ならリニューアルキャンペーンで、初回はお試し価格の990円で購入が可能です。

サプリケースなど特典が選べるのもキャンペーン期間中のみです。

ちなみに、スルスルこうその定期コースの2回目以降は、3350円です。

定価だと4190円なので、かなりお得ですよね。

だから買った分はしっかり飲んでダイエットや腸内環境を整えるのにスルスルこうそを使って、きれいになりましょう。

ラクビ

一方、ラクビは、初回お試し価格がとてもお得で、990円となっています。

初回お試しすれば自動的に定期コースになり、2回目以降も格安で購入可能です。

定価が3800円なので、定期コースはやっぱりお得ですよね。

しかし、ラクビも「返金保証制度」がありませんので、購入の際には解約する場合の手続きも少し注意して見ておきましょう。

また、初回をお試しコースで購入すると確かにお得ではありますが、定期コースになってしまい、最低3回は継続購入しないと解約ができない制度となっていますので注意が必要です。

ただし、ラクビは次回出荷予定日の10日前に連絡すれば、4回目以降は解約可能です。

もしも不良品などが届いた場合はラクビの販売元に連絡すれば返品交換は可能です。

スルスルこうそも、ラクビも、返金保証と定期コースの回数の縛りがネックではあります。

でも、ダイエットや美容の効果の有無を判断するには、最低3ヶ月くらいは継続しないと、モノの良し悪しもわかりません。

そういった意味では、3ヶ月はダイエットを否応無く続けられると考えると、飽きっぽい方には、スルスルこうそも、ラクビも良いのかもしれませんね。

選び方のコツと私が飲みたいのはコレ!

ここまで、スルスルこうそと、ラクビについて比較してきましたが、だいたいサプリの内容の違いについておわかりいただけたでしょうか。

私は、ついつい食べ過ぎるのでスルスル酵素を飲んでみたいなと思いました。

選び方を簡単に書きます。
ついつい食べ過ぎてしまう方、
もともとしつこい朝のトイレでのおなかの詰まりの方には、
体内酵素を助ける植物酵素がたくさん配合されているスルスル酵素がオススメです。
詳しくは→お得なスルスルこうそ公式サイト

 

休日くらいは少し運動するとか、
平日はウォーキングをしているなど、
少し運動を意識してされている方や、
痩せやすい体質に改善したい方は
ダイエットをサポートしてくれる短鎖脂肪酸を作り出すラクビがオススメです。
ラクビについてはこちら人気の口コミ記事も確認してみてください。
ラクビ(LAKUBI)の口コミとダイエットになるのは本当?

さて、あなたは、どちらを選ばれるでしょうか。

気になる方を選んだら3ヶ月は続けて飲んでみてくださいね。