森 水絵森 水絵

ソラレンが多い食材でシミになるという噂は本当でしょうか?

どんな食べ物にソラレンが含まれているのでしょうか?

紫外線対策で美白になる食べ物やサプリは何だろうと調べてみましたよ。

既に夏かと思うほど気温の高い昨今、紫外線ケアに力を入れている人も多いかと思います。

紫外線は日焼けからシミ、そばかすに至ったり、コラーゲンなど肌にある物質を破壊する効果があるなど、厄介なものですから、対策は欠かせませんよね。

例えばシミを防ぐ場合、日焼け止めで未然に対策したり、美白効果のあるスキンケアを使うのが分かりやすい方法ですが、一方で普段から食事でも気をつけることが可能です。

要はビタミンCなど、こちらも美白効果が期待できる成分の入ったものを摂れば良いというわけ。

ビタミンCなら野菜や果物に含まれていることが多いですが、熱に弱いので、サラダやジュースなど生の状態で食べるのがベストです。

しかし食材の場合、種類によってはソラレンという物質を含んでいる点に注意しなくてはいけません。

というのも、ソラレンはむしろ紫外線を吸収しやすくしてしまうため、いくら美白成分が豊富な食材でも、ソラレンが得てしまった紫外線の分、大した効果が見込めないからです。

アレルギーでもない限り、食事で肌ケアを行うのは安全で確実な方法と言えますが、美白に限っては、ソラレンの有無を確認しなくてはいけません。

では、どんな食材を選べば、ソラレンを気にすることなく、紫外線対策になるのでしょうか?

ソラレンが入っていない美白が期待できる食材


ソラレンを含まない食材でまずおすすめなのはトマト

リコピンという抗酸化物質を含んでおり、紫外線からメラニン生成に関わる活性酸素を取り除いてくれます。

生のトマトでも十分ですが、リコピンはケチャップなど加熱して作られた食品だと含有量が多くなるのも特徴。

油分などには注意ですが、ミートソースやピザソースが好きな人には朗報かもしれません。

手早く量を得るなら、トマトジュースも便利です。

またリコピンはトマトの赤い色素成分でもあるため、生のトマトを比べるならより赤いものを探してみましょう。

トマトは、リコピン以外にも、ビタミンAやEと言った抗酸化に良い成分を含んでいます。

トマトほどではないですが、赤や黄色の食材ならソラレンが無いと言えるかもしれません。

野菜ではほかに、かぼちゃやにんじんなどもソラレンを含まず、紫外線対策におすすめ。

ビタミンCを豊富に含んでいるのはもちろん、抗酸化が期待できるベータカロテンも持っています。

ベータカロテンもリコピン同様、加熱で得やすくなるので、生で食べにくいカボチャも安心ですね。

抗酸化という意味では、コーヒーもおすすめ。

クロロゲン酸というポリフェノールで活性酸素を除去してくれます。

間接的な紫外線対策も併用しよう

抗酸化や美白を中心に紹介してきましたが、それらをサポートする食材もあると便利です。

例えばヨーグルトや乳酸菌飲料

乳酸菌の時点で察した方も多いと思いますが、腸内環境を整えることで、栄養の吸収を助ける方法です。

ホットヨーグルトなど、こちらも温めることで効果アップ。

体が温まれば新陳代謝も高まるので、肌のターンオーバーにおすすめ。

既にシミができているとしても、ターンオーバーで落としやすくしてくれます。

体を温めるという意味では、生姜やニンニクなどの香辛料もおすすめ。

ソラレンのない食材は総じて加熱することで効果を発揮してくれますから、味付けとして加えてみるのもありですよ。

ソラレンを含む食材


念のため、ソラレンを多く含む食材にも触れておきます。

実はビタミンCが豊富なイメージのあるレモンやオレンジ、キウイはソラレンも多い食材の代表格。

またキュウリやパセリ、セロリ、そば、野沢菜などもソラレンを含みます。

トマトジュースがトマトのみでなく、トマトがメインの野菜ジュースの場合は、これらが入っていないかよく確認しましょう。

振り返ってみると、オレンジなど例外もあるので一概には言えませんが、赤に近いとソラレンはなく、緑に近いとソラレンを含みやすいと見ることもできそうですね。

もしこれらを含む食品を口にする際は、夜など日に当たる可能性がないタイミングを狙うのがおすすめ。

紫外線を別にすれば、栄養価の高い食材が多く、食べないという選択肢は総合的な健康を考えるとありません。

でも食べた後で日に当たると紫外線を普段よりも多く浴びてしまうので、以降日に当たる時間帯が長い朝はNG。

どうしてもソラレンを含む食材を食べたい場合は、加熱して食べるとソラレンが分解されるのでいいという話もあります。

森 水絵森 水絵

しかしソラレンの加熱後の分解物の影響も調べたのですが確かではないのです。

それで、私は食べた場合は、オーガニックの塗る日焼け止めとともに、日焼け後にも良い飲む日焼け止めも飲んでいますよ。

夜は夜で、就寝時のターンオーバーにビタミンが役立つなど、ソラレンを含んでいても食べるメリットがあるんです。

野菜スムージーなどの置き換えダイエットも、ソラレンを含む食材を使用しているなら、晩ご飯を置き換えましょう。

なおソラレン入りの食材が顔など肌についた場合は、2日間くらい光毒性の影響があるそうです。
(食べた時は、2時間くらいあとから紫外線を吸収しやすくなるみたいです)

なので、きゅうりのパックなど、昔は流行っていましたが逆効果と言えますので、しないようにしましょう。

だからきゅうりなどソラレンを含む食材は、夕食にたっぷり食べるとビタミンCもとれて美容にいいですね。

日焼け止めサプリならニュートロックスサン

一方で、もしソラレンを含まない食材が嫌いなものばかり、食事でのケアができないならば、日焼け止めサプリでカバーしてください。

トマトならリコピンやビタミンなど各成分が良いのであって、必ずしもトマトそれ自体を食べなくてはいけないのではありません。

マルチビタミンなど、成分で作ったサプリなら、成分表示を見ればソラレンが入っていないことを確認しやすいメリットもありますよ。

ただサプリには野菜ミックスなど、素材を錠剤に固めたタイプもあるので、そちらは注意が必要です。

サプリはリコピンや各種ビタミンなどでも十分ですが、徹底した紫外線対策を行いたいなら、ニュートロックスサンという成分入りのサプリをおすすめします。

ニュートロックスサンは飲む日焼け止めとも言われている成分で、シトラスとローズマリーから作られました。

いずれも日光の強い地中海沿岸で育ったためか、抗酸化能力が高く、紫外線によるメラニンの発生に対して抑制を働きかけてくれるんです。

活性酸素によるほかの肌トラブルにもおすすめ

ニュートロックスサンの効果は抗酸化なので、使い続けることで、紫外線に限らず活性酸素全般のトラブルに役立ってくれます。

特に肌の老化に対しておすすめ。

活性酸素は増えすぎると肌の酸化=錆を招いてしまい、シワやたるみなど、年齢以上に老けた肌になってしまいます。

ニュートロックスサンの抗酸化は、それを防ぐ意味でもおすすめ。

日焼け止めとしてだけでなく、エイジングケアが気になっている人のサポートにもなってくれます。

ニュートロックスサンを利用する際に気をつけたいこと

ただニュートロックスサンにも飲む上での注意事項が存在します。

まずは即効性はないこと

ほかのサプリ、食材でも同じですが、飲んでから体内で消化し、全身に栄養が行き渡るまでには時間がかかります。

ゆえに飲んだ日から塗る日焼け止め不要、日傘やサングラスも使わず出かけても、肌は焼けてしまう可能性大。

製品にもよりますが、サプリの効果が出るとされる、3ヶ月ほどは様子を見ながら使いましょう。

実は厳密に言うと、ニュートロックスサンは焼かないサプリではなく、日焼けによるダメージを防ぐサプリ

変な言い方になってしまいますが、ダメージにならない日焼け、シミやシワに関係ない範囲でなら、日焼けすることもあります。

日差しの強さは季節や時間帯によっても変わりますから、面倒でなければ、ニュートロックスサンのサプリを使いつつ、塗る日焼け止めなどUVケアアイテムの併用も続けてください。

森 水絵森 水絵

例えば、私が気に入っている塗る日焼け止めは、無添加のHanaオーガニックUVミルクのウェアルーUVです。
hanaオーガニックUVミルク(ウェアルーUV )の口コミ効果やコスパを評価!他との違いや噂は本当?

敏感な時期は使用を控えよう

天然素材ゆえ、アレルギーがないならば副作用の心配なく、多くの人に使いやすいニュートロックスサン入りのサプリメント

ですが妊娠中や授乳中など、特に過敏になりやすいタイミングでは、ニュートロックスサン入りのサプリメントは使用を控えてください。

塗る日焼け止めなどでカバーしきれず、どうしても使いたい場合は、かかりつけ医に相談してからにしましょう。

自身の肌への影響だけでなく、お子さんへも効果も懸念されるからです。

そのせいか、ニュートロックスサンは、4歳に満たない小さなお子さんも飲用はNG。

お子さんの日焼けが気になるとしても、敏感肌でも使える塗る日焼け止めなどでカバーしてあげてください。

また薬を飲んでいる方、通院中の方も、かかりつけ医への相談は必須

妊娠中などに比べると本人への影響は少ないものの、治療に用いている薬の成分との相性を確認しなくてはいけないからです。

せっかく怪我や病気などが治りそうなのに、ニュートロックスサンを得た結果、遠のいてしまうなんて事態は避けたいもの。

きちんと治した上で、紫外線対策を始めましょう。

ちなみにニュートロックスサンは、1日あたり250mgを飲み続けるのがベスト。

それ以上の量を得ても、抗酸化が強まったり、早くしみが消えることはないので、毎日きちんと守ってください。

反対に、最低でも100mg得れば、効果は250mgを飲み続けるのとさほど変化ないとも言われます。

引用元https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4931025/
【著作権上の問題により、意味を変えず書き直しさせて頂いています】

許可は出たけど不安もある…そんな時は量を減らす選択肢もありですね。

インナーパラソルでほかの栄養もばっちり

ニュートロックスサンを含むサプリはいくつかありますが、1日あたりの含有量を考えると、一番おすすめなのはインナーパラソルです。
インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

インナーパラソルの主な成分はニュートロックスサンのほか、ビタミンCとP、パインセラ、コプリーノの5種類。

インナーパラソルは、ニュートロックスサンだけでも250mg得られる上、ビタミンCは100mg、Pは110mg、パインセラは30mg、そしてコプリーノは50mg得ることができます。

インナーパラソルの素材のうち、ビタミンPはCのサポートを行ってくれるのが特徴。

また自身もポリフェノールの1種であるため、ニュートロックスサン同様、抗酸化も期待できます。

インナーパラソルのパインセラはパイナップルに含まれる植物性のセラミド。

人の肌にもともとあるセラミドと同じく、保湿効果を持っています。

そしてコプリーノは茸類。

外からの刺激に対して肌を守ってくれる効果や、体の乱れをケアしてくれます。

ちなみにインナーパラソルになったことで、新たに副作用が発生することはありません。

強いて言えば、増えた分の素材に対してのアレルギーですね。

もちろんニュートロックスサンの利用を控えるべき妊娠中や授乳中の方、病気などの治療をしている方は、インナーパラソルも同様に控えて欲しいですが、そうでなければ安心して使えます。

インナーパラソルの成分はもちろんのこと、製造にあたってもGMP認定工場、HACCPによる衛生管理をクリアし、また素材は有機JAS認定を受けています。

日差しが強い時は多めの摂取もあり

インナーパラソルは1日あたり2粒で、ニュートロックスサン250mgを得ることができます。

1袋が1ヶ月分で、公式ショップなら毎月1袋の定期コースもあり、その都度定価で購入するよりもお得な特典付き。

ですが上限として、インナーパラソルの場合は1日6粒まで飲むことを良しとしています。

ゆえに定期コースは、毎月2袋、3袋のコースも用意。

1袋ずつの場合は定価の20%オフですが、2袋ずつなら25%、3袋以上で30%と、利用数が増えれば割引も多くしてくれます。

夏の日中など、特に太陽が照りつける日は、量を調節するのもありですよ。

ちなみにインターネットであれば楽天市場などほかのショップ、モールサイトで販売していることもあります。

しかしいずれも都度購入のみ、定価のみであるケースが多いので、コスパの面でも公式ショップが1番です。

インナーパラソルの公式ショップであれば、初回のみ大幅な価格ダウンや、サプリケースを始めとするプレゼントと言った魅力もありますよ。

まとめ

普段の食生活で肌悩みを解消できたら楽でしょうが、必ずしも上手くいくとは限りません。

紫外線対策においても同じで、美白に良い成分が入っている食材の中には、ソラレンで紫外線を吸収しやすくしてしまうものも。

トマトなど、ソラレンを含まず、でも紫外線対策になる食材を中心にケアしていきましょう。

またサポートとして、ニュートロックスサンを含むサプリでの対策もおすすめです。

こちらも抗酸化によるメラニンの抑制を行ってくれます。

特に1日の目安量がしっかり摂れる、インナーパラソルは便利

ビタミンCを始め、ニュートロックスサン以外にもUVケアに役立つ素材を含んでいます。

ソラレンを含まない食材とニュートロックスサン入りのインナーパラソルで、日差しに負けない美肌を作っちゃいましょう。

インナーパラソルについて人気のこの記事もどうぞ。
コスパがよくなる情報が書かれていますよ。
インナーパラソル16200forUV はドラッグストア(薬局)でも市販?楽天・Amazon等どこの販売店が最安値?